[CML 016948] 5.20沖縄米軍再編・横浜集会のご案内

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 5月 11日 (金) 10:30:01 JST


前田 朗です。

5月11日

転送です。

転送転載歓迎です。

よろしくお願いします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 なぜ、再編見直しなのか?

   沖縄の総意とは何か?

     松元剛さんに聞く。

     「琉球新報」政治部長

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

*日時:5月20日(日)13時30分〜

*場所:横浜市開港記念会館1号室

    みなとみらい線「日本大通り駅」下車すぐ

    JR・横浜地下鉄「関内 駅」下車10分

=================================

今年2月8日、日米両政府は沖縄に関わる米軍再編の見直しを発表した。

8000人規模の海兵隊グアム移転の条件としていた普天間基地の辺野古

沖への移設、新基地建設を見直し、当面4700人 をグアムに先行移駐させ、

3300人をオーストラリア、ハワイなどに移すとしたのだ。沖縄の人々の

闘いが日米合意を変更させたのである。しかし、日米両政府は辺野古移設

を断念していない。

前沖縄防衛局長の県民蔑視発言のこと、辺野古アセスのこと、宜野湾市長

選のこと等など。松元剛さんに、沖縄の今、これからを聞く。

<松元剛さん◆プロフィール>

 1965年、那覇市生まれ。89年、琉球新報社入社。沖縄にとどまらず、

 広く海外、本土の基地も取材。基地問題に関する編著書も多数。特に

 日米地位協定問題では、抜本的改訂の論陣を張る。

「琉球新報」は「沖縄タイムス」とともに、沖縄県民の立場に立つ地元紙。

=================================

*話し  松元剛さん 「在沖縄基地の最近況など」

*報告  神奈川の基地は今・・・

*資料代 500円

*主催  すべての基地にNOを! ファイト神奈川

      連絡先:045−788−0838/045−401−7425

*後援  神奈川平和運動センター

     沖縄講座



CML メーリングリストの案内