[CML 017165] NHKの番組紹介に―放射線障害防止法では、一般人の被ばく限度を 年間1ミリシーベルト以内と定めている

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 5月 20日 (日) 20:37:15 JST


NHKの番組紹介に ― 放射線障害防止法では、一般人の被ばく限度を 年間1ミリシーベルト以内と定めている・・・
という文が掲載されています。


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


坂井さんに
今日まもなく放送の 
 NHK教育

 ETV特集
 「除染と避難のはざまで〜父親たちの250日〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0520.html

 放送日:5月20日 
 放送時間:22時〜
 
 再放送:5月27日
 放送時間:午前0時50分〜


について教えていただきました。


上記番組ホームページの番組紹介の記述の中に、
下記の文があります。

・・・
放射線障害防止法では、

一般人の被ばく限度を
年間1ミリシーベルト以内と定めている。

単純計算すれば、
1時間当たり0.114マイクロシーベルトである。
 ところが、福島第一原発の事故の結果、
南相馬市では

毎時1〜2マイクロシーベルト程度の放射線が

日常的に計測されるようになってしまった。

 特に成長期にある子どもたちは
放射線によってDNAが傷つけられる可能性が高く、
将来の発癌につながりかねないとして

不安視する声が強い。
・・・ 



放射線障害防止法では、
という前置きや

不安視する声が強い。

という言い方ではありますが

放射能の現状と影響
について
すごくすっきりとした表現
をしていると思いました。


放送はまもなくです。
再放送もあります。


また坂井さんの紹介もお読みください。


[CML 017142] 除染の現実
2012年 5月 19日 (土) 22:11:58 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-May/016970.html


菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)




CML メーリングリストの案内