[CML 017085] 「なくせ冤罪 ひらけ再審 6・16市民集会」のご案内

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 5月 16日 (水) 13:03:12 JST


前田 朗です。

5月16日

転送です。

------------------------------------------------------------------------------------

なくせ冤罪  ひらけ再審 6・16市 民集会

------------------------------------------------------------------------------------

冤罪─ この文字は、兔が自由 を奪われ、囲い込まれ

ている様をあらわしています。真っ白なうさぎ(無実の人)がなぜ

獄につながれ、長い年月を呻吟しなければならないのでしょう?

記憶に新しい、2010年の足利事 件、昨年の布川事件は、氷山

の一角に過ぎません。これらの再審を求める過程で、冤罪を生み出

す原因や土壌が明らかになりました。警察の杜撰な見込み捜査、拷

問に等しい密室での取調べと自白強要、間違いに気づいても後戻り

できない、硬直しきった検察であり、真実を見極める能力と気力を

失った裁判所です。

いま私たちにできることは何か? 各冤罪・再審事件の当事者・支

援者、専門家、幅広い市民の交流を通じて見つけ出すため、今回の

集いを計画しました。多くの皆様とともに、考える機会がもてるこ

とを願っています。

日 時2012年 6月16日(土) 14:00〜

18:45(開場13:30)

場 所 日比谷コンベンションホール(日比谷図書館地下1

F)

参加費1,000円(学生:500円)

◎再審事件の動向について

指宿 信Makoto Ibusuki(成城大学法学部教授)

冤罪再審事件が連日のようにマスコミで報道されていますが、そも

そも再審って何? という人もいると思います。指宿教授が再審と

各事件の動向について分かりやすく解説します。

◎対談 木谷元裁判官と周防監督

周防 正行Masayuki Suo (映画監督・法制審議会新

時代の刑事司法制度特別部会委員)

木谷 明Akira Kitani(弁護士/元裁判官・前法政大学法

科大学院教授)

周防正行監督が映画「それでもボクはやってない」をつくるきっか

けは、木谷明教授に触発されたからだとのこと。その周防監督と木

谷元裁判官が皆さんの前で対談し、最近の冤罪事件や裁判所、検察

などについて縦横に語ります。めったにないビック対談ですので、

是非おいでください!

参加する冤罪事件(映像などで事件の説明をします)

●大崎事件 ●介 護ヘルパー窃盗冤罪事件

●東電OL殺 人事件 ●名張毒ぶどう酒事件

●袴田事件 ●布 川事件(解決事件)

●仙台北陵クリニック筋弛緩剤冤罪事件

えん罪を考える6・16集会実行委 員会

連絡先 東京都文京区湯島2-4-4 日 本国民救援会内 Tel

03-5842-5842 Fax03-5842-5840  



CML メーリングリストの案内