[CML 016044] <テント日誌 3/28(水)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 3月 30日 (金) 08:24:30 JST


<テント日誌 3/28(水)――経産省前テントひろば200日目>
     200日目を迎えたテント 座り込みの椅子も満席に
     今日も続く経産省正門前マイクアピール 

3月28日(水) 今日でテントは200日を迎える。
今日は早朝から暖かな晴天を迎え、歩道を行き交う通行人も寒い頃に比べると格段に多い。年度末のせいでもあるのか、なんとなくせわしない感じも。昼食の頃になると歩道いっぱいに人が溢れ、信号待ちの交差点では集会のときのような状態になるほどだった。
 
 テントへの訪問者も大幅に増え、テントの前の座り込みの椅子も満席状態となった。
午後3時頃から曇り始めると間もなく、空いっぱい薄暗い雲に覆われ、ぽつぽつ雨が降り始める。急いで椅子、展示の飾り華やベニヤ板を片付ける。予報では雷が鳴ると言われていたが、雨はけっこう降り続け、その後夕方からは曇天となった。
 テントではとくに変わった事件もなく、面前外務省の桜が一輪咲いていた。

 テント200日目ということであったが、その感慨に浸るよりは、目前の大飯原発再稼動をめぐる動きと闘いにみんなの意識は集中している。4閣僚会議はいつ頃だとか、世論調査でも再稼動反対は6割近いのに、それを敵にまわすのかとか、滋賀・京都の自治体へと広がる大飯原発再稼動反対の動きとか、さらには先日来テントで囁かれているハンスト闘争をどうするかとか、話題はぐるぐる回っていく。
 ともかく、大飯原発再稼動を阻止し、5/5全原発停止を実現する、というこれからの1ヶ月あまりの課題に、テントの全精力を傾注するという気運は高まっている。
                            (M・T)

★テント全体会議
 3月30日(金) 午後7時〜  スペースたんぽぽ
 ・大飯原発再稼動阻止、5/5全原発停止実現へ、1ヶ月あまりのテントの方
  ・テント組織体制整備について(運営委員・運営委員会・全体会議の再確定等)
 是非、たくさんの人の参加を!今、多くの創意が求められています。




CML メーリングリストの案内