[CML 015787] 3/20(火・休)「イラクと福島―佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う」(イラク戦争から9年、原発事故から1年 シンポジウム)(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 19日 (月) 06:15:56 JST





























































紅林進です。
 
イラク戦争開戦から9年目を迎えます明日3月20日(火・休日)、
明治大学リバティタワーで開催されます「イラク戦争の検証を
求めるネットワーク 」主催の下記シンポジウムのご案内を転載
させていただきます。
 
 
(以下転載)
 
イラク戦争から9年、原発事故から1年 シンポジウム
「イラクと福島―佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う」 
 




パネラー 佐藤栄佐久・元福島県知事  「唯一、イラク戦争に反対した県」
基調講演 高橋和夫・国際政治学者 「イラク戦争とイラク、イラン、シリアを
中心としたこれからの中東情勢」  
佐藤真紀・日本イラク医療支援ネットワーク 「劣化ウランの放射能から
イラクの子ども達を守る」  
志葉玲・イラク戦争の検証をもとめるネットワーク  「イラク戦争の検証に
ついて」          
日時:3月20日(祝)午後2時〜4:30 
場所:明治大学リバティタワー12F 1123教室 (御茶ノ水駅下車) 

アクセスマップhttp://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html 
キャンパスマップhttp://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
定員:168名 
参加費:500円(+カンパ歓迎) 
主催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク 
共催:社会思想史研究会、市民社会フォーラム
 
3月20日は、イラク戦争開戦から9年目を迎えます。 
 日本政府は、米国のイラク攻撃を支持することは、日本の国益にかなうと
断言しました。その結果、10万人以上の市民が殺され、400万人以上が家を
追われ、避難しました。
 そのようなイラク攻撃を平和憲法を持つ日本が支持することは出来ないと、
開戦前に国に意見書を提出した唯一の県がありました。それが福島です。
 そして、3.11の東日本大震災が起こり原発事故が起こりました。それでも国
は、国益にかなうとして、原子力発電を継続しようとしています。福島では何
もなかったように、切り捨てられていくのでしょうか?
 イラク戦争の検証を求めるネットワークでは、元福島県知事の佐藤栄佐久氏
をお招きして、国策を問います。また、国際政治学者の高橋和夫氏には、現在
の中東情勢を解説していただき、イラクを含め、日本の外交政策を考えます。


CML メーリングリストの案内