[CML 015851] 3/28(水)セミナー「カーボンオフセットは本当にエコ?」(第二部はドキュメンタリー『忍び寄る原発〜福島の苦悩をベトナムへ送るのか?〜』上映)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 22日 (木) 04:16:02 JST




































紅林進です。
 
国際環境NGOの「FoE Japan」が主催する下記のセミナーのご案内を転載
させていただきます。
 
日本政府は、これだけ深刻な原発事故を起こし、その原因究明さえできて
いないのに、ベトナムやヨルダンなどに原発を輸出しようとしていますが、
このセミナーの第二部では、ベトナムへの原発輸出問題を扱ったドキュ
メンタリー『忍び寄る原発〜福島の苦悩をベトナムへ送るのか?〜』の
上映をするとのことです。

 
(以下転載)
《転送大歓迎》****************************
****

セミナー「カーボンオフセットは本当にエコ?」

同時開催!! ドキュメンタリー『忍び寄る原発〜福島の苦悩をベトナムへ
送るのか?〜』上映会

“カーボンオフセット”。地球温暖化防止のため、温室効果ガスの排出分を
相殺できるしくみとしての期待が高まっていますが、多くの場合、私たちは
どこでどのように削減されているのか知りません。

実際は、開発途上国での大規模ダムや単一植林等のオフセット事業により、
環境破壊や人権侵害等の問題が生じている事例も少なくありません。

しかしながら日本政府は、国内で甚大な環境破壊をもたらしら原発をオフ
セット対象にするように働きかけを続けています。

このセミナーでは、オフセット事業の現場にあるさまざまな課題を紹介し、
オフセット事業が本当に温暖化防止に貢献するのか、環境保全に寄与
するのかを考えます。

また、この度、二国間オフセット・クレジット制度(日本独自のオフセット制度)
の対象とされていたベトナムへの原発輸出に関したドキュメンタリーを制作
いたしました。

本セミナーに合わせ、ショートバージョンを初上映させていただきます。

【日 時】2012年3月28日(水) 14:30〜17:00(14:00開場)
【場 所】JICA地球ひろば セミナールーム301  
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

【プログラム】
*プログラム、講演者は一部変更になる可能性があります。

第一部:
1.排出権取引の国際的な議論と日本の戦略
   小野寺ゆうり(FoE Japan気候変動プログラム顧問)
2.REDDプラスへのオフセット導入における懸念点 インドネシア、ラオスの事例から
   三柴淳一(FoE Japan森林担当)
3.ベトナム原発建設に使われる日本資金(二国間クレジット制度化検討対象事業) 
   満田夏花(FoE Japan/メコンウォッチ)

第二部:
ドキュメンタリー上映『忍び寄る原発〜福島の苦悩をベトナムへ送るのか?〜』
      中井信介(映像作家) 
【定 員】60名
【参加費】一般1000円 / サポーター500円
【詳 細】http://www.foejapan.org/climate/doc/evt_120328.html

【申し込み】申し込みフォームよりお申し込みください。

>  <https://www.foejapan.org/event/event_form.html> 申込みフォーム(一般)
>  <https://www.foejapan.org/event/spt_event_form.html> 申込みフォーム
(サポーター)

【お問い合わせ】FoE Japan柳井(yanai at foejapan.org)


CML メーリングリストの案内