[CML 015882] 4/11(水)放送ウーマン賞受賞記念シンポ『ポスト311時代のメディアとは〜公共的なメディアを取り戻す作戦会議〜』(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 23日 (金) 05:21:51 JST































紅林進です。
 
下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。、
 
 
====================================
            緊急企画!放送ウーマン賞記念シンポ
   『ポスト311時代のメディアとは〜公共的なメディアを取り戻す作戦会議〜』
====================================
 
311後、既存のメディアは信頼を失ったと言われる。 
しかし、「頑張っている」と言われる独立メディアも、日本ではまだ十分に育って
おらず、影響力はまだまだ小さい。「市民の目線」で「小さな声」を伝えるメディア
を増やし、育て、多様性を失った日本のメディア環境を豊かにするために、今、
私たちは何ができるのか?
OurPlanetTVの代表、白石草がインターネットメディアとして初の「放送ウーマン賞」
 を受賞したことを記念し、緊急シンポジウムを開催します。
 
ものごとの本質を伝え、情報を共有するためには、既存メディアを一方的に批判
するだけでは、現状を打破することはできません。様々な立場が結びあい、新たな
関係を構築することはできないのかー。ポスト311の日本社会を見据え、メディア
の仕組みを作り変えていくために異色の顔ぶれによる作戦会議を決行します!
新しいことが始まります。ぜひご参加ください。
 
<記念講演> 
「メディアをつくる〜小さな声を伝えるために」
白石草(NPO法人OurPlanetTV代表)
 
<シンポジウム>
「ポスト311時代のメディア〜公共的なメディアを取り戻す作戦会議」
◆コーディネータ
野中ともよ(NPO法人ガイア・イニシアティブ)
◆登壇者
アイリーン・美緒子・スミス(環境NGOグリーン・アクション代表)
上野千鶴子(社会学者/NPO法人WAN理事長/東京大学名誉教授)
新山賢ニ(NHK放送副総局長)
白石草(NPO法人OurPlanetTV代表)ほか
 
■日 時 2012年4月11日(水)18:30開場 19:00開演 21:00終了
■会 場 文京シビックセンター小ホール
■交 通 丸の内線後楽園駅/南北線・都営三田線・大江戸線・春日駅徒歩1分
■地 図 http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html 
■定 員 300名
■入場料 1500円 ※「メディアをつくる〜「小さな声」を伝えるために」
             (白石草著 岩波書店)を差し上げます。
              同書をお持ちの方は1000円にて入場できます。
■申し込み方法 メールにてお申し込みください。お電話、FAXでも受け付けています。
(Email:info at ourplanet-tv.org/TEL:03-3296-2720/FAX:03-3296-2730)
■お問い合わせ OurPlanetTV事務局(TEL:03-3296-2720/
                        Email:info at ourplanet-tv.org)




CML メーリングリストの案内