[CML 016821] IK原発重要情報(116)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 5月 4日 (金) 18:06:54 JST


        IK原発重要情報(116) [2012年5月4日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

――――――――――――――――――――――――――――
計画停電 おおい町・福井県の新たな動き 宝塚市長 泊原発等

  枝野経産相が、関西電力管内の計画停電を打ち出しました。しかし、関西で本当に電力が足りなくなるかどうかは疑問であり、本当に足りなくなるかどうか具体的数字を示せという情報公開を求める市民の声を、関西電力が否定したまま計画停電に踏み切ることは、許されないと考えます(下記のyoutubeをぜひ参考にしてください)。さらに大阪・京都・滋賀などの反対の声を黙らせるためには停電をしてみたらいい、という無責任な声が政府内にあるとマスコミは伝えています。「社会運動情報・阪神」というサイトは、「電力マフィアの計画テロ」と批判しています。この問題は当面する大飯原発の再稼動に影響する大問題ですので、脱原発を願う人々が広く大宣伝をしていくことが求められていると思います。
http://mainichi.jp/select/news/20120504k0000m010102000c.html
http://youtu.be/9EfGYgDma6Q
http://youtu.be/Q6wgwoCmt84
http://youtu.be/CaGOYp0qopA
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-c5f7.html

  おおい町の原発推進派は、いよいよ自分がやるしかないと腹を決めたようです。状況が変わりました。新しい方針が決まりました。町議会が全員協議会を複数回開催して「意見集約」し、できれば来週中に結論を出すという方向です。住民の意見を無視し、“町議会の責任で同意”を打ち出す危険が濃厚です。おおい町の町議会議員は、4月26日の説明会で出された住民の意見を踏まえて、大飯原発再稼動に同意するな、という声を町議会に集中する必要があると思います。全国からの声を集中しなければ、原発推進派は強行突破をはかる可能性が大です。しかも、第1回の全員協議会は、連休明けの7日に開かれる予定ですから、急がなければなりません(おおい町の原発推進派は、連休があるので、脱原発派は動きが鈍いだろうと計算していると思います。)。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34533.html
 このメールを読まれた方は、この新しい状況をできるだけ多くの人に広めてください。
 次に、できるだけ多くの人と団体が、おおい町議会議長に対し、4月26日の住民説明会で出された住民の意見をふまえて、大飯原発の再稼動に同意しないでください、という要請文をFAXで送信することを訴えたいと思います。
 宛先は、おおい町議会議長新谷欣也様
 FAXの送信先は、おおい町議会事務局(FAX0770-77-1289)
 余裕がある個人や団体は、おおい町議会議員14名にFAXや郵便を出してください。
 14名のリストは、以下で見てください。
http://www.town.ohi.fukui.jp/sypher/www/info/detail.jsp?id=2272
  FAXの送信先は、町議会議長と同じでよいと思います。郵便の場合は、以下のとおりです。
〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷第136号1番地1
      おおい町役場3F 議会事務局気付

 福井県レベルの新しい動きも始まりました。県レベルの原発推進派は、県原子力安全専門委員会での強行突破に失敗し、おおい町長の同意表明の取り付けに失敗し、小浜市の説明会で完敗したのですが、県議会の全員協議会を開催して事態を打開するという方向を決めたようです。“県議会の責任での同意”がめざされています。国会もそうですが、日本の間接民主制は腐っていますから、非常に心配です。おおい町長の同意表明があれば一気に事が運ばれていく可能性が大と思います。本当に背筋が寒くなる話です。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34515.html

 宝塚市長が、大飯原発の再稼動に反対を表明しました。
http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000001204280004

 泊原発をめぐる動きが急にでてきました。5月5日の問題があるから、とも考えられますが、そうでない可能性もあると思います。泊村長は、再稼動が望ましいと露骨に言明しました。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&rel=j7&k=2012050200740

 東京・国立市民らが東海村長と意見交換をしました。関東の脱原発運動は、このような動きを、もっと、もっと強めなければいけないのではないでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120503-00000091-mailo-l08

志賀原発においても活断層問題が浮上してきました。
http://jp.wsj.com/Japan/node_437498

伊方原発では、原発推進派は、原子力安全委員会のOKが出たら直ちに伊方町と愛媛県レベルで同意できる準備を進めているようです。
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20120503ddlk38040618000c.html
四国四県(!)の原爆被爆者が伊方原発の再稼動の反対を訴えました。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20120503000139

――――――――――――――――――――――――――――
                        以上







     



 
 



CML メーリングリストの案内