[CML 017213] ◆ニュース解説 眼 :メディア問題の本質 〜再販制度 {神保哲生)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 5月 23日 (水) 03:57:42 JST


nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。 
 
 (以下転送拡散歓迎)
■____________________________________■
 ◆ 1、ニュース解説 眼 :メディア問題の本質 〜再販制度 (神保哲生)
  http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=3Wj91-i8ekU&NR=1
  
 ◆ 2、ニュース解説 眼: 3.11とメディア (神保哲生) 2012.3.9(金) 
 http://www.youtube.com/watch?v=Kfxn7CFAwC8&feature=relmfu

  問題の「記者クラブ制度」があるのは、世界の中で、日本と独裁国国家くらい。
■____________________________________■

権力が情報統制するために、このシステムが日本でも、敗戦後も残されてきました。
アメリカの統治支配をやり易くするために、戦前からの制度が、官邸内に各新聞社には、
広い記者クラブ室があてがわれ、電話も自由に使えました。
もちろん、電話料金も官邸持ちとは、ようするに、使用料タダ。
  
  最近は、電話料は、記者クラブがやっと支払うように変わったと聞きますが、
  私たちの税金が使われるこの公的な場所を、NHK、全国紙、通信社、民間企業私的クラブが使用し、
  ずっと各省庁や、官邸の情報を独占してきました。
  外国人記者たちや、雑誌、その他の新聞社は、もちろんだめ!
  私的記者クラブの許可無く、官邸の記者会見に参加出来ないシステムと聞きます。

  新聞の再販制度(再販維持価格制度)と、またクロスオーナーシップ制度によって、
  大手全国紙は、新聞価格、テレビ、ラジオ、新聞、の情報網を、
  全国的に同じひとつの会社の系列にしました。
  
  これによって、ひとつの同じ情報を流すシステムにより、、テレビ、新聞、ラジオで、
  メデイアのそれぞれ相互批判が行われない、新規参入ができない、
  金太郎飴のニュースになった日本の状態なのです。

  マスメデイアの情報操作がひどく、内容の劣化に、国民が、3・11以降
  少しずつ、気づくようになってきたといわれています。
  アメリカでも、マスメデイアの情報操作の問題については、9・11以降目にすることがあります。
  
  国民への開かれた情報、 必要な情報、市民メデイアの必要性が、身にしみてわかるようになりました。
  
  twitter,フェイスブック、ミクシイー、ユーストリーム、ブログ,メールなど、
  市民による、市民のための情報が、 一杯流されています。
  これを利用しない手はないです。どんどん利用しましょう。
   
  ★ 企業広告をしないメデイア【週刊金曜日】【DAYS JAPAN】【IWJ】【NPJ市民原則新聞】
    【OurPlanetTV】 【ビデオニュース・コム】【デモクラシーナウ】【ビッグイシュー】他                      
    市民新聞などいろいろ 応援しましょう。   

*********************************************************************************************

1、2012.2.17(金)ニュース解説 眼 メディア問題の本質 〜再販制度 
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=3Wj91-i8ekU&NR=1

日本の新聞が、価格で、世界の1位から5位まで占めている。
アメリカ・韓国・英国では、すでに再販協定を廃止している実態である。
日本では、寄付という認識はなくて、高い価格の新聞を買っている状況は、

やはり問題ではないか。(神保)

解説:神保哲生(ビデオジャーナリスト)
アシスタント:井田香菜子(慶応大学3年)


◆2、2012.3.9(金)ニュース解説 眼 3.11とメディア 
http://www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=Kfxn7CFAwC8


**************************************************************************************


CML メーリングリストの案内