[CML 016912] 【南西諸島派兵阻止情報】 第1号 2012・5・9

加賀谷いそみ qzf01055 at nifty.ne.jp
2012年 5月 9日 (水) 21:47:12 JST


〜転載歓迎〜

【南西諸島派兵阻止情報】  第1号 2012・5・9  

●本「情報」では沖縄島を中心にした情報については、先島(宮古・八重山の島
じま)派兵などに関連するものに限り取り上げます。とりわけ在日米軍再編の見
直しなどについては下記の2紙をご参照ください。
 ▼ 沖縄タイムス http://www.okinawatimes.co.jp/
 ▼ 琉球新報   http://ryukyushimpo.jp/ 
 
●本「情報」1号は創刊号ですので、記事の前に簡単な「解説」をつけます。今
後も必要最小限の説明をします。
●記事掲載紙の表記に「東京・共同」とあるのは共同通信配信の記事を東京新聞
が掲載したという意味です。「○○・時事」は同様に時事通信配信記事を○○新
聞が掲載したということです。NHKやTBSなどの情報は「NHKニュース」
などと記します。(編集部)

◎ 与那国
 〔解説〕与那国に陸上自衛隊「沿岸監視部隊」を配置し、「必要に応じ」航空
自衛隊がレーダー装備の「移動警戒隊」を派遣する計画は、防衛省・自衛隊の南
西諸島派兵策動の中で鹿児島県の馬毛島に米空母艦載機離発着訓練用の滑走路を
整備する計画とともに突出して先行しています。昨年11月には「住民説明会」
が強行され、先のPAC3配備の際には与那国に自衛隊の「救援隊」が派遣され
たばかりか、その直後田中防衛相が与那国を訪れ、外間守吉町長に派兵計画への
協力を求めました。しかも防衛省は2012年度予算に「用地の取得」などのた
めに約10億円を計上しました。
  こうした動きに対し「与那国改革会議」(崎原正吉議長)のみなさんなどが粘
り強い自衛隊誘致反対運動を続けています。(編集部)

◆与那国町議会 住民投票条例案提案へ、自衛隊誘致の賛否問う  5・1
 八重山毎日
 【与那国】与那国町への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備について、誘致の賛否
を問う「住民投票条例案」が町議会に提案される見通しとなった。……
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19985/

◆防衛相が部隊配備候補地を視察 外間与那国町長に協力要請  4・24
 八重山毎日
 与那国町を訪れた田中直紀防衛相は外間守吉町長に対し、北朝鮮の「衛星」発
射問題で陸自隊員らの受け入れに謝意を伝え、また沿岸監視部隊配備について
「当初予算もついたので執行に向けて協力をお願いしたい」と協力を求めた。…
…
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19929/

◆町長は住民投票で判断を なし崩し的に強引に進む与那国の自衛隊配備
 4・25 八重山毎日・社説
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19932/

◆県内外から150人参加 自衛隊配備反対訴え  5・7 八重山毎日 
 【与那国】沖縄の本土復帰40周年を記念した「5・15平和行進」与那国特別コー
ス(同実行委員会主催)が6日午後、与那国町の久部良漁港を出発に比川地区や祖納
地区を周る14キロで行われ、参加した県内外の労働団体代表者や地域住民ら約
150人が「与那国島に自衛隊はいらない」「八重山に自衛隊を入れさせるな」など
先島への自衛隊配備反対を強く訴えた。……
http://www.y-mainichi.co.jp/news/20017/

◆きょうから平和行進 復帰40年、初の与那国皮切り2012年5月6日
 琉球新報      
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190851-storytopic-1.html

◆復帰40年、沖縄で平和訴え 与那国島から「行進」開始  5・6
 東京・共同
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012050601001475.html

◎ 馬毛島  
 〔解説〕馬毛島(鹿児島県西之表市)は、種子島にも屋久島にも近く種子島の
西方約12kmの東シナ海上にあります。島の土地の99.6%をタストン・エ
アポート(本社・東京、旧馬毛島開発〔立石建設の子会社〕)が所有し、島の自
然と島周辺の豊かな漁場を乱開発で破壊してきました。この馬毛島で防衛省は米
空母艦載機の訓練(島を空母に見立てた離発着訓練、いわゆる「タッチ・アンド
・ゴー」、FCLP)を行なおうとしています。しかし種子島・屋久島の全自治
体の長と圧倒的多数の住民が結束して計画に強固に反対しています。それゆえ伊
藤鹿児島県知事も今のところ「反対」の立場です。しかし防衛省とタストン・エ
アポートは用地交渉を開始することで合意しており、日米安全保障協議委員会
(2プラス2)も共同文書(2011・6・21発表)で「米軍の空母艦載機離
発着訓練の恒久的な施設として馬毛島が検討対象となる旨を地元に説明」と明記
しているので、今後の展開はまったく予断を許しません。(編集部)

■馬毛島訓練「反対」52% 騒音や事故懸念 南日本新聞県民調査  5・2 
南日本
 南日本新聞が鹿児島県民を対象に実施した電話世論調査で、米軍空母艦載機の
陸上離着陸訓練(FCLP)の西之表市馬毛島への移転について「反対」が29.
7%に上り、「どちらかといえば反対」の23.0%を合わせると過半数が反対
の意思を表した。理由では騒音や事故を懸念する声が最も多かった。……
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=40216

◎「尖閣諸島」関連
  〔解説〕いわゆる「尖閣諸島」に関する諸問題にはここでは触れません。ただ
ここ数年同諸島の帰属をめぐり日中間であつれきが高まっていて、「実効支配を
強化するため自衛隊を常駐させよ」という声が自民党内から上がるなど排外主義
的なナショナリズムが煽動されていることは指摘しておきたいと思います。
 石垣島への陸上自衛隊「初動対処部隊」の配置は表向きはまだ明確になってい
ませんが、尖閣防衛論の高まりが同島への派兵にとって絶好の追い風になること
は明らかです。現在の中山義隆石垣市長は石原慎太郎・東京都知事が表明した都
による「尖閣」3島買収について都と石垣市による共同購入をめざす考えを明ら
かにしたり、先の迎撃ミサイルPAC3石垣島配備の際には自衛隊に全面的に協
力するなど非常に保守的な人物です。なお『八重山毎日』のコラム「不連続線」
の執筆者には同社外の人も含まれます。同コラムは今後も紹介することがあると
思います。(編集部)

◆先般、石原都知事が…  5・3 八重山毎日・コラム:不連続線 
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19998/

◆石原東京都知事の「尖閣購入」発言は…  4・30
 八重山毎日・コラム:不連続線 
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19977/



CML メーリングリストの案内