[CML 016800] 【報告】第379日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 5月 3日 (木) 09:21:19 JST


青柳行信です。5月 3日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第379日目報告☆
  呼びかけ人賛同 5月2日現在 総数2221名
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月2日1名 
           國分美生 
《 核なき未来は今、ここから GOODBYE NUKES
    さよなら原発! 5・27 佐賀集会 》 
 ★ ご賛同登録・個人・団体 ↓ よろしく ★(九州以外の方もO.k)
    ホームページ http://bye-nukes.com/saga/ 
27日当日、 福岡市天神から、貸切バスをチャーターする予定です。
    申し込み希望者は メールアドレス 0311.fukuoka at gmail.com 迄
<Twitter フェイスブック ミクシー メール、ブログなどで広めてください。>

  ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れ様です。
今日の伊方原発で働いていた方のお話は 興味深いものでした。
事故が起こる危険性が大きいと思いました。
明日は どんたくも始まりますし、映画会や講演会もあります。
出来るだけ あちらこちらに参加したいと思っています。

あんくるトム工房
連休中のテント          http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1827
明日は憲法記念日、どんたく  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1828 

★ ひろば 上條 さんから:
<テント報告>
今日はゴールデンウィークだったからか多くの人がひろばを訪れました。
青柳さんと旧友の天野さんが来訪。青柳さんが以前ペルー人救援で逮捕されたときのエピソードを面白く話してくださいました。
人々はテントひろばの長い活動をみている、市民運動は非暴力で長くやることで人々の共感を得ることができると話していました。

女性からおにぎりの差し入れがありました。
宮崎の電力労働者の黒木さんが来訪。
伊方原発で働いていた男性が来訪。原発を止めるために何かやりたいがどうすればいいかと聞かれたので、原発で働いた経験を
話してもらいました。
・現場の仕上げの監督として約10年間働いて狭心症を患った。監督といっても原発の中を知らないといけないので、中に入って
作業をし被曝をしてしまった。
・原発で働く人はお金のない人、ホームレスの人で、中には威勢のいい方々もいて、こういった人たちは放射能の危険性について
あまり気にせずに、というより危険性を知らされずに、ゴム手袋で顔の汗を拭っていたり、アラームメーターの数値を気にせず作業を
していた。
・男性の知り合いで原発で20〜30年働いていた6名は原因不明で亡った。原発関連企業は労災認定はしていない。申請しにくい。
・伊方原発で裂けた配管をなんとビニールで巻いて補修して一年間原発を動かしていた。
・ホールボディーカウンターで作業後線量測定をしなければならないが測っても教えてくれない、カードにそのデータを記録するがそれを
管理するのは現場から離れた人間だ・・・と聞いているうちに原発は監獄かと思えてきました。
・こういった経験を一般の人に話すと、報酬として高額なお金をもらったのだから原発で働いて病気になったり被曝してもそれは
当たり前(自己責任)だとの声が返ってくる。これは原発だけでなく社会全体が巨大な監獄であるということを示しているのではなかろうかと
思いました。
黒木さんや伊方で働いた男性の話を多くの人々が差し入れなどを口にしながら聞きました。
テントを片付ける時間にはどんたくのパレードカーが何台も渡辺通りを通っていきました。
私事ですが就職口が決まり、テントひろばにあまり顔を出せなくなってしまいました。決まったことはうれしいけれど、離れなければならない
のでつらいです。

★ 吉田典子 さんから:
馴染みのある佐賀県小城市が、玄海原発事故時の避難民の受入先になっていると知って、ビックリした私は、慌てて地図を広げました。
これは、もう既にお役人様達が考えてるとは、思うんですが…。
小城の皆さん、玄海原発が事故る季節、風向きによっては、利用できないかもしれませんが…。
JRでもバスでも自家用車でも使って、南南東の有明佐賀空港を目指して下さい。
そこから、沖縄か台湾に飛んで、更に豪州へ、というのが、もっとも早く確実に、安全圏に出られる道かもしれないです。
もっとも、これは予め政府間交渉その他、しとかなくちゃなりません。
火急の場合に即、被災民を乗せる飛行機を融通できて、台湾や豪州に受け入れてもらえるように。
兎も角、転ばぬ先の杖を用意しとけば、いざという時、子供達だけでも素早く安全圏に出せます。
保育園・幼稚園・小中学校・高校・空港にヨード剤とか常備しとけば、取り敢えず初期対応は万全です。
事故発生の時間帯によっては、学校から直に空港に乗り付けるという手もあり、です。
玄海町から避難するなら、あの蛇行した陸路を逃げるより、ボート、漁船、もしくは博多からビートルを駆り出して、海路五島列島の空港に、子供達を輸送。
もっといいのは、九州南部か釜山を目指し、そこから空路か海路で沖縄か台湾、豪州を目指す。
近場に逃げたのでは、福島のように何度も避難を続けなければならない可能性が出て、体が弱い人は保ちません。
一番いいのは、一時も早く原発を、廃炉にする事。
それが出来れば、避難計画なんて、立てなくても、いいんです。
それどころか、原発さえ廃炉に出来れば、九州北部には首都をおける可能性すら、出て来るんです。
本州では、まだまだ大地震も大津波も大噴火もあり…かもしれないんですから。
地図みてると、つくづく日本は狭くて、避難のしようがない、と思うのです。
今回ばかりは大陸の広さが羨ましい!
そしてですね。
これは念のために言いますが…。
私は、避難計画を大急ぎで推し進めようとしている人達は、実は
『事故が起こらないのを前提にして、もの考えてるんじゃないか?』
と、疑ってます。
避難計画作っておけば
『原発は稼動させてもいい』
なんて…まさか思ってませんよね?
廃炉は火急の最優先事項です。
まだ廃炉が決定した訳でも、廃炉作業に入った訳でもありません。
だから、平行して、いざという時の避難計画は作らなくちゃなりませんが…。
あくまで廃炉は絶対必要の最優先事項!!
ここを間違えてはいけません。
兎も角、佐賀県の皆さん、廃炉を求めて下さい。
『お上(お役人)の決めた事なら、間違いない』
なんて思ってた日には、福島の運命が佐賀の運命ですよ!
誰かがやってくれるだろうと、原発反対を人任せにして、いざ事故ったら
「俺達、百姓に罪はねえだ!」
では、鍋島の化け猫と田圃の牛蛙のパンチが、跳んできますよ!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。きょうは憲法記念日。基本的人権を侵す事故を内包する原発は要りません。
今朝の新聞には、1ページ全面を使った意見広告があります。「さようなら原発!原発のない社会をめざしましょう」と大きな字ではじまります。「世界に9条を 日本国憲法は人類
の平和と生存への道しるべ 日本国憲法は、今日5月3日で施工65周年を迎えました」と。下方に、「佐賀県の玄海原発でフクシマのような事故がおこったら、福岡県、九州、山口も
壊滅的な被害をこうむります。」として、「憲法35条の生存権」の求める、「『生命の尊厳』のための変革が求められている・・・・」、「・・・・ 日本国憲法の理念に基づく政
策実現がいまほど求められている時はありません。」と訴えています。多数の賛同者の氏名もあわせて掲載されています。
西日本新聞の通常の記事では、2面に 崑臠啗業 案全対策 完了は4年後 再稼動 政府の判断拙速」とあり、「安全に稼働するために、必要な対策が先送りされている」と。ま
た、◆崘3号機、なぜ最後に停止 震災4日前から発電」と、泊原発が稼働を始めてから5月5日に止まるまでの経過を紹介しています。
3面「原発不信 拭えぬまま 5日国内「稼働ゼロ 将来政策も議論迷走」と、5日に泊原発が止まること受けて、1966年日本原電東海原発が(日本初の)営業運転開始から今日までの
年表を資料として掲載しながら、日本の今の混迷する状況を紹介しています。
いまと届いたしんぶん赤旗では、一面の大半を使って、トップに囲み記事で「26年終わらぬ被害 チェルノブイリの今」として、写真家森住 卓さんが現地の今を紹介した記事を大
きく報じています。
3面に重要な情報があります。「定期点検中の原発26基 核燃料を装てん済み 再稼働へ電力会社が準備」とあり、「定期点検中の原発45基のうち26基が核燃料を装てん済みの
状態であること」がわかった、と。「各電力会社が再稼働にいつでも踏み出せるように準備をしている」事態を伝えています。
予断を許しません。運動の手綱を緩めず、加速あるのみです。
他にも各ページに原発・電力関連記事多数。

★ 清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんにちは。
原発関連情報47をお送りします。
全部は協会のHP(http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html)で見られます。

1,昨日の肥山さんのメールにありましたように、通販生活が全国自治体首長に原発に対する見解のアンケート調査を公開しました。その結果です。
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/head_quest/todouhuken.html
九州では、福岡県はみやま市長、築上町長、佐賀県は武雄市長、嬉野市長、江北町長、長崎県は大村市長、五島市長、西海市長、熊本県は和水町長、御船町長、山江村長、大分県は
日田市長、竹田市長、豊後大野市長、宮崎県は都農町長、日之影町長、鹿児島県は志布志市長、三島村長、天城町長、和泊町長、大和村長、与論町長が明確な脱原発を打ち出してい
ます。Cも多いので、これを入れると多くの自治体が脱原発を望んでいます。彼らと共闘できるといいですね。

2,経産省がおおい町説明会で使用したスライドです。小浜市でも同様のものを使ったのではないかと思われます。
http://www.town.ohi.fukui.jp/sypher/open_imgs/info//0000000152_0000003676.pdf

3,1日にあった小浜市での説明会の模様です。ここははっきりと反対の意見が多数のようです。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34502.html

4,それでもあいかわらず交付金や寄付金で自治体を依存体質にしていることが共同通信の情報公開請求でわかりました。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120501-943470.html

5,政府の電源開発交付金が自治体でどのように使われているかは、資源エネルギー庁のサイトで公開されています。業者の入札状況も調べてみると癒着ぶりなどがわかるのではな
いかと思います。
http://www.enecho.meti.go.jp/info/dengenkoufukin-hyouka.htm

6,原子力資料情報室の伴英幸さんが委員を務めている政府のエネルギー調査会での報告記を情報室のサイトで連載しています。新大綱策定会議奮闘記(7)では、山地憲治委員の暴
走とそれを支援する三村委員長が批判されています。結論ありきの委員会に対し、委員8人が連盟で意見書を出しています。
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1358

7,ドイツZDFの福島事故検証番組が評判を呼びましたが、ZDF(国営第二チャンネル)はドイツでは政府寄りの御用放送局とよくいわれ、それよりは州立放送局の連合であるARD(ド
イツ公共放送連合)がまだましと考えられています。ARDに属するWDR(ノルトライン・ヴェストファーレン州立放送局)の福島原発検証番組です。事故当時ドイツ人技術者がいたと
は知りませんでした。
http://www.dailymotion.com/video/xqhqdz_yyyyyy-yyyyyy-yyyyy-yyyyyyyyyyy_news?search_algo=1

8,食品の放射能の新基準により出荷停止の食品が増えたことが報道されています。そうだとすると3月までの食品は何だったのかということになります。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012050190070304.html

9,週刊ポストが、関西電力と経産省が組んで、夏に計画停電を行い、橋下市長を追い詰める画策をしているという記事を出しています。大阪市長選挙のときに関西電力は前市長の
支援をして、橋下落としで動いたので、そのときからの因縁です。橋下市長は基本的に原発反対派ではなく、自分に逆らう関西電力に仕返しをしたいだけで、脱原発を唱えている人
です。関西電力が頭を下げて、維新の会の支援に回れば、態度を変えるのではないかと推測されます。
http://www.news-postseven.com/archives/20120424_103843.html

★ 河内謙策 さんから:
   <小浜市 京都府 岐阜 寂聴さんら 自由法曹団 大阪地裁>
 福井新聞社が、福井県の17市長にアンケートを行った結果、17市長のうち9市長が、同意に必要な「地元」の範囲を立地自治体以外に拡大すべきだと答えました。この結果は、当然
といえば当然ですが、福井県知事とおおい町長のみの「理解」をとりつけて大飯原発を再稼動させようという、野田首相らの再稼動計画を間接的にきびしく批判するものとなってい
ます。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34506.html

  上記のアンケートを裏付けるかのように、小浜市で「住民説明会」が開催されました。ただし、この住民説明会は、広範な市民の参加が予定されては、いませんでした。いわば、
市の中心的なメンバーに対する説明会でした。にもかかわらず、そこでは、再稼動に対する批判的な意見が続出しました。また一歩、福井県知事の同意は困難になったということが
出来ると思います。
http://www.jiji.com/jc/p?id=20120501194041-2506283&n=1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000305-fukui-l18
http://www.j-cast.com/tv/2012/05/02130982.html

  京都府は、大飯原発の当面の再稼動に反対の姿勢を堅持しています。1日に行われた経産省の3回目の説明にも納得しませんでした。同日、「大飯原発再稼動に反対し、山田府知事
を激励する府民の集い」が開かれ、そこで、住民説明会を府に対し要望することが決まりました。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012050100619
http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20120501000134

 今、全国各地で原発再稼動につき住民説明会を求める動きが広がっています。そこで、おおい町の4月26日の説明会の教訓をどう考えるかという点につき、福井の方が(あるいはど
こかの団体が)、私たちの方にメールをくださいませんでしょうか。そうすれば、私たちが、そのメールの内容を全国に知らせます。これから全国的に説明会が広がると思いますか
ら、そういう形で全国の脱原発を願う人の間で教訓を共有していくことが大切だと思うのです。
 私たちが、外から見ていて、今の時点で気になることは以下のとおりです。
▽2時間という時間は短すぎたのではないか、せめて3時間にすべきではないか。
▽保安院の説明が長すぎたのではないか。
▽町民の代理人(弁護士や専門家等)の出席を認めないのはおかしくないか(素人が保安院のプロとやりあうのは困難がある)。
▽質問者に再質問権を与えないと、保安院とつめた議論ができないのではないか。(質問に対する保安院の回答で終わりだと議論にならないということです。これは玄海原発の教訓
です)
▽初めから、最低1回ぐらいの延長を予定しておくべきではないか。
▽説明会の運営につき、市民団体と自治体当局との協議がなされるべきではないか。

 美浜原発の事故のときの放射能拡散予想において、岐阜県の西濃地方において50ミリシーベルトを超えることが明らかになりました。岐阜県の人には、大変なショックではないで
しょうか。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20120502/CK2012050202000034.html

  89歳の瀬戸内寂聴さん、81歳の澤地久枝さんらが、経産省前のハンストに参加されました。本当に頭が下がります。大変なビッグニュースだと思います。多くの人にこのニュース
を広めてください。お願いいたします。
http://mainichi.jp/select/news/20120502k0000e040178000c.html

 自由法曹団滋賀県支部が滋賀県知事に対し、大飯原発の運転再開を認めないようにという要望書を提出しました。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120502/shg12050202030000-n1.htm

 大阪の市民らが、経産相が運転前に関電に渡す「定期検査終了証」の交付差し止めを求めた仮処分事件につき、大阪地裁は、申請を却下しました。まだ、この決定の内容は良く分
かりませんが、
全国で展開されている原発訴訟において、知恵と力を一段と結集
しなければならない状況になってきていることは間違い無いと思います。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20120428-OYT8T00894.htm

★ 清水秀生 さんから:
お世話になっております。
ニュースサイト「Net-IB NEWS(http://www.data-max.co.jp)」にて
「脱原発と再生可能エネルギー」を担当している記者です。

5月13日(日)の母の日に、地下鉄中洲川端駅直結の博多リバレイン内
福岡アジア美術館8Fあじびホールにて映画「第4の革命」上映会を行ないます。

2010年にドイツで13万人を動員。ドイツを変えたと呼ばれるドキュメンタリー映画です。
3.11後には同国内でテレビ放映され大きな反響を呼び、脱原発へと世論を導きました。
建設ラッシュのメガソーラーに関しては、環境問題も指摘されていますが、
上映会後のディスカッションでその辺りも議論できればと考えています。

また、午後2時からは太陽光発電システムのワークショップも行います。
お気軽にご参加いただければと思います。
■Touch and Switch @ Fukuoka
<日 時>
5月13日(日)午前10時より 第1部(午前10時30分から)映画『第4の革命』上映
第2部(午後2時から)太陽光発電システムワークショップ
<場 所>福岡アジア美術館8F あじびホール <料 金>2,000円(18歳以下は1,000円、3歳まで無料)
<申し込み>
下記アドレスにタイトルを「5月13日予約」として、「お名前」「人数」「電話番号」
「太陽光発電システム購入の有無(42,800円)」を明記のうえ、送信してください。(当日券もございます)
予約アドレス:yoyaku.fukuoka at gmail.com
■参考リンク
これを観ずにエネルギーシフトが語れるか〜『第4の革命』上映会は5月13日(日)
http://www.data-max.co.jp/2012/05/02/13_172492_dm1739_1.html

●○●○○−−−−−−−−−−−●○●○●○

★ 残る一基、5月5日北海道電力泊3号機が定期検査。
  各地の再稼働阻止で全原発54基停止 祝!★

福岡★原発ゼロキャンペーン
 と き:5月5日 こどもの日(土)13:00〜14:00
 ところ:福岡市天神コア前 地図 http://tinyurl.com/25sgvgm
 アピール:こどもの未来のためにも 原発ゼロを
      電気は足りてる
 呼びかけ・主催:さよなら原発!福岡
   原発とめよう!九電本店前ひろば

★   核なき未来は今、ここから
    GOODBYE NUKES
     さよなら原発! 5・27 佐賀集会 
日 時: 2012年5月27日(日)
              13:30 集会開始
        14:30 デモ出発
集合場所: どんどんどんの森公園 佐賀県佐賀市天神3−2
主  催:『さよなら原発! 5・27佐賀集会』実行委員会 
      ★ 賛同者を募集しています ★
    ホームページ http://bye-nukes.com/saga/ 
27日当日、 福岡市内発、貸切バスをチャーターする予定です。
    申し込み希望者は メールアドレス 0311.fukuoka at gmail.com
<Twitter フェイスブック ミクシー メール、ブログなどで広めてください。>

★ 原発労働者・梅田さんの第一回口頭弁論期日
  5月9日(水)福岡地方裁判所地図: http://bit.ly/qSdpTo 地下鉄赤坂駅から徒歩5分)
     門前集会:10:30 
     入廷行動:10:45 (301号大法廷) 
     裁判開始:11:00
   梅田さんご本人と弁護士1名の意見陳述
   報告集会兼記者会見: 11:30〜13:00ころまで
         (裁判所内 福岡県弁護士会館)

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
   ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内