[CML 017095] 6/2(土)特別シンポジウム「わたしたちが選ぶエネルギー・気候変動対策」@日比谷図書文化館(要申込)(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 5月 17日 (木) 02:57:25 JST


紅林進です。

6月2日(土)に開催されます下記シンポジウムのご案内を転載させて
いただきます。


(以下、転送歓迎) 
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛ 
<特別シンポジウム> 
  
◆◇ わたしたちが選ぶエネルギー・気候変動対策 ◇◆ 
  
  と き:2012年6月2日(土)13:30~18:00 
  ところ:日比谷図書文化館コンベンションホール 
  
イベント情報 http://www.kikonet.org/event/20120602.html 
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛ 
  
 現在、3.11後の原発事故を受け、政府の委員会でエネルギー政策の見直し 
の検討が行われています。原発問題、自然エネルギー、電力システム改革、 
地球温暖化など、様々な視点を踏まえ、政府はこれからの日本のエネルギー 
政策の選択肢を示す予定です。 
 本シンポジウムでは、エネルギー政策の選択肢の意味を理解し、政府の 
委員会の委員を交えて議論を行い、わたしたちの「エネルギー・気候変動 
政策」を探ります。 
  
  
日 時:2012年6月2日(土)13:30~18:00 
  
会 場:日比谷図書文化館コンベンションホール(東京都千代田区) 
    【交通アクセス http://hibiyal.jp/hibiya/access.html】 
  
対 象:原発、自然エネルギーなどの未来について考えたいと思っている方 
    (どなたでも参加いただけます) 
  
申込み:次のWEBフォームよりお申込みください。http://bit.ly/IHeNWP 
  
【第1部】講演(13:30~14:00) 
◎講演「持続可能な社会へ~これからのエネルギー・気候変動対策」 
浅岡美恵(気候ネットワーク代表・環境省中央環境審議会地球環境部会 
  委員・内閣府原子力委員会新大綱策定会議委員) 
  
【第2部】政府が示す” 選択肢” とその意味(14:00-15:30) 
(1)政府による説明 
資源エネルギー庁、環境省、内閣府国家戦略室(いずれも予定) 
  
(2)政府の委員会の委員のコメント~選択肢の意味とは? 
橘川武郎(一橋大学大学院教授) 
高橋洋(富士通総研主任研究員) 
 ・資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員 
  
(3)市民が考える” エネルギー政策の選択肢” 
平田仁子(気候ネットワーク東京事務所長・エネルギーシナリオ市民評価パネル) 
  
【第3部】 話そう、選ぼう、わたしたちの未来(15:45 ~17:50) 
◎ディスカッションを行い、エネルギー政策の選択肢について考えを深めていきます。 
<進行> おしどりマコ・ケン 
<コメント> 
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所・資源エネルギー庁総合資源エネルギー 
 調査会基本問題委員会委員・環境省中央環境審議会地球環境部会臨時委員) 
金子勝(慶応義塾大学教授・内閣府原子力委員会新大綱策定会議委員) 
和田武(日本環境学会会長・調達価格等算定委員会委員)ほか 
  
※プログラム、出演者は変更される場合があります。予めご了承下さい。 
最新の情報は気候ネットワークウェブサイトにてご確認ください。 
http://www.kikonet.org/event/20120602.html 
  
主 催:特定非営利活動法人 気候ネットワーク 
  
問合せ:気候ネットワーク東京事務所 
【TEL】03-3263-9210 【FAX】03-3263-9463  
【E-mail】: tokyo at kikonet.org 
  
※このシンポジウムは、平成24年度独立行政法人環境保全再生機構地球環境 
  基金の助成を受けて開催します。 


CML メーリングリストの案内