[CML 015848] 京都に市民放射能測定所をつくろう!朗報4/6に測定器が届きます。開設資金カンパへの協力をお願いします。

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 3月 21日 (水) 20:13:19 JST


「京都に市民放射能測定所をつくろう!朗報4/6に測定器が届きます。開設資金カンパへの協力をお願いします」


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


市民自らが放射能の測定を行い、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していく、

内部被曝を防護することを目的とした、食品測定を柱にした、

市民放射能測定所を

京都につくる運動が今取り組まれています。

(※岩波書店の月刊誌「世界」
http://www.iwanami.co.jp/sekai/
の
4月号
の

ルポ 放射線防護に市民と科学者が立ち上がった
守田敏也さん
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2012/04/147.html

の中でも、
この京都での市民放射能測定所設立について取材報告されています。
ぜひお読みください)


その開設に向けた
300万円募金運動が取り組まれています。

内訳は、
測定器の購入で
約160万円、
測定所整備費(プリンター・作業台・ロッカーなどの備品購入費)と半年程度のランニングコストとして
140万円
です。


この市民測定所開設資金カンパへ
ぜひご協力と
より多くの人に広げていただきますよう。よろしくお願いします。


<開設資金カンパの振込先>

郵便振替口座 00990-8-147255 京都市民測定所

ゆうちょ銀行 14440-6770961 京都市民測定所
 他銀行からの振り込みの場合
  店名 四四八(ヨンヨンハチ) 店番448 普通預金 0677096 京都市民測定所

京都銀行小倉支店
普通 3764368 京都市民測定所 代表 奥森祥陽


※5000円以上カンパいただいた方は、1検体無料測定券を贈呈します。


あわせて

この京都の市民放射能所の活動を継続して支えるために、会員も募集しています。
詳しくは
市民測定所開設カンパ&会員募集チラシ 
 2012年 12月 29日

http://crmskyoto.exblog.jp/17580275/

を参照ください。



☆朗報です。☆

下記Q&A
にもあるように

 京都・市民測定所の開設時期は測定器の納期の関係で2012年5月か6月の予定でしたが

放射能測定器が
4/6金曜日に届く
ことになりました。

届いたら、早速、実習を重ね、

当初の予定より1ヶ月ほど早く
5月に測定所を開所し
食品の測定を開始できることになりました。
このことは、
うれしいことですが、

そのため、
募金活動も1ヶ月早くなります。

3/18の開設準備会ミーティングで
現在募金が約100万円と確認できました。

測定器の受け取りのためには、
代金約160万円を
3月末までに払う必要があります。
あと約60万円です。

そして、5月の
測定所開所までに
ランニングコストとしての140万円
をなんとかやりとげてゆく。


ぜひこの
京都に市民放射能測定所をつくる募金活動へのご協力をよろしくお願いします。

そしてぜひこの募金活動のよびかけをより多くの人たちに伝えてください。
よろしくお願いします。

また、
この市民放射能測定所活動のスタッフを大募集しています。
測定器の実習に参加し、測定技術を向上させ測定を行っていくほか、
さまざまな形での協力、参加で
この活動を大きく広げていだけますようよろしくお願いします。
ぜひご連絡ください。
〈連絡先〉
京都・市民測定所設立委員会 (代表 奥森祥陽)
〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
 北川コンサイスビル203号
TEL 090-8232-1664FAX 0774-21-1798
Eメール 
rentai at s3.dion.ne.jp




京都市民測定所設立委員会暫定ブログ
http://crmskyoto.exblog.jp/

より

【呼びかけ】京都に市民放射能測定所をつくろう!
2012年 12月 31日 

http://crmskyoto.exblog.jp/17450439/


●京都に市民放射能測定所をつくろう!
 東京電力・福島原発事故(人災)による放射能汚染は広範囲に広がっており、
私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。
最近の研究によると、原発事故により放出されたセシウム137は西日本にも沈着している可能性があると発表されています。
 放射能に汚染された震災がれきの受け入れは、放射能汚染を全国にひろげるものでしかありません。
 今、日本全国に「暫定基準値以下」の汚染食品が流通し、大人も子どもも内部被曝を強いられています。
多くの地方自治体では、学校や保育所の給食食材すら検査していません。
 こうした状況の中で、市民自らが放射能の測定を行い、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要になっています。
私たちは、そのための「ツール」として市民放射能測定所の設立をめざします。
 今、福島をはじめ全国各地で市民放射能測定所を設立する動きが広がっています。
こうした取り組みが、「すべての食品の放射能測定と公表」という大きな目標を実現していく力になると確信しています。
+++++++++++++++++++++++++++++
京都・市民測定所設立委員会 (代表 奥森祥陽)
〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
 北川コンサイスビル203号
TEL 090-8232-1664
FAX 0774-21-1798
Eメール 
rentai at s3.dion.ne.jp
+++++++++++++++++++++++++++++


京都・市民測定所の開設にむけたQ&A 

 2012年 12月 31日 
京都・市民測定所の開設にむけたQ&A(第1次)
 2011年12月26日 作成

http://crmskyoto.exblog.jp/17450342/


関連して
市民放射能測定所
のホームページ
http://www.crms-jpn.com/

もご覧ください。 


京都市民測定所設立委員会暫定ブログ
http://crmskyoto.exblog.jp/
もぜひご覧ください。


菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)



CML メーリングリストの案内