[CML 017103] 5・20難民講座の案内

服部 一郎 kamitotomoni at yahoo.co.jp
2012年 5月 17日 (木) 08:28:16 JST


服部です。下記学習会の案内です。関心あればどうぞ。
5・20難民講座どうなるビルマの民主化?――在日ビルマ難民に聞く―
 日本で圧倒的多数割合で難民認定されているのはビルマ難民です。最近、ビルマ政府は「民主化」を開始し、例えば、長年弾圧してきた民主化運動のリーダーのアウン・サン・スーチーさんが国会議員になることを許容するなどしています。しかし、少数民族が多く住む多民族国家ビルマでかれらがどうなるかはよくわかりません。日本で最大のビルマ難民がどうなるかは、難民問題全体にも大きな影響を及ぼします。7月9日の改訂入管法施行(在留カード導入など)と共に難民問題をめぐる大きな変化の兆しなので、今のビルマの「民主化」を当事者がどう捉えているのか、それが難民問題に与える影響はどういうものなのか、等々のことを、ビルマ難民から直接伺いながら、共に考えていきたいと思います。是
非とも、ご参加下さい。 日時:5月20日(日)午後2時30分〜場所:新宿区立元気館第1洋室(東京都新宿区戸山3-18-1  TEL 03-3202-629)資料代:500円(難民の方は無料)内容:〈お話〉サイシーワンさん(在日シャン民族民主主義会)、ゾーミンカインさん(在日ビルマ少数民族協議会 議長)マイチョーウーさん(国民民主戦線(ビルマ)議長)、難民のアピール、等難民を支援し連帯する会(連絡先:さかい 04-2998-5501)


CML メーリングリストの案内