[CML 016814] 東京 安世鴻 日本軍「慰安婦」ハルモニたちの写真展

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 5月 4日 (金) 09:49:01 JST


前田 朗です。

5月4日

転送です。

5.19は名古屋ですが、6月に東京です。

*************************

写真展 : 重重ー中国に残された朝鮮人 日本軍「慰安婦」ハルモニたち

日時:2012.6月26日〜7月9日 10:30〜18:30

場所:東京新宿 ニコンサロン (東京都新宿区西新宿1−6−1 新宿エルタ
ワー28階 Tel.(03)3344−0565

1968年、第一回写真展として「木村伊兵衛の目」が開かれた伝統と良識ある
写真サロンの 公募に、

安世鴻の「慰安婦」写真がとおり、戦後日本軍により大陸に置き去りにされ、孤
独と貧困のう ちに暮らしてきた

被害者ハルモニたちの写真が、多くの人々の目に触れる機会を得ることができま
した!!

安世鴻はこれまで、名古屋、京都、大阪ではスライド写真と講演の会を行なって
きましたが、

東京での本格的な「慰安婦」写真展は、初めてです。

この写真展、および彼の今後の活動を支援するため、友人が集まり

「重重ー安世鴻 日本軍『慰安婦』写真展実行委員会」(重重プロジェクト)を
立ち上げまし た!

世界中の「慰安婦」被害者が高齢化する中、ニコンサロンでの写真展を皮切りに
この問題につ いて広く人々に訴え、

被害者女性たちの願う「日本政府からの公的謝罪と補償・正しい歴史教育」が実
現する一助と なるよう活動していくつもりです。

どうか、写真展に足をお運びください!!

同時に、資金サポート・活動支援を募っております。

HPをぜひご覧ください。

http://juju-project.net/

ブログも更新中です。よろしくお願いします!!



CML メーリングリストの案内