[CML 016938] 【嘉田知事に続き!?】 山田知事は「現時点で原発全廃は無理で、再稼働はどこかで考えないといけない」⇒山田京都府知事も少しぶれてきました。さらなる再稼動反対!の圧倒的な世論での包囲を!

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 5月 10日 (木) 18:41:44 JST


山田知事は「現時点で原発全廃は無理で、再稼働はどこかで考えないといけない」

⇒山田京都府知事も少しぶれてきました。さらなる再稼動反対!の圧倒的な世論での包囲を!


毎日21世紀フォーラム:大飯再稼働 停電で企業打撃/安全を最優先に 知事、揺れる思い−−大阪 /京都

毎日新聞 2012年05月10日 地方版

 9日、大阪市で開かれた異業種交流組織「毎日21世紀フォーラム」の第112回例会。講演した山田啓二知事は関西電力大飯原発3、4号機再稼働問題についても考えを述べ「停電になると中小企業は打撃を受けるが、本当に(再稼働の)条件が整わないなら、節電をしてでも安全を保つ方がいいのではとも思う」と、電力需給と安全性との間で揺れる思いを口にした。

 山田知事は、滋賀県の嘉田由紀子知事と原発政策について共同提言するなどし、電力需給見通しの展望などについて国に説明を求めてきた。しかし、3月以降、3度行われた国との会談では満足する回答は得られず、国にさらなる説明を求めている。

 山田知事は「現時点で原発全廃は無理で、再稼働はどこかで考えないといけない。再稼働する以上、一定の安全性を確保する必要があるが、それは経産省ではなく第三者機関の専門家がするべきだ」と指摘。さらに「(再稼働が)緊急的か、恒久的かの判断を示してほしい。緊急的なら夏場だけ動かした後、恒久的措置を考えることもできる。恒久的なら専門家が安全性を示すべきだ」と求めた。

http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20120510ddlk26040546000c.html
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内