[CML 016080] 季刊「戦争責任研究」75号が発行されました。

戦争責任資料センター cxm00507 at nifty.com
2012年 3月 31日 (土) 23:52:11 JST


くすのきです。

季刊誌3月号を20日に発行しました。目次をお知らせします。
資料紹介は、中曽根もと首相の海軍経理将校時の慰安所つくり です。
高知の平和資料館からの報告です。

附録誌「レッツ」では、前田さん、壱壱花さん、そして過日の田中泉さん
からの「バンダジェフスキー博士院内講演会から」を収載させてもらって
います。

会員になって、センターを支えてください。

-----------------ーーーーーーーーーーーーーーーー

<転送歓迎>

                                 2012−3
季刊「戦争責任研究」75号が発行されました。
                           
                                   日本の戦争責任資料センター事務局

 日本の戦争責任資料センターではこのほど『季刊・戦争責任研究』75号を発行しま
した。付録にボランティアパンフレット「レッツ」がありますので、併せて目次をお知
らせします。
 ぜひ会員になってセンターの活動を支えてください。


       ******** 目次のご案内 ************


<特集 「慰安婦」・軍隊と性暴力の最新の研究を読む(2)>

 『20年目の水曜日』……………………………………………………川田文子
      
 
 「植民地公娼制度」・女性の家族外就労と「慰安婦」問題 
      ー早川紀代『戦争・暴力と女性3 植民地と戦争責任』からー 
                      ………………………小野沢あかね 


 『ナショナリズムの狭間から』を読んで ……………………………上杉聰

  フェミニズムの射程  
     −宋連玉『脱帝国のフェミニズムを求めて
               朝鮮女性と植民地主義』をよむー
                    ……………………………早川紀代    
 
  

  ーーーーーーーーー以上特集です。−−−−−−−−


「極東国際軍事裁判記念館」設立について   …………………………春日恒男 
       

新聞の戦後責任
    一般戦災者援護に関する論調の軌跡(上) ………………  池谷好治  

「戦時性的強制」被害者、韓国憲法裁判所で勝訴
    −2011年8月30日決定の意義と日韓関係の未来 
                        ………………… 戸塚悦郎

米軍接収資料の返還と731・細菌戦資料の行方(下 )…………… 近藤昭二

新たな段階を迎えた細菌戦研究
 −「金子順一論文」が明かす「ホ号作戦」の実相ー  …………… 波多野澄雄

<資料紹介>
 タバオ、バリックパパン海軍航空基地 第二設営班慰安所の資料
                        ………………… 藤原義一

<加害の語りと戦後日本社会(3)>
 「棄兵」たちの戦後史(下)
   ー「加害者」である「被害者」としてー  …………石田隆至・張宏波


【連載】歴史観×メディア=ウォッチング No.50 …………… 高嶋伸欣  
    
    2011年度教科書採択結果を総括するーその3−
        「横浜住民方式」の効果と八重山問題


<次号予告 6月刊予定>
 特集   靖国神社問題(仮)
      対独戦犯裁判の研究
      米軍基地と女性の人権
      ほか
          

 ーーーーーー附録ボランティア誌 レッツ75号 ーーーー


時評  ことば、ことば、ことば   …………………………………… 彦坂諦     

東京「君が代」関連裁判 最高裁判決の報告 ……………………………佐藤洋史   

日本軍「慰安婦」問題の解決をめぐる動き……………………………… 花房俊雄    

東ティモール「慰安婦」問題 ………………………………………………古沢希代子   

日韓併合100年以降に残された課題(3)
   連載取材で考えた「歴史直視」の重要性………………………… 大澤文護    
 

オーストラリア人元戦争捕虜に対する初の公式謝罪とその反響(上)   
               ……………………………………足立良子&アンドリュー・マカイ

2011年度 外務省 第2回 米元捕虜招聘報告……………………………… 伊吹 由歌子  

戦争犯罪論ノート(43)原発民衆法廷が始まった…………………………前田朗      

連載3  昭和を生きる(仮題) (2)……………………………………林順       

風刺漫画  維新とは今も昔も天皇制……………………………………… 壱花花 

Net Cafe   バンダジェフスキー博士院内講演会から ………………… 田中泉   

クリップボード他

------------- <戦争責任資料センターのご案内> -----------


 日本の戦争責任センターは、戦争責任の「資料センター」と「祈念館」
の創設を願い1992年に設立されました。
 研究者、弁護士、専門家の立場から歴史と大戦を検証し報告する紀要と
して『季刊・戦争責任研究』を発行しています。
 また戦争責任に無関心ではいられない市民ボランティアが編集する、
付録誌「Let's 」を同時発行しています。

       Let's find out
        Let's think about
        Let's talk about
       Let's do something about
            Japan's War Responsibilities !

 戦争の真実を伝え続けるために、会員になって当資料センターを支えて
ください。一緒に戦争責任の灯を、戦後補償の灯を、さらに高く掲げまし
ょう。

 当戦争責任資料センターの会員要綱の詳細は下記HPをご覧ください。 
会員には一般会員 シルバー会員 学生会員 および維持会員があり、
この4種の会費は以下のようになります。
会員になってセンターを支えてください。

     維持会員     ¥20000 
     一般会員      ¥7000
     シルバー会員    ¥5000 (65才以上)
     学生・院生     ¥4000


会員のお申し込みや季刊誌のご注文は   
             jwrc at mua.biglobe.ne.jp  までどうぞ。

会員のお申し込みがあれば、季刊誌をお送りいたしますので、
「何月から」と明記し、お申し込みください。
『季刊・戦争責任研究』は1部からご注文をお待ちします。
                (この場合、送料をご負担下さい)

 一般書店では「地方出版取次」とお申し出くだされば、1冊¥1020 
でご入手できます。この場合ボランティア誌 「 Let's 」の付録はあ
りません。

 多くの図書館や大学図書館、あるいは女性センターなどの公的機関
での定期購読を希望します。お近くの、あるいは勤務先の図書館など
に購入をおすすめください。

************************************************************

         日本の戦争責任資料センター
Center for Research and Documentation on Japan's War Responsibility
    
        http://space.geocities.jp/japanwarres/

        jwrc at mua.biglobe.ne.jp FAX 03-3204-7477   

*************************************************************




----- Original Message -----
Date: Sat, 31 Mar 2012 23:40:57 +0900 (JST)
From: kusunoki <cxm00507 at nifty.com>
To: 市民のML <cml at list.jca.apc.org>
Subject: [CML 016079] (転載)お花見ウォーク・「フィールドワーク・ガイド」ほか


楠です。

明日の企画の転載です。

ーーーーーーーーーーーー

2012年度連続フィールドワーク
 第1回 お花見ウォーク・「フィールドワーク・ガイド」の道を辿る
  期日 4月1日(日)12時45分集合、13時出発
  集合場所 JR新大久保駅改札口
  コース 人骨問題をテーマに、高麗博物館とwamの間をつなぐ戦跡を歩きます
  参加費 500円
  主催 軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会
  連絡先 080−3157−1858(鳥居) jinkotsu at yahoo.co.jp

 第2回 陸軍の創設と軍陣医学の系譜
  期日 6月10日(日)12時45分集合、13時出発
  集合場所 JR飯田橋駅西口改札口
  コース 旧陸軍軍医学校跡地→靖国神社→軍人会館(九段会館)→しょうけい館
  参加費 500円
  主催・連絡先は前記の通り


731部隊のすべて〜人体実験・細菌戦〜
  日時 4月15日(日)13:30〜16:30
  場所 東京ウィメンズプラザ・ホール(営団地下鉄表参道駅徒歩8分)
  プログラム
  合唱 悪魔の飽食合唱団
  証言 王亦兵(大連・731部隊被害者遺族)
   胡賢忠(浙江省・寧波細菌戦被害者)
   徐万智(湖南省・常徳細菌戦被害者遺族)
   王選(浙江省・嵩山村細菌戦被害者遺族)
  報告 奈須重雄 金子順一論文の意味
  解説 松村高夫(慶応大学)
  挨拶・訴え 金成民(731記念館館長)・周桐(遺棄毒ガス弾敦化事件被害者)
  資料代 1000円
  共催 NPO法人731部隊・細菌戦資料センター(03-3501-5558・一瀬)
     731部隊被害者遺族を支える会(03-5379-2607・大谷)




CML メーリングリストの案内