[CML 015879] Re: 神戸児童連続殺傷事件について

trockij at mail.goo.ne.jp trockij at mail.goo.ne.jp
2012年 3月 23日 (金) 02:54:13 JST


萩谷 良さん、はじめまして。

2012/03/21 (Wed) 23:00, "萩谷 良" <liangroo at yahoo.co.jp> wrote:
>  今日(2012年3月21日)、東京新聞夕刊社会面で、1997年に起こった神戸連続児童惨殺事件、いわゆる神戸事件あるいは酒鬼薔薇事件の犯人とされる男性Aから、被害者の一人、山下彩花さんの遺族の方に毎年詫び状が送られていたとの報道がなされています。
>  
>  当時、革マル派を筆頭に、あの事件は少年A(当時)の犯行ではないと主張する冤罪救援運動が起こり、私もそれに参加していましたから、ひとこと述べる必要を感じます。
> 
>  私は、この運動の参加者として、独自にサイトを作りました。
> http://w3sa.netlaputa.com/~gitani/index.htm
> 
>  このサイトで、私は、あの一連の事件のうち、首を切られ、中学校門にさらされた土師淳君の事件についてのみ触れており、他の事件についてはあえて言及していません。山下彩花さんの事件はそのうちのひとつです。
> 
>  というのも、土師淳君の事件と他の児童の殺害は犯行のレベルがちがうからです。
> 山下彩花さんらを殺した手口は、行きずりのやや年長の男の子が思いつきでやってもできるものです。金槌で頭をなぐるようなことは、か弱い女が大の男を相手にしてもできるのではないでしょうか。
>  それに対し、土師淳君の事件は、誘拐、殺害、遺体保存と加工、そして陳列という一連の過程のどれをとっても、普通、大人でも簡単にはできないことばかりですから、複数の成人男性で、冷凍保存施設などの普通にはない施設を自由に使うことが可能で、機動的に素早く行動でき、かつ遺体の加工の仕方からみて、そういう作業に慣れた特殊な連中だとみるのが当然です。

わたしも土師淳さん殺害に関して少年Aは無実だと確信していますが、山下彩花さんの事件については、もうひとつの事件がえん罪なのだからこの事件も当然えん罪だろうと思うだけで詳しく調べませんでした。
萩谷良さんは、少年Aが山下彩花さんの事件については犯行にかかわっている可能性があると考えておられるのでしょうか?

野口宏之


CML メーリングリストの案内