[CML 015814] Fw: [脱原発・埼玉:2114] ついに電気を止めにきた東電

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2012年 3月 20日 (火) 15:12:02 JST


大畑豊です。


原発反対の意思表示をして、去年から口座引落しから振込みに変更をして、
コンビニ振込にしてますが、前回からはコンビニ振込もやめ、
【ゆうちょATM振込】にしてます。

これですと、振込みのときの金額確認画面で「訂正」という項目があり、振込金
額が直せることを発見!

基本的には原発分は払わない・・・ですが、最近報道等でそれ以外にも「納得で
きない」経費が電気代には加算されているのがわかってきましたし、東電の不誠
実な事故・賠償対応をみるにつけ、素直に電気代を払う気には到底なれません。

ささやかな抵抗・抗議として、、額の一部だけ
を払い、残金は電気が止められるギリギリでの支払いにしてます。


ちなみに、電気不買・不払い運動の歴史は1928年までさかのぼり、当時全国的に
展開されましたが、その富山県での声明には

「不払いは会社の反省を促す唯一の手段たるものである」
とあります。

戦後では1970年代、参議院議員(当時)市川房枝さん電力業界への政治献金反対
運動「1円不払い」と同時期に行なわれた電気代値上げ反対運動があります。こ
のときには値上げ前の旧料金で払う、という運動が展開され、裁判闘争にもなり
ました。
今回、埼玉・川口商工会議所はこの方法でやるようですね。

市川房枝さんのこの活動については:

【日経ビジネスオンライン】
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120309/229652/?mlp&rt=nocnt
> 東電の値上げを止められる政治家の力
> 市川房枝の「1円不払い運動」に思う
> 2012年3月14日(水)
に詳しいです。お薦めです。
(『東電帝国 その失敗の本質』(文春新書)でも触れられています)

ということで、次回からは市川房枝さんに敬意を表して、「1円不払い」にしよ
うと思います。これなら延滞利息もつかないでしょうし。


ところで、東電は予想外に電気止めにくるの素早かったです。
3ヶ月は止めに来ないよ、なんて情報を聞いていたので意外でした。

いつもは振込の最終期限(検針日から50日)にコンビニ振込みしてたのですが、
うっかり一日過ぎてしまい、しかも上記のように郵貯ATMでしたのですが、そ
の翌日、つまり、最終期限から2日目には止めに来ました。(ちなみに郵貯は相
手方に振込通知がいくまで3営業日かかるそうです)

そのときの顛末「ついに電気を止めにきた東電」については下記ブログをお読み
ください。
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/


なくそう原発、滞納・不払いしよう電気代!
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20120217/1329440394
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/files/tainou_bira.pdf




CML メーリングリストの案内