[CML 017019] 【大飯原発再稼働に同意 福井・おおい町議会】 おおい町長、おおい町役場に嵐のような抗議・要請電話・FAXを!

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 5月 14日 (月) 14:09:20 JST


おおい町長、おおい町役場に嵐のような抗議・要請電話・FAXを!


おおい町役場. 住所:〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷第136号1番地1 電話:0770-77-1111 FAX:0770-77-1289

おおい町役場 原子力担当
おおい町の原子力に関するご意見は、こちらへお寄せください。
原子力に関するご意見

お問い合わせ
おおい町役場
住所:〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷第136号1番地1
電話:0770-77-1111 FAX:0770-77-1289
お問い合わせ

おおい町役場HP
http://www.town.ohi.fukui.jp/sypher/www/normal_top.jsp


大飯原発再稼働に同意 福井・おおい町議会

 福井県おおい町議会は14日、全員協議会を開き、同町に立地する関西電力大飯原発3、4号機の再稼働について同意した。同日中に時岡忍町長に報告する。

 町議会は、時岡町長から意見集約の要請を受け、全員協議会を開くなどして、原発の安全確保や地域経済対策についての国の対応などを検証してきた。

 協議では、安全面で不安は残るとしながらも地域経済や雇用への影響を考慮し、再稼働に同意すべきだとの意見が相次いだ。「判断の前に、全員で東京電力福島第1原発を視察すべきだ」という意見も出たが「国から協力を要請されているこの時期に、福島を視察するのは不同意と同じだ」などと反対の声が大きかった。

 一方、原子力規制庁の設置遅れについて「国の姿勢が不安をあおっている」との批判も出た。再稼働の条件として、国が最新の知見を導入した安全対策を絶えず追求することを要請する意見も相次いだ。

 時岡町長は、議会の意見集約結果や、県原子力安全専門委員会の結論を踏まえ、町としての判断を西川一誠知事に伝える方針。

 ただ、時岡町長は電力消費地の滋賀県や京都府など関西圏の首長らから慎重意見が相次ぐ状況を、政府の説明不足が原因だと批判。国に原発の安全性やエネルギー政策をより明確に示すよう求めている。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201205140138.html
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内