[CML 016893] オスプレイは沖縄にも横田にもいらない6・30行動・5/20半田滋講演会への呼びかけ

hansenbira2008-allmail2 at yahoo.co.jp hansenbira2008-allmail2 at yahoo.co.jp
2012年 5月 8日 (火) 15:20:17 JST


 オスプレイは沖縄にも横田にもいらない6・30行動実行委への参加呼びかけです。
 オスプレイの普天間配備を10月から7月に早めるというとんでもない報道が流れています。4月12日に墜落事故を起こし、その原因すらはっきりしていないというのに言語道断。来るな、オスプレイ!
−*−*−*−*−*−*−*−
立川自衛隊監視テント村・立川反戦ビラ弾圧事件元被告
大洞俊之
HP http://www.geocities.jp/solea01/

 2012年3月、今年10月に沖縄普天間基地に配備予定の新型輸送機オスプレイをその前に7月から一時本土の基地に配備することを政府筋で検討という報道が流れました。朝日新聞では三沢・横田・岩国が候補地とされ、日経新聞では横田基地を主軸に検討中という記事が掲載されました。これらの基地周辺の自治体では衝撃を受け、防衛大臣に対して配備反対の申し入れを行い、その結果、その後防衛省からは公式には本土に一時配備予定の計画は発表されていません。

 さらに4月12日にはモロッコで訓練中のオスプレイが墜落し、乗員二名が死亡するという惨事が起きました。基地周辺自治体が強く反発したのも当然で、このようにオスプレイは開発段階だけでも何回も墜落事故を起こし、30名もの死者を出しています。実戦配備後も2010年にはアフガニスタン、今年の4月にはモロッコで墜落し、いずれも死者を出す大きな事故となっています。

 このように危険なオスプレイの日本配備を米軍が急ぐのは、常に軍事的な緊張状態にある朝鮮半島をにらみ、中国を牽制し、そこでの有事に備えているためと推測されます。しかし墜落の危険は沖縄の普天間基地でも同様にあります。市街地の真ん中にあるこの基地での墜落事故は、周辺に大きな被害をもたらすことが予想されます。私たちはアジアの軍事的な緊張を高め、事故の危険性の高いオスプレイの配備は沖縄であれ本土の基地であれ、強く反対していきます。

 今回米軍再編の問題点を学習・討論するために5月20日には東京新聞の半田滋さんを招いて講演集会を行い、オスプレイ配備に反対して6月30日には横田基地へのデモを行います。この集会実行委と諸行動への参加を訴えます。  

★講演集会  「在日米軍はどう変わっていくのか?」
オスプレイ配備と自衛隊横田基地稼働問題・住民を爆音と事故の危険にさらさないで!
日時 5月20日(日) 午後1時半開場 2時講演開始 
講師 半田滋さん(東京新聞)
場所 昭島公民館学習会議室(昭島市民会館と同じ建物)

★集会デモ予定日時 6月30日(土)午後2時集会予定 場所 福生公園

参加・賛同費団体一口2000円 個人1000円

●郵便振替 00190-2-560928 口座名「立川自衛隊監視テント村」
連絡先  立川自衛隊監視テント村042-525-9036(TEL&FAX) メール tento72 at yahoo.co.jp
     うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会. TEL:042-592-3806 (古荘)
〒190−0013 東京都立川市富士見町2-12-10-504 テント村気付


CML メーリングリストの案内