[CML 015968] <テント日誌 3/24(土)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 3月 26日 (月) 11:41:51 JST


<テント日誌 3/24(土)――経産省前テントひろば196日>
   もうすぐ原発0稼働  勝ってかぶとの緒を締めよ
   3・24一万人超の行動 テントビラは飛ぶように人々の手に

 一千万人署名達成祈願、日比谷集会。小雨模様の中「テントひろば」のビラをみんなでまく。このデザインこの群像諸人物配っていても、ユニークで強く、誇らしい。野音入り口で、呉越同舟のビラ配り。しかし、脱原発・反原発以外の集会破壊分子は、公安関係のみか。
 「今日、右翼くるよ」と公安に囁かれていたので、ビラ配りの後、テントへ戻ろうと思ったところ、「走れ! コウタロウ!」が聞こえてきた。一目だけでもあの歌手を見ておこうと会場に入り、そうこうしているうちに、たんぽぽ舎で活躍中のTさんにお会いし、いつものごとく、ご教授いただく。
 「みんなが目を背ける原子力ホロコースト論なんだけど、同志というよりは先輩がいないわけではないようなんです」「肥田舜太郎さんの一番新しい新書に、事故ならずとも、北海道・沖縄の一部を除いて、放射能被ばくによる障害、疾患者の発生率は、原発周辺で多いことは、否定できない、と書いてありますよ」「放射線や電磁波と遺伝子の関係、ちゃんと知りたいです」「アメリカの遺伝子組み換え企業の海外進出の危険性も誰かにスペースたんぽぽでやってもらわなくちゃならんかね?」などなど話しているうちに、気がついたら、デモに出てしまっていた。

[別の声]その間、デモの出発を待つ市民団体の隊列にテントのビラを4人でまく。ビラを受け取る手が次々と出てきて飛ぶようにまけていく。
一万人を超える規模と聞いても、まだまだと感じるほどに、デモなれしてしまっている。去年の同じ頃、(3・11前)大物のくまさんと同じ場所をあるいていたが、たったの20人くらい。常盤橋での解散集会もそそくさとみんなでテントに帰る。 

[別の声]テントの前では、組合関係のデモが通っていくのに合わせてシュプレヒコールを共にしながらテントのビラをまく。デモ隊の中から次々と手が差し出されてこちらも飛ぶようにまけていく。その後、テントひろばの4日間連続の経産省抗議行動の2日目として、30人ほどで抗議行動。川崎や富山の人もアピール。

経産省本館前で、F代表がストレステスト批判を強い調子で演説中。受付のYさんに「右翼こなかったですか?」「右翼も左翼も邪魔しにこなかったよ」。
 頼まれ仕事をしようとしていると、一通の封筒が届いた。「くまさんへ。U.Mの署名。
合唱曲『悪魔の飽食』にこめること。松村高夫。・・・緩慢な大量虐殺! フクシマにより、人類史はこれまでとはまったく異なる段階=「緩慢なる大量虐殺」の段階に、本格的に(序曲的には広島・長崎でしたが)入ったと考えざるを得ません。・・・ 」U.Mさん、コピーほんとうにありがとうございました。
 それから椎名さん、Yさんの指導で、かんしょ踊りのレッスン。再度、三度と、経産省前抗議行動は、催される。明後日は、テントひろばも共催に名を連ねる、東電前抗議行動へ参加する。そのとき、東電管内の原発は稼働0となる。そして、日々、経産省前抗議行動は、続く。
 責任ある政府代表が、全原発の廃炉宣言をするまで、てぬかりなく、抗議行動を続ける。第2テントでは、集会後の懇親会が夜更けまで開かれた。ぬかるな! ”It had all just begun! ”(Q記)

★『ひろばー全国・全世界から 〜思い・交流・討論・共感〜』
    メール → tentohiroba at gmail.com                 
[このひろばは討論の場でもあります。意見・主張をお寄せ下さい。誠実で真剣な討論は、より深い 共感へと達するものと確信しています。意見交流のために可能ならばメールアドレスを付記してい ただければ・・・との声も届いています。]

◎『原発いらない』Tシャツ、何も考えてない人たちもファッション感覚でみんな着たくなるようなやつつくって売り出したらどうかな!   (S・A)
→神奈川の人達は早くからTシャツアクション(1文字ずつ書いた揃いのTシャツで1列に並ぶとメッセージになる。街中でも簡単にデモンストレーションになる。)とか、「さよなら原発」と書かれた簡単なバッグを作成販売されています。このバッグは大変好評で、とても広がっています。3・10の郡山の会場でも販売されていました。(テント日誌担当者)
◎撤去されそうになったら15分で駆けつけます。twitterで呼んでね。
◎はじめまして。「原発とめよう群馬」メンバーの秋本と申します。明日テントひろばの皆さんに  お会いしたいと思います。何か差し入れをしたいと思いますが、何か必要なものはありますか?
◎【必見】オーストリア・ツヴェンテンドルフ原発・・・一度も稼動しなかったので《内部を360度パノラマで見られる・貴重な映像》オーストリアのツヴェンテンドルフ(Zwentendorf) 原発は1972年にマーク1型沸騰水型原子炉を持つ原子力発電所として建設が開始されましたが、1978年の国民投票で稼動をしないことになり、一度も動かさず。   この原発の内部を詳しく見ることのできるページです 。《後半の方ジャングル必見です》 ・・・
http://zwentendorf.com/Tour_AkwZwentendorf/tour_AKW_Zwentendorf.html( A・Y )
  


CML メーリングリストの案内