[CML 017014] Re: 信じる者は、救われない。アニー・ガンダーセン

岩瀬ハジメ sorcerer at ip.mirai.ne.jp
2012年 5月 14日 (月) 13:24:10 JST


あなたに対してはまだレッテルを貼っていませんよ?
彼らが主張している「学説」を支持するかどうかを問うただけです。

いくつもの説があり、明確な結論が出ていないのであれば、どの説を支持しているのか
立場を明確にしておくことが議論の前提になります。

わたしの立場は細部においてはあなたが挙げた人々とまったく同じではありませんが、
どちらかといえば彼ら寄りでしょうね。
日本の現状は世界的な公衆被曝の基準の観点からきわめて憂慮すべきものであると考えていますし、
民主的な合意形成の過程を経ずに公衆被曝の基準がなし崩しに緩和されて行く過程には恐怖さえ
感じています。


On 14 May 2012, at 11:51, Yabuta Tohru wrote:

> 岩瀬ハジメさん
> 
> あなたは、
> 
> 北島氏に
> 
> >From: "岩瀬ハジメ" WROTE
> 
> >Sent: Saturday, May 12, 2012 9:27 PM
> >Subject: [CML 016977] Re: プルトニウム粒子による放射線誘導線維化結節の写真と福島県などの自動車エアフィルターのオートラジオグラフ
> 
> >ホラだデマだと主張するのはご自由ですが、どうかエビデンスを示して論理的に反論なさってください。
> >レッテルを示すだけで事足れりとするのはあなた自身の知的怠惰さ以外なにも証明できませんし、読み手にとっては無駄な偏見の発露を見せられているだけに過ぎません。
> 
> レッテル貼りをするなといっておきながら、菊池誠氏やbuvery氏と同様だと私にたいして、レッテル貼りをするのですか。
> 
> そうすると、岩瀬ハジメさんは、アニー・ガンダーセンや、クリス・バズビー、きくちゆみの考えと同様だと、思ってもかまわないわけですね。
> 
> 
> 
> 
> From: "岩瀬ハジメ" <sorcerer at ip.mirai.ne.jp>
> To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
> Sent: Monday, May 14, 2012 1:27 AM
> Subject: [CML 016997] Re: 信じる者は、救われない。アニー・ガンダーセン
> 
> 
> 薮田さんが参照しているリンク先の人は菊池誠氏やbuvery氏といった「正しく怖がる」派の代表的な人々を引き合いに出して彼らに連なる主張を展開しています。
> 薮田さんご自身も同様の主張をする人だと考えてよろしいでしょうか?
> 
> 
> 
> 
> On 13 May 2012, at 23:26, Yabuta Tohru wrote:
> 
>> 藪田です。
>> 
>> さて、人間というものは、一度信じたものを自ら否定したり考えを修正したりということはなかなかできることではありません。
>> 
>> でも、何度でも何度でも、騙されるのは、やっぱりアホとかいいようがありません。 
>> クリス・バズビーにつづいて、アニー・ガンダーセン程度に、騙される・・・・・なんて
>> 
>> 悲しすぎるぜ。
>> 
>> アニー・ガンダーセンは、昨年3月直後ごろから6月くらいまでは、CNNが無定見に、TV出演させてました。しかし、あまり言うことがひどいので、その後は、メジャーなメディアからはお呼びがかからなくなったようです。
>> 
>> YOUTUBEで出てくるのは、そのころのもののようです。
>> 
>> Fairewinds AssociatesInc(フェアウインズ)というホームページがひっかりますが、これはガンダーセン自身の事務所のホームページですから、なんでも言い放題です。
>> 
>> 
>> 以下参照
>> 
>> ------------------------------------------
>> 
>> http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65015598.html
>> 
>> ブログ版ききみみずきん
>> 
>> 「正義の科学者」という幻想(2)
>> 
>> 
>> 「正義の科学者が真実を知らせてみんなを救ってくれる」という幻想を抱いている方の夢を壊すような記事の続きです。
>> 
>> ブログなどで「科学者は実名で発言しているから正しい」などと書いている人もいるんですが、科学者が過去どれだけの嘘をついてきたのか知らないのでしょうか?
>> 豚インフルエンザのあり得ない致死率は実名で論文が多数出ていましたね。
>> 特に放射能や感染症などのリスク系の科学は売名の他に私怨など色々な要素が絡むと思います。
>> 
>> Arnie Gundersen
>> 
>> フェアウィンズという”コンサルティング会社”にいて”米国のスリーマイル原発事故の際、事故調査団のメンバーでもあった原子力科学者”のアーニー・ガンダーセンという人が「チェルノブイリより酷い、妊婦、お子さんたち逃げてください。」とか「今私が心配しているのは余震で4号機が倒れること。もしそうなったら逃げなさい。これまでの科学はいっさい通用しません。」と発言している件がネットに広まっています。
>> ほぼ全てのネタ元は CNN のインタビューに答えた動画(youtube)を日本語に訳した人のサイトと思われます。
>> 
>> しかしフェアウィンズ社がどれだけの顧客がいるのかも、どのような形でスリーマイルの調査に関わったのか(アメリカ政府の依頼なのか、本人が志願したのか、単なる住民代表として参加しているのか)も、ホームページのざっと見では分からず、経歴を誇張しているようにも見えます。
>> http://www.fairewinds.com/content/who-we-are
>> http://en.wikipedia.org/wiki/Arnold_Gundersen
>> 
>> 以下略
>> 
>> ---------------------------------------
>> 
>> ぐっちさん  プロフィールブログピグの部屋
>> 日々の備忘録
>> 日々の暮らしの備忘録
>> 
>> 東電福島原発事故以来、ビデオメッセージでなにやらマジメそうでトンデモな主張をしているアーノルド・ガンダーセン。
>> 
>> って誰?
>> 
>> なんかすごい専門家みたいらしいが本当のところどうなん?
>> 
>> ちょっと調べてみると情報が、、、
>> 「ブログ版ききみみずきん」さんから
>> http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65015598.html
>> 
>> この記事のリンク先(Atomic Insights)に、アメリカ バーモント州の公聴会?に提出した履歴が公開されていました。
>> http://www.necnp.org/files/docs/NEC_March_8_2006_Appeal_re_Docket_6812_filings_3_8_06.pdf
>> 
>> 以下、彼の略歴です。
>> 
>> 教育
>> Rensselaer polytechnic Institute 1971年卒業 Nuclear Engineeringが専門みたい 同Rensselaer polytechnic Institute 1972年修士卒業 同様にNuclear Engineeringで修士をとったっぽい。でも博士号はとってないようですね。
>> 
>> 職歴1
>> 1970年 Public Service Electric and Gas(PSE&G)でアシスタントエンジニアとあります。あれ?でも1970年は学生だったはず。学生だとするとインターンかなんかで働いたのかな?
>> 
>> 職歴2
>> 1971 to 1972 Rensselaer Polytechnic Instituteで原子炉のオペレーターとあります。あれ?これも学生(修士)の時期ですね。日本でいうと京大実験炉の運転を学生時代にやったイメージかな?ここの実験炉は典型的なスイミングプール型で100Wのようですね。彼の原子炉の運転経験はこの時期だけのようです。
>> 
>> 
>> http://ameblo.jp/shou17/entry-11013215693.html
>> 
>> アーノルド・ガンダーセンってだれ? その1
>> 
>> http://ameblo.jp/shou17/entry-11013220079.html
>> 
>> アーノルド・ガンダーセンってだれ? その2
>> 
>> http://ameblo.jp/shou17/entry-11013223834.html
>> 
>> アーノルド・ガンダーセンってだれ? その3
>> 
>> http://ameblo.jp/shou17/entry-11013225673.html
>> 
>> アーノルド・ガンダーセンってだれ? その4
>> 
> 



CML メーリングリストの案内