[CML 016777] 広河隆一 チェルノブイリ・フクシマ写真展(5/5・6)(大阪)

MASUDA Tetsuya masuda at osaka.email.ne.jp
2012年 5月 2日 (水) 01:50:35 JST


大阪の増田です。
フォトジャーナリスト広河隆一 チェルノブイリ・フクシマ写真展(5/5・6)
の紹介です。

美浜の会HPより
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 [フォトジャーナリスト広河隆一 チェルノブイリ・フクシマ写真展(5/5・6)]
──────────────────────────────────────

チェルノブイリ事故から26年、そして、原発ゼロの日に
福島原発事故と大飯原発再稼働を見つめなおそう
フォトジャーナリスト広河隆一 チェルノブイリ・フクシマ写真展

 5月5日、現在唯一動いている北海道の泊原発3号機が停止し、わたしたちは、原
発ゼロという歴史的な日を迎えることとなります。また、今から26年前の4月26
日に起こったチェルノブイリ原発事故は、事故と放射能の恐ろしさを私たちに教えて
います。フォトジャーナリストの広河隆一さんは、チェルノブイリ事故の実態を通し
て、原子力の問題を鋭く告発し続けてきました。チェルノブイリから26年、そして
、原発ゼロの日に、広河隆一さんの写真展を開催します。
 福島事故から1年あまりが経過しましたが、収束の糸口すら見えない状況です。事
故原因の究明もまったく進んでいません。多くの住民は、「除染」の名の下に汚染の
中にとめおかれています。将来への不安に悩み苦しみながら、いわれなき被曝を受け
入れ生きることを余儀なくされています。一方、政府は、福井県若狭にある大飯原発
3・4号機の運転再開を急いでいます。法的根拠のない「政治判断」だけで再稼働を
強行しようとしています。このまま、大飯原発の再稼働を認めてもよいのでしょうか
。さらにこの上、若狭で、ふたたび重大事故が起こったらどうなるでしょうか。
  チェルノブイリに加え、広河さんが、福島現地で撮り続けた写真も多数展示しま
す。また、再稼働問題を中心に作成したパネルも展示します。
 写真と展示をご覧いただき、福島原発事故と大飯原発再稼働の問題を一緒に、あら
ためて見つめなおす機会にしたいと考えます。ご来場をお待ちしております。


 日 時: ◇5月5日(土) 12:00〜19:00     
      ◇5月6日(日) 10:00〜16:30

 場 所:エル・おおさか ギャラリー2 (9階)
   (地下鉄谷町線・京阪「天満橋」下車8分)

 入場料:300円

 主 催:美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
(12/04/27UP )

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama




CML メーリングリストの案内