[CML 015871] IK原発重要情報(86)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 3月 22日 (木) 17:53:36 JST


        IK原発重要情報(86) [2012年3月22日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――――
政府の陰謀 福井でデモ 斜面の安全性 岐阜市民の試み

 毎日新聞のスクープによると、政府は、大飯原発3、4号機の再稼動問題を説明する自治体を、福井県とおおい町に限定する方向のようです。誠に恥知らずな暴挙です。しかし、これはまだ決まった訳ではありませんし、ある意味では、政府が追い込まれている証明ですから、引き続き宣伝し、追及していく必要があると思います。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120322ddm005040125000c.html

「地元」のおおい町では、きびしい綱引きが続いているようです。おおい町議会は、現状では再稼動を認めないこと、住民に対する直接説明を要求することを確認しています。しかし、一方では、おおい町長の長男が社長を勤める企業が原発工事3億円を受注していた事実も明らかになっています。
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032201001234.html
http://1topi.jp/1/www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012022602000022.html

  新日本婦人の会福井県本部が福井市でデモ行進をしました。
そのデモ参加者の人数を見て、びっくりしました。30人のデモです。大飯原発の再稼動の動きをみて、よほど腹にすえかねたのではないでしょうか。敢然と30人でデモ行進をされた勇気に脱帽です。
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20120322/CK2012032202000150.html

大阪府市のエネルギー戦略会議の委員らが、大飯原発を視察し、安全が確保されていないという見解を明らかにしました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120320/lcl12032022310007-n1.htm

 大飯原発を含めて、原発周辺の斜面の安全が全く確認されていないことがあきらかになりました。ほんとうに信じられないことです。これも、ストレステストにおいては、結論が先にあったからだと思います。長谷川幸洋氏は、テストというものは、テストに合格する者と合格しない者がいてこそなりたつ。今回のストレステストは、始まる前から全員の合格の結論が決まっているのだから、こういうものはテストと言わない、という面白い論理を展開しておられます(『週刊ポスト』3月30日号64頁)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120314-00000505-san-soci
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65796306.html

 私が知らなかったので紹介が遅れてしまいましたが、原発事故を想定し、風船を飛ばして風向を調査した市民たちがいます。福井・若狭銀座の原発事故の恐ろしさがリアルに迫ってきます。非常に貴重な実験だと思います。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20120304/201203041000_16422.shtml
http://rengetushin.at.webry.info/201203/article_14.html

―――――――――――――――――――――――――――
                     以上

 









 

 
 



CML メーリングリストの案内