[CML 016985] ヤスクニ・キャンドル行動 連続講座第2回

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 5月 13日 (日) 11:13:03 JST


前田 朗です。

5月13日

転送で す。


***************************

2012年ヤスクニ・キャンドル行動 連続講座第2回

「2012年 東アジアの植民地主義の克服とヤスクニ問題」

講師:徐 勝(ソ・スン)氏(立命館大学教員)


日時:5月25日(金)午後6時30分〜

場所:豊島区民センター(池袋駅から徒歩5分)

参加費:500円

***************************

昨年2011年は、国連において始めて「『植民地主義』 が非難されるべきであ
り、繰り返されてはならない」 というダーバン宣言が採択されてから10年 目の
年でし た。しかし、東アジアにおける日本の植民地主義の清算、 戦後補償の実
現は一向に進んでいません。


 今年2012年は、東アジアのほとんど国々で政権交替 の選挙が行われていま
す。東アジアの今後のあり方を決 めていく重要なこの年、日本はアジアとどう
向きあうべ きでしょうか。


2012年は日本にとって。サンフランシスコ条約の発効 から60年目になる年でも
あります。60年 前、日本は

アジア太 平洋地域での戦勝責任や植民地主義の克服を 果たせないまま、朝鮮戦
争の最中、米軍の占領から独立 、日米安保条約をもってアジアへ復帰しました。


戦後60年間、日本が克服できなかった戦争責任や植民地主義 とは何だったので
しょうか?                           


 戦後東アジアの植民地主義の復活とヤスクニの復権を もたらしてしまったサ
ンフランシスコ条約発効の60年目。

アジアにおける植民地主義の被害者でもあり、その克服 のため、一生闘いの道
を歩んできた徐勝さんをお招き、ヤ スクニと植民地主義の復活の背景とその現
状に関して考え てみます。

*連*続 講座掘屮筌好ニ合祀取消裁判の現状と課題」 

6月22日(金)18: 30分〜 豊 島区民センター

主催 「平和の灯を!ヤスクニの闇へ」キャンドル行動実行委員会

TEL・03-3355-2841 FAX 03-3351-9256 

HP www.peace-candle.org <http://www.peace-candle.org/>

郵便振替口座 00140-3-446364  ヤスクニキャンドル行動内田雅敏



CML メーリングリストの案内