[CML 015948] 化学工業日報も「LNG比率急上昇」と書き、原発再稼働を主張

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2012年 3月 25日 (日) 13:16:49 JST


[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

くどいようですが…

化学工業日報も「LNG比率急上昇」と書き、原発再稼働を主張
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/259986735.html

化学工業日報
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2012/03/21-5884.html
高まるLNG発電依存度のリスク

「(2011年の)鉱物性燃料のなかでLNG比率(価格)は、20年前の14・1%から21・9%へ急上昇」と同紙は書いているがいかにも苦しい。20年も前ではなく、10年はどうかといえば、20.05%で11年とほとんど変わらない。

LNG単価の上昇は2009年から:燃料輸入額増分に対するLNG寄与度は2010年も2011年も同じ
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/259652517.html

「2011年の鉱物性燃料の輸入額は21・8兆円、価格高騰で過去最高を記録した08年の27・7兆円に次ぎ2番目である」と書いているのは正しい。

LNGの輸入重量・輸入額・単価の経年変化は次のようになっている。

原発停止で燃料輸入量急増はウソ
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/258776935.html
第27類 鉱物性燃料及び鉱物油並びにこれらの蒸留物、歴青物質並びに鉱物性ろう
http://www.customs.go.jp/tariff/2012_3/data/i201203j_27.htm
天然ガスの9桁番号:271111000
貿易統計 :統計品別推移表 :条件入力 :財務省貿易統計 Trade Statistics of Japan
http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm?M=77&P=0

LNG  トン      1000円     単価
2000  53,689,778  1,405,517,856  26
2001  55,149,302  1,593,919,007  29
2002  53,877,618  1,491,986,081  28
2003  59,129,097  1,695,312,314  29
2004  56,970,663  1,649,795,161  29
2005  58,013,770  1,985,329,027  34
2006  62,189,252  2,659,474,185  43
2007  66,816,304  3,140,266,006  47
2008  69,262,732  4,652,495,060  67
2009  64,552,348  2,827,247,628  44
2010  70,007,810  3,471,846,720  50
2011  78,531,629  4,787,162,723  61

上下はあっても2000年から輸入重量・輸入額・単価すべてが一貫して上昇傾向にある。

同紙はまた、LNGの「増加分は約800万トン」と間違いではないことを書いているが、全体量を示さないと評価できない。実際は、10年が7000万トン、11年が7800万トンで、12.2%増えただけ。10年も09年と比べ8.5%増加している。


太田光征



CML メーリングリストの案内