[CML 017112] 5/26(土)講演会「すべての原発の終焉をめざして」@明治大学リバティタワー (転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 5月 17日 (木) 12:07:54 JST


<社会運動史研究会・現代史研究会> 
5月26日講演会「すべての原発の終焉をめざして」 
  
日 時 : 5月26日(土)午後1時30分~午後5時(午後1時開場)
場 所 : 明治大学リバティタワー 1011教室
アクセスマップhttp://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
キャンパスマップhttp://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
 
第1部  演 題  「反原爆と反原発の間」
―日本マルクス主義から、なぜ高木仁三郎、小出裕章は生まれなかったのか―
講 師  加藤哲郎(早稲田大学・政治学)
1 私の3・11-1969/2「核を求めた日本」と1989-90「脱原発法制定運動」の記憶の不在
2 ヒロシマからフクシマヘ――原水爆禁止運動と原発導入の同時出発・別展開
3 戦後日本の「平和」の5つの問題―
(1)アジアへの戦争責任・加害者認識の欠如、
(2)経済成長に従属した「紛争巻き込まれ拒否意識」、
(3)沖縄の忘却、
(4)現存社会主義への「平和勢力」幻想、
(5)核戦争反対・核兵器廃絶と核エネルギー利用を使い分ける二枚舌の「平和」
4 マルクス主義と近代化論、または日本マルクス主義と生産力・科学技術・共産主義
-「唯一の被爆国」「悔恨共同体」「無念共同体」の内実
5 非科学主義的「科学」としてのマルクス主義へ、または「科学の相対化」
 
第2部 反核兵器、脱原発の活動にかかわった先駆者、現役活動家たち
     からのアピール (午後4時~午後5時)

主 催 : 社会運動史研究会・現代史研究会
協 賛 : ちきゅう座・変革のアソシエ・九条改憲阻止の会・ルネサンス研究所
問い合わせ先
社会運動史研究会  由 井  格
TEL.FAX 03-3480-1392  携帯090-7181-3291         


CML メーリングリストの案内