[CML 015870] 【原発再稼働】保安院が滋賀県に説明へ 原発立地県以外で初⇒京都府でも説明会を!

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 3月 22日 (木) 17:10:49 JST


内富です。再稼動をめぐり動きが急です。京都府へも説明を行わせるよう声をあげましょう。

【原発再稼働】
保安院が滋賀県に説明へ 原発立地県以外で初

2012.3.22 14:36

 枝野幸男経済産業相は22日の参院経済産業委員会で、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、原子力安全・保安院が滋賀県に安全性を説明する方針を明らかにした。

 経産省によると、安全評価(ストレステスト)に関して原発の立地県以外の都道府県に保安院が正式に説明するのは初めてという。枝野経産相は「滋賀県から保安院に安全評価の結果について説明するよう要請を受けている。できるだけ丁寧に説明したい」と述べた。自民党の関口昌一氏への答弁。

 政府は地元の理解を原発再稼働の条件の一つに挙げているが、「地元」の範囲が明確に示されていない。経産相も同委員会で「機械的に線を引いて内側、外側とできるものではない。総合的に政治の責任で判断するしかない」と述べるにとどめた。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120322/trd12032214380011-n1.htm 


経産相 滋賀にテスト結果説明を

3月22日 15時16分

枝野経済産業大臣は、22日に開かれた参議院の経済産業委員会で、関西電力大飯原子力発電所のストレステストについて、地元の福井県だけでなく、隣接する滋賀県にも、結果や評価の内容などについて詳しく説明したいという考えを示しました。

福井県にある大飯原発の3号機と4号機の再稼働を巡っては、政府が理解を求める地元の範囲について、藤村官房長官が、隣接する滋賀県を含めるかどうかについて明確にしなかったのに対し、滋賀県の嘉田知事は疑問を呈しています。

これについて、枝野経済産業大臣は、22日の参議院の経済産業委員会で「機械的に線を引いて、この内側だけでいいとか、この外はいらないとかできる性格のものではなく、総合的に判断して、最終的に政治の責任で判断していくしかないと思っている」と述べました。

そのうえで枝野大臣は「滋賀県からは、原子力安全・保安院に対して、大飯原発の3号機と4号機のストレステストの評価結果について説明をするよう要請を受けている。滋賀県と調整をして、できるだけ丁寧に説明をしていきたい」と述べ、大飯原発のストレステストの結果や評価については、地元の福井県だけでなく、隣接する滋賀県に対しても説明する考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120322/k10013894821000.html
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内