[CML 017155] 【報告】第396日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 5月 20日 (日) 08:57:41 JST


青柳行信です。5月 20日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第396日目報告☆
  呼びかけ人賛同 5月19日現在 総数2268名
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

《 核なき未来は今、ここから GOODBYE NUKES
    さよなら原発! 5・27 佐賀集会 》 
       賛同個人・団体登録↓  
  ホームページ http://bye-nukes.com/saga/ 
<ツイッター フェイスブック ↑あります。拡散お願い。>

      ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
         <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れ様です。
今日は 中身の濃い1日でした。
1:00から中国語の教室に出席。
15:00から保険医協会主催の講演 『ここまできた憲法改悪の危機』
           九大 斎藤文雄氏
18:00から 玄海原発を考える 講演会がありました。

あんくるトム工房 
玄海原発を考える    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1863 

原発 ますますその危険性を認識しました。
原発は いりません。
            
★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日の西日本新聞夕刊では、見出し「菅前首相を28日に聴取 国会事故調、公開で」、記事「首相補佐官だった細野氏は「(補佐官らは)政策決定の責任者ではないので非公開で
バックグラウンドを調べるという趣旨のようだ。『公開に強い思いがあったが、やむを得ない』と述べた。」と、記事全文はこちら
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/302971
今朝の朝刊にその続きがあります。
仝出し「「東電撤退経緯 細野氏が説明 国会事故調」、記事「・・・調査委は、19日、事故当時に首相補佐官だった細野原発事故担当相から、政府や東電の事故対応などについ
て聴取した。」「細野氏は、・・・東電が昨年3月15日未明、第一原発から撤退したいという意向を政府側に申し出たとされる問題などについて経緯を説明した。」「細野氏は公開で
聴取するように求めたが、・・政権中枢による対応の背景を調べるため、補佐官だった細野氏は非公開としたという。」・・・・・・事故が起きた後の対応の追及だけで終始せず、
そもそもの原発推進をしてきた人たちの責任を明確にすることを最終的にやってほしいです。これだけの事故があったにも関わらず、未だに刑事責任を追及される人がいない、
とういう不思議な事態がおかしいです。面白おかしく推理小説の犯人探しのような“真相究明ごっこ”だけはごめんです。
今朝のその他の電力・原発関連記事は、ホームページに、すでに、すべて公開されています。以下の通りです。
◆嶌2討蓮悖隠機鶲幣紂拈疆鼎鯲讃機ヾ慇捷域連合」 詳細はこちら⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303207
「関電、節電促進で新料金導入へ QUOカードも」 詳細はこちら⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303225
ぁ嵒力発電、10年間で5倍に拡大 250万キロワットに」 詳細はこちら⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303196
昨日の青柳さんのメールにあったァ嶌堂堝反対の団体使用を取り消し 福井・おおい町のホール」の記事もホームページにあります。
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303154
・・・・言論封殺の時代錯誤もはなはだしい。しかも、町教育委員会が関与している?何ということでしょうね。
昨日の朝刊の社説「原子力規制 実効性ある組織構築急げ 」はこちら http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/303127

ところで、昨日のしんぶん赤旗一面トップに、またまた大飯原発をめぐる一般紙が書かない“原子力ムラの非常識”を報じる記事があります。
見出し「三菱重工 大飯原発 自社原子炉 自ら耐性試験 “お手盛り”安全評価」、記事「政府が再稼働を急ぐ関西電力大飯原発3、4号機の安全性を評価したストレステスト
(耐性試験)の作業を、同原発の原子炉を製造した三菱重工業が行っていたことが18日、本紙の取材で判明しました。同社はその他の原発のストレステストにもかかわっていま
す。客観的に行われるべき安全評価が、第三者機関ではなく原子炉製造メーカーによって行われている実態は、審査体制の欠陥と“お手盛り”ぶりを示しています.。」、記事詳細は
こちら⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-19/2012051901_01_1.html
・・・・こんなことで“安全”を言い続ける政府、とりあえず手続きだけを積み重ねる異常さです。
今朝の紙面に 峺竺じ業 再稼働でせずに廃炉に 佐賀2団体、九電に要求」、記事「佐賀県の玄海原発対策住民会議と原水爆禁止唐津・東松浦地区協議会の2団体は18日、玄海
原発の運転を再開せずに廃炉にすることなどを要求」したことを報じています。同じく◆屐愃堂堝認められない』 科学者会議福岡支部決議」、「島根原発廃炉へ地域住民が講
座」と、原発廃炉にむけた運動を紹介しています。・・・・各地でいろんな取り組みがされていることに確信をもちましょう。 <明日の投稿はは都合によりお休みします。>

★ 内富 さんから:
 【「大飯原発再稼動」に向けた官邸シナリオ】 緊急拡散!来週福井県庁包囲
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11254386663.html

こんにちは、福井の阪田です。土曜日は福井にお越しいただき、ありがとうございました。
さて、とうとう来週で大飯原発再稼動に最終判断が下ってしまいそうな事態になりました。
存知の通り、14日月曜日おおい町の町議会が再稼動に同意してしまいました。
次の日には経産副大臣が福井にやってきて、知事・時岡町長と会談しました。その際に
おそらく次のような官邸シナリオを伝えたとされています。

1.月曜日 福井県安全専門委員会が開かれ最終判断を下す。
     (中川委員長が、再稼動に支障をきたすようなことはないと総合的に判断した
      という主旨の見解を発表するであろう・・・)

2.火曜日か水曜日に県議会の全員協議会を開き、各会派の意見を知事に述べ、
  そこでも再稼動が了承される。

3.水曜日か木曜日 知事は野田総理に福井に来るように要請したが、国会でこられない為、
  総理が知事を首相官邸に呼んだ、らしい。最終的な判断をゆだねられた時点で首相官邸に
  行くのでは?と推測される。(おおい町長と二人で行くかも。)

4.金曜日 知事・おおい町長が容認。官邸4閣僚が再稼動を発表する。

(この官邸シナリオは東京の新聞記者からのリークだそうです。)今のところ、上記1の月曜日に安全専門委員会が開かれることは確定しています。シナリオによると最短で来週金曜
日には再稼動の最終判断が下されてしまいます。この情報を拡散していただいて、来週、全ての脱原発派の力を結集し、各地で、福井で抗議行動を行いましょう!!添付資料の「再
稼動許さない・・・」文書の一番下に来週からの抗議行動予定が載ってます。(あんまり何度も福井に誘うのも心苦しいですが・・・でもたくさんの人に集まってもらって県庁包囲
したいです!!)

おおい町への行動
■時岡町長への申し入れ=「再稼働に対して慎重な判断を求める署名」
 約8百名分を提出する。
■新谷議長に対して抗議の申し入れ  
日程 5月18日(金)午後1時30分 おおい町役場にて
■福井県・知事への行動
知事あてに再稼働しないでのハガキ・ファックス送付   
送付先 910-0005 福井市大手3丁目17-1
福井県知事 西川一誠殿  0776-21-1111 
Fax 0776-20-0620 0776-20-0622 (県民サービス室)
■福井県庁へ向けて各団体・小単位(県・市・地区)での「再稼働許すな」の要請行動
■福井県庁前での宣伝行動   
日程 5月21日(月)〜31日(木)午前9時〜午後5時予定 
場所 福井県庁前(福井市大手3丁目2-18 福井県農業会館前) 
テントを立てる予定  以上

★ 清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
原発関連情報52をお送りします。
横田さん、ありがたいお言葉ありがとうございます。
今回は資料的に有益な情報をいくつか集めました。7〜11です。

1,国会事故調査委員会が17日海江田前経産省への事情聴取を行いました。田中龍作ジャーナルでの報告と毎日新聞の記事です。
http://tanakaryusaku.jp/2012/05/0004321
http://mainichi.jp/opinion/news/20120518ddm003040096000c.html

2,GDPが3四半期連続でプラス成長していると報道されましたが、これは震災特需であることは日経新聞でさえ認めています。
http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXNASGC1700C_17052012MM0000
皮肉なことにあれほどの被害と被害者を出した未曾有の悲劇は、経済界にとってはありがたい結果になったのです。すでに何度もお知らせしたように、除染も大手ゼネコンが受注を
受けています。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012051600990
そしてその影で地域ボスが暗躍し、さまざまな癒着が起きているのです。現代ビジネスの「楢葉町商工会長逮捕事件」の記事はそのありさまを記しています。このような現実に復興
とは何なのかと割り切れない思いが残ります。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32569

3,福井県おおい町の議会議長の対応がネットで評判を呼んでいます。もとになった番組はこちらですが、
http://www.dailymotion.com/video/xqvny0_20120516-yyyyy-yyyyyyyy-yyyyyy_news?search_algo=1
議長の対応部分の抜粋はこちらです。町民から抗議の電話が殺到しているそうです。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sw5Z6PAOpcs

4,そのおおい町の町立ホール(第三セクターが管理)では、反原発市民団体の会合利用を取り消したという記事です。交付金や税金を使っての施設ですから、こういう理由で断る
ことは言語道断です。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012051901001549.html

5,おおい町と正反対の位置にあるのが、菅谷市長のいる松本市です。菅谷さんの最近の講演録画です。4つに分けています。
http://www.youtube.com/watch?v=nbN-lEtwcjE
http://www.youtube.com/watch?v=nbN-lEtwcjE
http://www.youtube.com/watch?v=fxIxe4Pc10c
http://www.youtube.com/watch?v=75ONwYNkLb8

6,鹿児島県知事選に立候補を表明している反原発かごしまネットの向原祥隆さんが知事になれば、同じくらいよい自治体に変貌するかもしれません。その出馬にかんする地元のテ
レビニュースです。選挙を意識したのかどうか知りませんが、ヒゲを剃ってますね(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=JoR7kM5dl8g

7,ダイヤモンド・オンラインの記事に、「原発再稼働を前提にしない節電対策のススメ」が掲載されています。
http://diamond.jp/articles/-/18626

8,低線量放射線にかんするドイツの放射線防護会副会長インゲ・シュミッツ=フォイアハーケ氏の論文の翻訳です。これは資料としてすばらしく有益です。
http://www.acsir.org/info.php?10

9,スウェーデンのエネルギー庁元長官で現在、ソフトバンクなどが出資した自然エネルギー財団の理事長を務めているトーマス・コーベリエルさんへのインタビュー「原発を再稼
働させる必要はない」です。
http://webronza.asahi.com/synodos/2012051700004.html

10、前回の更新で、グリーンピースのトーマス・ブリュアーエネルギー部門長の講演録を紹介しましたが、同じテーマでイギリスの学者たちが書いた新聞記事の翻訳です。
http://kobajun.chips.jp/?p=2454

11、時流におもねない学者として知られる池田清彦さんがCO2地球温暖化説を否定し、それが原発推進に使われてきた欺瞞をはっきりと指摘しています。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120517-00000002-sasahi-soci

12、朝日モーニングバードの関西電力特集の続編です。背景のシナリオを指摘しています。
http://www.dailymotion.com/video/xqvx3r_20120517-yyyyyyyyy-yyyyyyyyy_news
この中の「停電テロ」という古賀茂明氏の発言に対し、関西電力が反論をしています。
http://www1.kepco.co.jp/notice/20120517-1.html

13、資源エネルギー庁が東電の値上げについて国民の声を募集しています。東電管内でなくてもよいようです。
http://www.alterna.co.jp/9065

14、福島事故で保安院の職員がまったく役立ず、福島県庁まで逃亡したことは証明されましたが、それもそのはず、事故研修などをほとんど受けていないと東京新聞が記事で書いて
います。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012051702000105.html

★ 黒木 さんから:
<大飯原発再稼働>細野氏が関西広域連合会合で理解求める
   毎日新聞 5月19日(土)20時54分配信
細野豪志原発事故担当相と斎藤勁官房副長官が19日、
大阪市で開かれた関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)の
知事や政令市長らによる会合に出席し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の
再稼働を妥当とした政府判断に理解を求めた。

首長側からは安全確認の手法に批判の声が上がり、再稼働への賛成論は出なかった。
 冒頭、斎藤氏が野田佳彦首相からの「明日の生活に責任を持つ現実的な判断が求められている」との伝言を紹介。
細野氏は政府による安全確認の状況を説明した。
  大阪市の橋下徹市長は政府の基準について「安全基準ではなく津波に備える対策で、
原発が本当に安全なのかは別」と疑念を呈し「1カ月、2カ月、3カ月という動かし方もある」と
期限付きで再稼働を容認する可能性を示唆した。【笈田直樹】

★ 河内謙策 さんから:
   野田発言 県原子力安全専門委員会 東海第2原発等
  野田首相が、5月17日、大飯原発の再稼動につき「判断の時期は近い」と述べ、近日中に最終判断をする意向を示しました。恐れていたことが、いよいよやってきました。脱原発を
願う人々が、総力をあげる必要があると思います。何回も私たちが強調しているように、ここで再稼動されても次に大きなデモをやればよい、とか、再稼動阻止だけが脱原発運動で
はない、という考えは、現時点では(!)、大きな誤りだと思います。また、大飯原発再稼動の阻止の展望はあります。再稼動されるかどうかは、福井の状況と関西・全国の状況の
相関できまります。福井で突破されても、野田内閣に最終決定を許さない関西・全国の状況ができあがればいいのです。
ぜひ、全国の脱原発を願う人々が、心を一つにして奮闘されるよう訴えます。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120517-OYT1T01232.htm

 大飯原発再稼動へ向けて、野田首相らは、「アメと恫喝」という古典的手法を用いています。アメのひとつが、大飯に特別な監視体制をつくるという提案です。これは、ざるの底
から水がもれるのというので、もう一つざるを重ねるようなものです。恫喝の一つとしては、細野原発相が関西の説得をすすめることが明らかになりました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120516/plc12051617500012-n1.htm
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E0808DE3EAE2E7E0E2E3E09797EAE2E2E2;at=ALL

 当面の福井の焦点は、福井県・原子力安全専門委員会がどのような判断をするかです。産経新聞の報道によれば、21日(!)に委員会が開催される、議題は三連動、制御棒の挿入
時間、裏山の斜面問題です。私たちが問題にしていることと、符合しています。原子力安全専門委員長への要請メールが急がれます。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120519/fki12051902070001-n1.htm

 京都の市民グループが、京都市へ再稼動反対の要望書を提出しました。同要望書は、京都市民746名の連名です。この重要な時期に提出されたことが注目されます。また、この連名
による要望書の提出は、新しい運動のスタイルとしても注目されます。
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/

 岐阜県知事が、大飯原発の特別の監視体制という政府構想を「場当たり的」と批判しました。勇気ある発言と思います。
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20120516ddlk21040076000c.html

 「さよなら原発!佐賀集会」が今月27日、佐賀市のどんどんどんの森公園で開催されます。集会は1万人の参加を目標にしています。また、同集会は、広範な人々28人のよびかけに
よる企画という点でも注目されます。
http://mainichi.jp/area/saga/news/20120518ddlk41040581000c.html
http://bye-nukes.com/saga/

 東海第2原発をめぐり、活発な動きが起きています。
 水戸市などの首長懇話会が原子力安全協定の見直しを求めていく方向を打ち出しました。また、橋本知事が市民団体に対し「17万人の署名を重く受け止めたい」と言明しました。
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120516ddlk08010177000c.html
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120518ddlk08040184000c.html

 市民グループ「7 Generations walk」が、愛媛県に、伊方原発再稼動反対を申し入れました。このグループは「エネルギーベースでなく命をベースに考えてほしい」と言ってい
ます。すばらしい言葉です。
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20120517ddlk38040666000c.html

★ 京都の菊池 さんから:
 今日5月20日(日)に郡山市民交流プラザ7階(大会議室)にて
「原発民衆法廷」の福島法廷が開廷されます。12時開場、13時開廷となります。傍聴無料。

申立人:
1.若松丈太郎さん(南相馬市在住、詩人)  
2.吉沢正巳さん (浪江町在住、「希望の牧場〜ふくしま〜」代表)
3.渡辺ミヨ子さん(田村市都路、現在、三春町に避難中)

が意見陳述され

証人:
佐藤武光さん(映画監督、双葉郡出身)
山本英彦さん(大阪赤十字病院医師、子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク)
が証言されます。
また、今回その模様が、UST生配信されますとのこと
【配信日時】5月20日(日)13:00-18:00 予定
【配信URL】http://ustre.am/GeFO
【ハッシュタグ】#kibouno_bokujyou
詳しくは
[CML 017147] UST配信されます。明日5/20福島県郡山市「原発民衆法廷」の福島法廷
2012年 5月 19日 (土) 23:24:26 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-May/016975.html を参照ください。

また、これまでの第一回、二回については下記を参照ください。

[CML 015262] 原発を問う民衆法廷第1回公判映像
2012年 2月 27日 (月) 10:17:20 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-February/015104.html

[CML 015271] 原発民衆法廷第1回公判の様子
2012年 2月 27日 (月) 14:07:27 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-February/015113.html

[CML 016392] 【直前案内】4/15(日)原発を問う民衆法廷・大阪法廷 のご案内 とほか関連して
2012年 4月 14日 (土) 08:13:16 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-April/016226.html

[CML 016439] 原発を問う民衆法廷第2回公判・朝日新聞記事
2012年 4月 16日 (月) 18:30:09 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-April/016273.html

[CML 016452] 原発民衆法廷第2回・大阪公判の映像
2012年 4月 17日 (火) 16:45:10 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-April/016286.html

★ 坂井貴司 さんから:
  < 除染の現実>
福島県南相馬市にある石神第一小学校の今年の新入生はたった8人でした。こ
んなにも数が少ないのは、福島第一原発事故による放射能汚染を恐れて、多くの
親たちが子どもを連れて市外に避難したままだからです。
 
 南相馬市の除染は進んでいません。どのようにして行えば良いのか、どれくら
い時間や費用がかかるのか、汚染された土などはどこに持って行けば良いのか、
予想ができません。すべてが手探りです。
 
 7万人の人口の内、2万人が今も避難生活を送る南相馬市の除染の現実を、E
TV特集が放送します。
 
 NHK教育
 
 ETV特集
 「除染と避難のはざまで〜父親たちの250日〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0520.html
 
 放送日:5月20日 
 放送時間:22時〜
 
 再放送:5月27日
 放送時間:午前0時50分〜

●○●○○−−−−−−−−−−−●○●○●○

★   核なき未来は今、ここから
     GOODBYE NUKES
    さよなら原発! 5・27 佐賀集会 

日 時: 2012年5月27日(日)
               13:30 集会開始
        14:30 デモ出発
集合場所: どんどんどんの森公園 佐賀県佐賀市天神3−2
主  催:『さよなら原発! 5・27佐賀集会』実行委員会 
      ★ 賛同者を募集しています ★
    ホームページ http://bye-nukes.com/saga/ 
【さよなら原発!5.27佐賀集会 貸切バス募集要項(要旨)】
福岡市内から佐賀へ行く貸切バスを手配しております。
先着順です。ご利用予定の方はお早めにお申し込みください。
 http://0311fuk.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
 を必ずご覧いただいた上で、お申し込みください。
    バス申し込み希望者は メールアドレス 0311.fukuoka at gmail.com
<ツイッター フェイスブック ミクシー メール、ブログなどで広めてくださ
い。>

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
       ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
         青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内