[CML 017052] IK原発重要情報(127)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 5月 15日 (火) 16:10:03 JST


        IK原発重要情報(127) [2012年5月15日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――――
 おおい町議会の決議をめぐって 「電力不足」 敦賀 伊方

昨日(5月14日)の福井県・おおい町議会の様子が少しづつ伝わってきました。読売新聞によれば、正副議長ら8人でつくる「作業部会」が「報告」を作成し、その「報告」にもとづき採決が行われて11対1になったようです(「報告」を何とか入手したいので、既に入手ずみの方はご教示ください。町議会事務局には断られました。)。また、反対した1名が日本共産党猿橋巧議員だということも分かりました。猿橋議員は、どんなに勇気がいったことでしょう。心から御礼を申し上げたいと思います。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20120514-OYT8T01501.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-15/2012051501_03_1.html

 経産副大臣が、早速、福井を訪問し、知事らと協議に入っています。露骨な動きです。
 橋下大阪市長が「地元の判断は十分に尊重した上で、最後は関西府県民が選択しないといけない」と述べたそうです。この橋下発言には若干疑問があります。橋下市長が言うべきことは、「福井県議会と福井県知事が今後判断されるにあたっては、関西の市民の多数が反対していることを十分に考慮していただきたい」ということではないかと思うのです。もっとも、自治体の首長の立場で言えることと言えないこともあると思います。だから、自治体の首長頼みでなく、関西の市民が明確なメッセージを出していく必要があると思います。関西の市民は、「福井県議会と福井県知事は、大飯原発再稼動を絶対に認めるな!関西の市民が反対している以上、政府は大飯原発再稼動の最終決定をするな!野田首相は、関西切捨て発言を撤回せよ!大飯原発再稼動を強行する野田内閣は退陣せよ!」というメッセージを発信すべきではないでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120514-00000141-jij-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120515-00000532-san-soci

  「電力不足」問題は、現在、原発再稼動を進める政府の最大の武器になっています。戦後の松川事件、三鷹事件に匹敵する、大謀略・大陰謀 だとおもいます。 
 飯田哲也氏と金子勝氏が『週刊現代』5月26日号で対談し、政府の嘘を徹底的に暴いています。ぜひ読んで見てください。(同誌には、作家浅田次郎氏の「チェルノブイリにて」も掲載されています。これもお勧めです。)
 『週刊大衆』5月28日号に「2012年夏「原発ゼロでも電力は大丈夫」これだけの証拠」という記事が掲載されています。同誌は○○い雑誌ですが、この記事は正論です。
 「脱原発をめざす首長会議」が、「節電で乗り切れる」と訴えています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120515-00000158-mailo-l08
  関西電力が、大阪府市エネルギー戦略会議で、電力不足が5%まで軽減できる可能性があることを認めました。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120515-00000307-fnn-bus_all

 敦賀原発の断層調査が始まることとなりました。厳しい監視をしなければ、彼らが、また、ごまかす可能性があると思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120515-00000110-san-soci

  伊方原発をとめる会が、6月10日に「伊方原発稼動阻止!!愛媛県庁包囲行動」を企画し、同行動を成功させるために奮闘しています。伊方原発の再稼動阻止へ向けての歴史的大行動になることが期待されます。同会では、全国からの参加を歓迎しています。関東で参加ご希望の方は、たんぽぽ舎がツアーを組む準備をしていると伝えられますので、同舎に連絡をとってみられてはいかがでしょうか。
http://www.ikata-tomeru.jp/
http://www.ikata-tomeru.jp/wp-content/uploads/2012/05/610ehimekenhoui.pdf
―――――――――――――――――――――――――――――――
                           以上











 


 
 



CML メーリングリストの案内