[CML 016795] IK原発重要情報(115)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 5月 2日 (水) 16:39:14 JST


 IK原発重要情報(115) [2012年5月2日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――
小浜市 京都府 岐阜 寂聴さんら 自由法曹団 大阪地裁

 福井新聞社が、福井県の17市長にアンケートを行った結果、17市長のうち9市長が、同意に必要な「地元」の範囲を立地自治体以外に拡大すべきだと答えました。この結果は、当然といえば当然ですが、福井県知事とおおい町長のみの「理解」をとりつけて大飯原発を再稼動させようという、野田首相らの再稼動計画を間接的にきびしく批判するものとなっています。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34506.html

  上記のアンケートを裏付けるかのように、小浜市で「住民説明会」が開催されました。ただし、この住民説明会は、広範な市民の参加が予定されては、いませんでした。いわば、市の中心的なメンバーに対する説明会でした。にもかかわらず、そこでは、再稼動に対する批判的な意見が続出しました。また一歩、福井県知事の同意は困難になったということが出来ると思います。
http://www.jiji.com/jc/p?id=20120501194041-2506283&n=1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000305-fukui-l18
http://www.j-cast.com/tv/2012/05/02130982.html

  京都府は、大飯原発の当面の再稼動に反対の姿勢を堅持しています。1日に行われた経産省の3回目の説明にも納得しませんでした。同日、「大飯原発再稼動に反対し、山田府知事を激励する府民の集い」が開かれ、そこで、住民説明会を府に対し要望することが決まりました。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012050100619
http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20120501000134

 今、全国各地で原発再稼動につき住民説明会を求める動きが広がっています。そこで、おおい町の4月26日の説明会の教訓をどう考えるかという点につき、福井の方が(あるいはどこかの団体が)、私たちの方にメールをくださいませんでしょうか。そうすれば、私たちが、そのメールの内容を全国に知らせます。これから全国的に説明会が広がると思いますから、そういう形で全国の脱原発を願う人の間で教訓を共有していくことが大切だと思うのです。
 私たちが、外から見ていて、今の時点で気になることは以下のとおりです。
▽2時間という時間は短すぎたのではないか、せめて3時間にすべきではないか。
▽保安院の説明が長すぎたのではないか。
▽町民の代理人(弁護士や専門家等)の出席を認めないのはおかしくないか(素人が保安院のプロとやりあうのは困難がある)。
▽質問者に再質問権を与えないと、保安院とつめた議論ができないのではないか。(質問に対する保安院の回答で終わりだと議論にならないということです。これは玄海原発の教訓です)
▽初めから、最低1回ぐらいの延長を予定しておくべきではないか。
▽説明会の運営につき、市民団体と自治体当局との協議がなされるべきではないか。

 美浜原発の事故のときの放射能拡散予想において、岐阜県の西濃地方において50ミリシーベルトを超えることが明らかになりました。岐阜県の人には、大変なショックではないでしょうか。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20120502/CK2012050202000034.html

  89歳の瀬戸内寂聴さん、81歳の澤地久枝さんらが、経産省前のハンストに参加されました。本当に頭が下がります。大変なビッグニュースだと思います。多くの人にこのニュースを広めてください。お願いいたします。
http://mainichi.jp/select/news/20120502k0000e040178000c.html

 自由法曹団滋賀県支部が滋賀県知事に対し、大飯原発の運転再開を認めないようにという要望書を提出しました。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120502/shg12050202030000-n1.htm

 大阪の市民らが、経産相が運転前に関電に渡す「定期検査終了証」の交付差し止めを求めた仮処分事件につき、大阪地裁は、申請を却下しました。まだ、この決定の内容は良く分かりませんが、
全国で展開されている原発訴訟において、知恵と力を一段と結集
しなければならない状況になってきていることは間違い無いと思います。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20120428-OYT8T00894.htm

――――――――――――――――――――――――――――
                        以上








 
 



CML メーリングリストの案内