[CML 016055] IK原発重要情報(89)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 3月 30日 (金) 17:11:51 JST


       IK原発重要情報(89) [2012年3月30日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号 河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

――――――――――――――――――――――――――
京都府知事と滋賀県知事 活断層連動 署名の集約期限など
 
 京都府知事と滋賀県知事が、説明に訪れた保安院に対し、原発再稼動に反対の意思を表示しました。保安院の出鼻をくじく強烈なパンチです。京都府知事と滋賀県知事の勇気ある発言に心から感謝いたします。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120329-OYT8T01175.htm
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20120329-OYT8T01163.htm
枝野経産大臣も、さすがに二人の発言は「重大」と評価せざるを得ませんでした。しかし、原発推進派はあきらめていません。
前原民主党政調会長は、5月5日までに、今後の原発運転再開のスケジュールを明らかにすると豪語しています(5月5日までに運転を再開させる、と語った、というニュースもありますが、それは誤報と思います)。枝野経産大臣が来週、福井に入るという情報もあります。いまこそ、徹底的に打って出て、敵に反撃し、敵を追い詰めるときです。関西はもちろんですが、全国の脱原発を願う人々が、大飯原発の問題は、自分たちの問題として取り組んでいただくよう心から訴えます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000328-yom-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120329-00000123-yom-pol

 活断層の連動、巨大地震問題が、原発の運転再開にとっての大きな問題として浮上してきています。
 若狭湾の活断層の連動問題については、ストレステストでは問題にしなかった保安院が、関西電力の見解を否定し、ついに3連動を認めるにいたりました。しかし、3連動を認めたうえで、関西電力の結論は妥当だと言っているので(奇妙な論理!)、引き続き、きびしい追及が必要だと思います。また、保安院は、活断層の連動問題につき、全国の14の原発にたいし、活断層の連動等の再検討の指示をだしましたので、各地の脱原発運動が協力をいただいている地震学者とともに新たに取り組む必要が出てきています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000074-jij-soci
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012032902000040.html
また、国が見直しを進めている東海・東南海・南海の3連動・地震津波対策で、津波高が最大30メートルとしての検討が進められていることが明らかになりました。その検討結果は伊方原発にも影響がでるのではないか、と言われています。注目が必要です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000533-san-soci

 大飯原発、伊方原発以外にも全国各地で原発運転再開をめぐって様々な動きが展開されています。ネットのいくつかの記事を紹介します。
 まず、大飯原発の動きに左右されるといわれる志賀原発。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20120327301.htm
  泉田新潟県知事が、「政府が運転再開の判断の前提としている『ストレステスト』は気休めでしかなく、何の意味があるのか理解できない」と厳しく批判しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120326/t10013972981000.html
東北電力が東通原発内の断層につき、活断層でない、という見解をまとめています。しかし、一方で、地震の規模想定は困難とも言っているので、よくわかりません。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/dst12032619410021-n1.htm
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/54663281.html(3月28日の記事を見てください)

最後に、会からの重要なお知らせ。
 脱原発の国民投票をめざす会では、脱原発の国民投票を求める国会請願署名に対する賛同を、この3月末を期限に呼びかけていましたが、当面する運転再開問題の関係で、5月末、7月末という形で、7月末まで署名の集約期限を延期することにしました。
 今後とも、なにとぞ御協力をよろしくお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――
                        以上











 



CML メーリングリストの案内