[CML 015808] 【東京新聞 特報】「がれき処理なぜ進まない お役所仕事が原因?」「陸前高田市長、県に提案 専用焼却炉門前払い」+【未確認情報】 「ガレキ処理能力のないゼネコンが事業を引き受けている」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 3月 20日 (火) 10:37:59 JST


このMLでも話題になった陸前高田市長に対する東京新聞のインタビュー記事です。

【東京新聞 特報】

がれき処理なぜ進まない お役所仕事が原因?

2012年3月20日

 東日本大震災で発生したがれきの処理が遅れている原因は、環境省や県の「お役所仕事」にある可能性が浮上した。焼却炉の新設を求める陸前高田市の申し出を岩手県が“門前払い”にしていたのだ。野田政権は、がれきを全国の自治体で受け入れる「広域処理」に血道を上げているが、被災地での処理体制を見直すのが先決ではないか。 (佐藤圭)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012032002000067.html

ネット上ではこのリード部分しか読めないので、こうして写真をアップしていただけると大変助かります!


以下、フェイスブックに入っている人しか見えないかもしれませんが。

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=395788863783002&set=a.100134673348424.71.100000556741425&type=1&theater


「国は現実見て手立てを講じて」

「(陸前高田市は地域内で全部処理するが)他に困っている被災地が沢山ある。広域処理には賛成だが、広域分は宮城県で全体の2割、岩手県で1割。広域処理が進んだからといって一気に解決されるという話ではない。国は被災地の現実をしっかり見て、あらゆる手だてを講じてほしい」


以下は、未確認情報ですが、なぜガレキ処理が進まないのかという問題について「ガレキ処理能力のないゼネコンが事業を引き受けている」という指摘も出てきています。

なぜガレキ処理が進まないか:宮城の産廃業者の話なぜガレキ処理が進まないのか。広域処理を各自治体が拒んでいるからなのか? それとも他に理由があるのか。
宮城の産廃業者の話をツイートしたものを収録しました。
ガレキ処理能力のないゼネコンが事業を引き受けている、自治体担当者がガレキ処理の法律に明るくない、など数々の問題が浮かんできています。 
http://togetter.com/li/260734
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内