[CML 017062] <テント日誌 5/12(土)――経産省前テントひろば245日目 原発ゼロ7日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 5月 16日 (水) 00:22:00 JST


<テント日誌 5/12(土)――経産省前テントひろば245日目 原発ゼロ7日目>
  抗議行動はテントひろばを通じて広がり繋がる!
  〜テントひろばの新たなステージと新たな価値観としての母性(女たち)文化

 今日は相次いで行われたイベントのその緊張と疲れのためか、テントには行かず一日中自宅でお休みをさせて頂いた。しかしこの日は「★5.12原発再稼働許すな!首相官邸前抗議行動【主催】首都圏反原発連合有志」が行われた。7〜800人の参加があったとの事ですがテントからも何名かが参加したようでした。彼らの抗議は毎回多くの人々が集まる一大行動になっています。福島からも、希望の牧場の吉澤さんや、富岡町から茨城に避難されている方がアピールした。
 その他、13時からは経団連前で「全交」さんの抗議行動、官邸前抗議行動と同じ15時には東電本店前で「東電前アクション」が行われました。思えば僕もこのアクションには去年の早い時期から参加しましたが、もう一年も続いている大きな抗議行動になったとの感慨を持たずにはいられません。しかも色々な抗議行動の中で若い方々がいち早く始め、継続していることに対して尊敬の念すら感じます。
 抗議後は第二テントで交流会も行われたようで、今後の運動について熱い議論が交わされたことだと思います。
 (ここでタッチーの報告)東電前アクション終了後のテントでの交流会準備で第2テントに足を運んだところ、アクションでの発言をお願いしている避難者のおふたりが、テントの奥で、10名近い若者たちを相手にお話をされて、ミニ集会。若者たちは、東京西部のキリスト者のグループの人たちで、彼らもそのまま東電前アクションに参加。
 アクション終了後、テントに移動すると、街宣車とすれ違い、スワ、さっきまでテントで嫌がらせしていた右翼か?と見れば、希望の牧場の吉沢さん、横断歩道の真ん中でエール交換、交流会にお誘い。スペースたんぽぽでの経産省前テントひろば応援講座の第1回の講師で来ていただいた被曝家畜の飼育を続けている方だ。
 交流会は30人くらいの参加者で全員の自己紹介や東電前アクションの映像をプロジェクターで映写、スクリーンが見つからずにシーツを貼っての上映でしたが、盛り上がりました。お天気が良かったので、テントの入り口を大きく開けて、テントひろばに集う人たちも次々と交流、官邸前抗議行動から戻った、とつきとおかの女たちの座り込みの本日のローテのSさん、スマイリングサンバッグで通勤するツワモノOLのAちゃん、泊まり込み防衛の青年、更にははるばる大阪からバイクで来た門真市の鮮烈左翼議員の戸田ひさよしさんも参加。初テントとのことです。(ここまでタッチー記)

 今日も北関東のほうから罵声ドライブ同好会、さらに軍歌愛好会の方々がいらしたようです。テント前には車を止めず、経産省本館正門横にある車通用口に止めたそうで、ご自分たちも経産省の一部を占拠したと悦に入っていたようだと、経産省の方から教えて頂きました。
 明日13日の13時半から明治大学リバティータワーにおいて、「反原発自治体議員・市民連合」による第二回総会と記念講演があり、経産省テントひろばからは渕上太郎代表が来賓挨拶をされると聞きましたが、記念講演は元スイス大使の村田光平氏が=なぜ急ぐ再稼動−そのウラにあるもの=と題して行われるそうです。
 村田さんは福島第1原発4号機燃料プールの危機的状況とそれがもたらす破滅的事態について全世界に訴え、国際的対応を求める呼びかけをされているが、僕は彼の主張する「母性文明の創設」に強くひかれます。
 母の日を前にしてどうしても忘れられない言葉があります。それは昨年10月に「原発いらない福島の女たち」の活動の中でどなたかが僕に語った言葉です。
 『原発を作ったのは男社会だ!』
 その言葉には福島の女たちが原発を絶対止めて見せるとの意気込みだけでなく。本気でこの世の中の仕組みを変えようとする確固たる意思が漲っていたのです。村田氏は「父性文化」と「母性文化」のバランスが大切であると語っていますが、今は歩みを緩め、しっかりと地に足の着いた歩き方の模索をすべき時だと思います。まるでそれは佐藤幸子さんが「自然農」の極みにたどり着いた長い時間を必要とするとは思いますが・・・。 

 しかしその宝物とも思われる福島県・川俣町のその土地は高汚染の放射能にまみれ、佐藤さんの一家の夢と将来を奪っただけでなく。そこの関わった多くの方々、そしてそこで研修していた若者たちの未来すら奪ってしまったのです。                       ( F記 )

【訂正】5/11の日誌で、大飯原発3・4号機が、BWR型とありましたのは、PWR型の誤りです。
     訂正致します。 



CML メーリングリストの案内