[CML 015843] 大阪朝鮮学園コメント(3月19日付け)

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 3月 21日 (水) 14:31:26 JST


前田 朗です。

3月21日

転送です。

******************************



以下朝鮮学園コメント(3月19日付け)


一部の報道によると、「大阪府は19日、府内で朝鮮初中級学校を運 営する『大
阪朝鮮学園』に対し、今年度の運営補助金約8100万円(8校分)を支給しないこと
を決め た。」と伝えられた。

その理由として大阪府は、学園が説明義務を誠実に果たしていないとしているよ
うだが、学園は担当部局を通じて説明責任を十 分果たしてきたし、できる限り
誠実な対応を行ってきた。

そもそも学園は、大阪府が提起した「4要件」に沿った「ガバナンス の基本方
針」を昨年3月に明らかにし、大阪府もその事を認め2010年度分の補助 金を交
付した。

にもかかわらず今回大阪府が、説明不足、対応不誠実などと責任 を一方的に学
園側に転嫁する形で、補助金交付を停止するのは極めて政治的な意図を持った動
きとして厳しく非難されるべきであり、民族教育に対する明確な政 治干渉であ
ると言わざるを得ない。

ま た、大阪府が一部の新聞報道などを根拠に、学園に対して「あら捜し」のご
とく詳細な説明や文書提出などを執拗に求めること、特定の報道機関や政治家の
思惑 に振り回されて、朝鮮学園のみに過度な要求をすること自体が、学園の自
主性を踏みにじる由々しき事であり、甚だ遺憾なことである。

よって大阪朝鮮学園は、民族教育に対するこれ以上の不当な干渉を受け入れるこ
とは出来ないことを明言するとともに、今後大 阪府が行政機関としての公明正
大、且つ公平な態度で交渉に取り組むことを切に望む ものである。

2012年3月19日  
学校法人大阪朝鮮学園理事会



CML メーリングリストの案内