[CML 015750] 【報告】第333目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 3月 18日 (日) 07:46:34 JST


青柳行信です。3月18日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第333日目報告☆
 呼びかけ人(4月20日座り込みから3月17日現在総数2092名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<3月26日東京電力の柏崎刈羽原発6号機、
 4、5月頃に北海道電力泊3号機が定期検査。再稼働阻止で全原発54基停止>祝!

★ 横田つとむ さんから:
青柳 様
夕べはかなり強い風が吹いていました。
今朝の天気予報で 春一番が吹いた と言っていました。
これから 日増しに暖かくなっていくのでしょうね。

今日はブログに大阪市の『思想調査』の話しを載せました。
ほんとうに 危ない世の中になりそうです。
大阪の思想調査の問題と、昨日テント村に警察や市の職員が来たことは
根本は同じだと思いました。

言いたいことが言えなくなる時代に戻してはいけないと思います。
みんなで声を上げなければいけない問題です。
あんくるトム工房
大阪の問題は 民主主義の問題   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1760

★ 秋本裕恵 さんから:
こんにちは。お疲れ様です。
いつもメール配信ありがとうございます。
  九電「お客さまとの対話の会」に疑問の声〜郷原弁護士「意味がない」
 > http://www.data-max.co.jp/2012/03/16/post_16439_dm1739.html
を見させて頂きました郷原氏が仰っているように、格好だけの「対話の会」が続 
く限り、
電気利用者との溝が埋まるとは到底思えない 全くやらせメールの件と言い、懲 
りない九電と感じました。
再稼働も玄海町長と周辺とだけでコソコソ進めているように感じます。
再稼働してもしもの事があった時、玄海町だけの問題ではないはずですよね。
全国にある原発は未だに「安心・安全」がついてまわってます、しかも「強化さ 
れ」を加えて。
国民に納得いく、理解できる程の説明も何も果たすことせず、あり得ない事ばか 
りです。
  瓦礫も同じ。今急速に各自治体が生き返ったように「受け入れ」表明したり、
前向きに考えている等そんな事言う前に国民(住民)と話し合う、充分な説明会 
を開く、というのが筋なのでは。
瓦礫受け入れも65%が反対とか・・賛否両論あるのはもちろんの事、
もっと多くの方が真実を知って原発問題に関わって欲しいデスね。
その為にも東北の方々にもっと公の場で思いを伝えて頂けたらと思います。
これこそ、マスコミが関わっていかないといけない事なんでしょうけど!

★ いのうえしんぢ さんから:
直前のおしらせになってしまいますが…
福岡サウンドデモ裁判の第3回公判のおしらせをさせてください。

今回は憲法学者の意見書に加えて、憲法と表現の自由について、
サウンドデモとは何かを陳述します。
ド平日の月曜日の午前中ですが…傍聴をよろしくお願いします!
たくさん参加していただいて、日本初の脱原発サウンドデモ裁判
をみなさんでガンガン盛り上げて世論を作っていきたいと思って
います。
+++++++++ 福岡サウンドデモ裁判 第3回公判 ++++++++++++
2012年3月19日(月)
午前10:30 事前アピール(裁判所前)
午前11:00 福岡地裁301号法廷です。
福岡地方裁判所
〒810-8653福岡市中央区城内1-1(地下鉄赤坂駅から徒歩5分)
Tel.092-781-3141
地図 http://bit.ly/qSdpTo

この裁判は、5月8日での脱原発サウンドデモが福岡中央署から
妨害された事件を争う国家賠償訴訟です。
トラックの荷台に音楽機材とDJを載せてデモをするという道路
使用許可申請をキッチリ出して許可書が出されていたにも関わ
らず、いざ出発しようとする時、交通課警官が目の前に立ちは
だかり「走らせることは出来ない」と妨害してデモ隊列を混乱
させたことから、このサウンドデモ裁判をおこしました。
↓福岡サウンドデモ裁判ブログ
http://demosaiban.blog.fc2.com/

★ 吉田典子 さんから:
『一度、パレードの全体を見渡してみたいもんだなぁ』
…という訳で、今回、私はパレードの外を、ウロチョロしていたんですが…。
中央区の『菜の花の君』
道行く人に積極的に話し掛けて、パレードに誘う意欲、大変グッドでございました。
私は心の中で『キャッ!美人のおネエさん(人妻だったら、スミマセン)にナンパ 
されちゃった!』と喜んでいたんですが…。
隠密同心(?)してましたもんで「実は、お仲間でして…」と言えませんで…。
私を覚えておいででしたら、次のパレードではコッソリ、ウインクでもして下さ 
いませ。
着物きて赤い靴はいてた『後ろ姿の君』
もしかして『CLAMPもこなのオキモノキモノ』読んだ?
あれ、いいよね♪
次のパレードでも、オキモノキモノファッション、期待してまーす!
大変地味なのに、一等目立ってた、袈裟姿のお坊様。
どちらのお山で修行なさった方でしょう?
…と尋ねても『ゴーストハント』の高野山くらいしか、パッとは思いつかない私 
ですが…。
3.11は2万人近い方々のお命日でもありましたね。
だから、お坊様がパレードに参加して下さってるの見た時は、個人的に嬉しかっ 
たです。
私は、典型的日本人で『取り敢えず何にでも手を合わせておこう』という人。
無宿者ならぬ無宗教者ですが、逝った人が大事にされてるの見ると、なぜかホッ 
とします。
パレードに加わった人達は、皆、命を大事に思って行動してます。
どうか次も皆の分まで祈って下さい。
では、皆様、続きは、また後日。

★ ゆういち&マリエ さんから:
青柳さん、皆様、お疲れ様です。
311は行けなくてスミマセンでした。
僕らは、今日から、うきは市の春分祭とさんろく市に来ています。
関東からの退避者仲間が主催しています。
デモや色んな所で出会った顔が集まってます。
もしよかったら、、、
大変なときですが、
もしよかったら、、、 http://sanrokuya.com/
失礼しました。
どうもありがとう
愛してます

★ 崔 勝久 さんから:
ウラン鉱山の実態ーBS1「原子力の残痕」をめぐって
http://www.oklos-che.com/2012/03/blog-post_17.html?spref=fb

東ドイツ、アフリカのナミビア共和国、カナダのウラン鉱山の実態を報道したBS1
の番組に関して仲間のコメントがあり、私はそれにモンゴルのウラン鉱山について
言及しました。みなさん、何か、具体的なアクションを起こしませんか。

★ 木村幸雄 さんから:
原発再稼働で越前市会が反対意見書 大飯原発3、4号で県内市会初
(2012年3月15日午後6時47分)福井新聞より 朗報

 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり、福井県越前市会は15日の議 
会運営委員会で、拙速な再稼働に反対する意見書を19日の本会議最終日に提案 
することを決めた。民主党系や保守系の各会派が賛同しており、可決する見通し。
 同市議会事務局によると、今回の原発再稼働に関して否定的な意見書を可決す 
るのは県内市会で初めてという。

 意見書案では▽東京電力福島第1原発事故の原因について中立的、客観的な立 
場から徹底的な解明を行う▽原発事故を防げなかった責任の所在を明らかにする▽ 
「脱原発」社会への転換を容易にするため、原発立地自治体などへの財政支援を 
図る▽再生可能エネルギーの開発や利用拡大を最大限に加速させる▽原発周辺の地 
震の可能性について徹底的な調査を行う―の5点を求めている。
 嵐等議長は「全議員が拙速な再稼働には不安を抱いている。国は徹底的に原発 
の安全確保に努めるべきだ」と話している。

 大飯3、4号の再稼働をめぐっては、おおい町会は、国から原発事故の知見を 
反映した暫定的な安全基準が提示された場合には、県は速やかに再稼働を判断す 
るよう求めている。原発が立地する敦賀、美浜、高浜の3市町会とともに西川知 
事に要望書を提出する方針。
 越前市会は昨年6月、エネルギー政策の抜本的な見直しなどを政府に求める 
「脱原発」の意見書を全会一致で可決している。

★ 滋賀の中川哲也 さんから:
 皆様
大津市議会へ12月議会に続いて提出していた「大飯原発再稼働反対意見書を求める
請願」は、14日の議会特別委員会で6対5で否決され、さらに本日の本会議で 
も、2
8対9で否決されたが、本会議で下記の意見書が公明党の提案で賛成多数30対 
7(賛
成 公明、自民2会派、共産、みんな、ほか2会派 反対 民主党(市民ネッ 
ト)、ほか1
会派(1人))で、逆転可決されました。
 滋賀県議会(正式には23日の本会議)に続く再稼働反対意見書の実現です。本 
日、官
房長官が記者会見で、滋賀県は当事者かどうか明確にせずと報じられましたが、 
だから
こそこの政治的意味は大変大きいと思います。
 この決議は、滋賀県議会の委員会で可決された決議にそったもので、大津市議 
会特別
委員会で、私たちの請願に賛成した公明党が、滋賀県議会案に沿った意見書を本 
会議で
提案し、それに自民党が乗った形となりました。
 自民党は市議会特別委員会でも、「考え方に若干差異があり、反対の立場で討 
論する
。ストレステストの妥当性が評価され国民の理解が得られるまで稼働すべきでな 
いと考
える。」と県自民党が再稼働反対意見書に賛成したことを受けて、これまでの立 
場を修
正し再稼働すべきでないとしたのに、再稼働反対請願に反対するという苦しい意 
見を表
明していた。
  このことから、ぼぼ同じ(ストレステストの評価は亡くなってはいるが、結論 
は同一)
再稼働反対意見書に委員会で反対し、本会議で賛成したのは、私たちの請願が共 
産党紹
介のものであつたことに対する自民党の拒否感(県議会は公明党が紹介)と、2度 
にわた
る同一の請願者(私たち)に対して、事前要請から断り続けてきたことなどへの彼 
らなり
の整合性やケジメの付け方であった思われる。
 なんにしても、昨年6月時点からの3度目の請願、特に12月からは地域のお 
母さん
方の、全会派への数度の粘り強い要請と、関係委員会や本会議傍聴、数度の対 
市、対県
交渉の力が、公明、自民の態度を呼び起こしたことは確実です。
  以下、可決された意見書全文です。
     ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
福島第一原子力発電所事故の原因究明等がなされていない中での、福井県に立地 
する定
期検査中等の原子力発電所の再稼働を認めないことを求める意見書

 平成23 年3月11 日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故は、水素 
爆発及
び炉心溶融により大量の放射性物質を放出し広範囲に拡散させた。
 現在、国会に東京電力福島原子力発電所事故調査委員会が設置され、事故にか 
かる経
緯及び原因の究明が行われているが、調査結果及び提言の取りまとめは平成24 
年6月
の予定である。
 一方、定期検査中の関西電力大飯原子力発電所3号機及び4号機においては、 
事業者
が実施した発電用原子炉施設の安全性に関する総合的評価について原子力安全・ 
保安院
が審査し妥当との評価を行い、現在、原子力安全委員会がその審査結果を確認し 
ている
ところである。
 大津市は、福井県の14 基の原子力発電所からわずか30 数km 地点に位置して 
いる。
この原子力発電所は多くの活断層が存在する地域に立地しており、いつ地震が起 
きても
おかしくない危険な地域である。この福井で原発事故が生じた場合、滋賀県や大 
津市は
福島同様の被災地となることが予想される。
 よって、国及び政府においては、福島第一原子力発電所事故の実態及び原因が 
究明さ
れるとともに、福井県に立地する原子力発電所の安全性が確保されるまでは、福 
井県の
定期検査中等の原子力発電所について再稼働を認めないよう強く求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成24 年3月16 日 大津市議会議長 北村正二
内閣総理大臣 経済産業大臣 内閣府特命担当大臣(原子力行政) 衆議院議長  
参議院議長 あて

★ 河内謙策 さんから:
       原発運転再開阻止へ向けて
 既に、多くの皆様がご存知のように、大飯原発運転再開へ向けての政府の「決 
断」・自治体への「説得」工作が、早ければ来週(18日からの週)にも始まろう 
としています。文字通り重大な事態です。私たちは、心から「原発運転再開阻止 
へ向けて、もっと行動を!」と呼びかけたいと思います。
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20120316_01.html

  3月11日に行われた全国各地の行動をネットで見ていて、感動することが多く 
ありました。たとえば、群馬の取り組みです。
「力あわせる200万群馬 3.11さよなら原発アクション」は、
さまざまな団体が意見の違いを乗り越えて結集し、高崎で2500名の集会・デモを 
成功させています。高崎で2500名という数字は、大変な数字です。
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/03/post-1516.html

  また、東京から見ていて、もっと盛り上がらないのか、と心配している伊方原 
発に反対するたたかいも、高知でさまざまな団体が意見の相違を乗り越えて結集 
し大きな成功を収めています(東京から見ると、なぜこのようなエネルギーが四 
国規模で結集されないのか分かりませんが)。
http://www.youtube.com/watch?v=nZ10uNCzkgQ

 私たちは、今の時点においては、脱原発を願う団体や個人が一般的な原発反対 
のキャンペーンを展開するのでは不十分だと考えています。脱原発を願う個人・ 
団体が総力をあげて、原発の運転再開阻止に力を集中しなければならないと思い 
ます。
原発運転再開の危険が目前に迫ってきているのです。敵が総力をあげてきている 
時に、逡巡は許されないのです。今の状況で漫然とデモと集会を繰り広げていて 
は、原発の運転再開は阻止できないのです。確実に原発推進勢力を追い詰めるた 
めに、知恵と力を結集しなければならないのです。また、脱原発を願う個人や団 
体であっても、この決定的な局面で力を発揮しなければ、悔いを千載に残し、後 
に批判を受けることになるでしょう。

 藤村官房長官が、大飯原発の運転再開については、滋賀県の意見をきく考えは 
ない、と明言しました。とんでもない暴言です。滋賀県知事が、直ちに反論しま 
した。当然です。滋賀県民に対する差別ですから、大いに抗議すべきです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120316-00000032-mai-pol
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012031702000056.html

   滋賀県が、福井で原発事故があれば、大阪府下に大きな影響がでるという実 
験結果をまとめました(京都、兵庫等の地域の実験結果は、京都、兵庫等の自治 
体が実験結果の発表を希望していない、と言われています。)。この実験結果 
は、大阪の府民に大宣伝することが求められていると思います。橋下市長は、 
「福井県だけの同意で再稼動していいという理屈は、今の日本の状況では通用し 
ない。(原発事故で)甚大な被害、影響を受ける関西圏域まで範囲を広げるべき 
だ」と述べています。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120317-OYO1T00206.htm

野田総理への抗議メールは、こちらから。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
福井県知事への要請・激励メールは、こちらから。
https://info.pref.fukui.lg.jp/kenmin/otayori/otayori.html
愛媛県知事への要請・激励メールは、こちらから。
https://www.pref.ehime.jp/governor/governor_teigen2.html
全国的な原発運転再開反対の署名は、こちらから。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-658d.html

★ 中田 さんから:
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。
■----------------------------------------------------------------------------------■
  1◆“除染”の真実…成功することはない。----上杉隆氏(ジャーナリスト)の、
     福島からの下記現地レポート記事。(2012.03.16)
  2◆視察に参加した医療ジャーナリストの藍原寛子氏がモデル実証事業からみた、
      http://www.videonews.com/fukushima/0001_5/002291.php(映像)(34分)

    除染の現状と課題などをレポート。(2012年02月11日) 2つの記事をご紹 
介いたします。
    ご参考になさってみてください。
■----------------------------------------------------------------------------------■
除染の実態は、ほんとうに国民には知らされているでしょうか?
現地の作業員も、放射能の吸引への危険リスクについて知らされず、
十分認識されていないだけでなく、防御も不十分と聞くが、、、
(貼り付け開始)
************************************************************************************************
<>福島報告 (2012年02月11日)
●除染モデル事業に同行してわかったこと(34分)動画
http://www.videonews.com/fukushima/0001_5/002291.php
 
国・内閣府が昨年、日本原子力研究開発機構(略称:JAEA)に委託、企画公 
募で決定した大手建設会社の共同企業体による
「除染モデル実証事業」が終盤を迎えている。これは警戒区域や計画的避難区域 
等で国が行う除染作業において、、、
(略)
●特に地元で議論となっているのはその高額な予算。対象の12自治体ごとに半年 
弱の事業で、おおよそ各6億円、総額では約100億円がざっと見積もられている。 
JAEAは、効果的な除染に向けた「研究事業」というが、
●地元・福島では、「実態として大企業が受注した土木事業と同じ構図」と指摘 
する事業者もいる。
●この実証実験で、仮に費用の割に効果が上がらなかったり、作業員の健康に影 
響があるなど、具体的なリスクや論点が明示され、「除染作業の是非」まで議論 
する余地が出てくるのか。それとも「どんなに予算をかけてでも、とにかく全域 
で除染を進める」という「実施ありき」の単なるアリバイづくりの事業で終わる 
のか。近く出される結果が注目される。
 
視察に参加した医療ジャーナリストの藍原寛子氏がモデル実証事業からみた除染 
の現状と課題などをレポートする。
**************************************************************************
◆【原発崩壊】“除染”の真実…成功することはない     上杉隆
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120316/dms1203160848005-n1.htm
  2012.03.16
  ●福島県広野町の除染モデル地区を訪れた。東京電力福島第1原発から約20 
キロメートル離れた、海岸沿いの東京電力広野火力発電所の敷地横では、日本で 
はめったにお目にか  かれないような巨大な重機が稼働している。
 「どちらさま? 許可は取っているんですか?」
 すべての樹木と土をひっくり返したような広大な作業現場に近づくと、大手ゼ 
ネコンのヘルメットをかぶった現場監督が近づいてきた。●そう、モデル地区の 
除染作業は東京の大 資本が入っているのだ。同じ地区で働く地元の現場作業員 
に話を聞いた。
 ●「復興といいながら、全然、地元には金が落ちないよ。孫請け、さらにその 
孫孫請けとしてわずかな仕事が回ってくるばかり。全部、東京に持っていかれち 
まう」
 ●公共事業の現場でいつも聞かれる声をここでも聴いた。結局、除染も「利 
権」なのだ。●そう、政府や県が、除染作業を急ぐ意味はこのあたりにもあるの 
かもしれない。
 その広野町の駅近くの雑木林で測定器をかざせば、毎時2マイクロシーベルト 
を簡単に超えてしまう。●除染をした場所でも毎時1マイクロシーベルトは下ら 
ない。
 果たして、国や県は本気で福島県内の広大な山林や田畑を除染しようとしてい 
るのだろうか。
 ●「ウクライナやベラルーシの一部では除染をあきらめている。そもそも、完 
全な除染は無理であることが分かった。水で洗い流しても放射能は移動するだけ 
で分解されるわけで  はないのだ」
 ●先月、欧州で開かれたオーフス会議に招待されたベラルーシの科学者は、日 
本で始まっている除染について忠告し、こう続けた。
 ●「私たちがチェルノブイリ事故で得た結論は、除染よりも避難することの方 
が合理的ということだ」
  昨年来、テレビ・新聞では「除染が成功した」というニュースを盛んに流し 
ている。●高圧洗浄水によって、モモの木の80%以上の除染に成功したと1面 
に掲載した朝日新聞  がそのいい例だ。
 ●だが、その汚染水はどこに行くのか。根元に落ち、土に浸み、場合によって 
は川に流れ、海に到達する。●そして分解されないセシウムなどの各種は環境で 
循環を始める。
 ●日本、特に福島では、そうした当然の自然の摂理が伝えられていないのである。

*********************************************************************************************** 
 
 ■上杉隆(うえすぎ・たかし) メディアカンパニー「NO BORDER」 
代表、元ジャーナリスト。1968年、福岡県生まれ。テレビ局、衆院議員秘 
書、米紙東京支局記者などを経て、フリージャーナリストに。政治やメディア、 
震災・原発事故、ゴルフなどをテーマに活躍した。著書に「官邸崩壊」(新潮 
社)、共著に「報道災害【原発編】事実を伝えないメディアの大罪」(幻冬舎新 
書)など。社団法人自由報道協会代表。

***************************************************************************************************

●○●○○○●○●○●○

★フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
    さよなら原発! 3・11 福岡集会 の
第5回実行委員
3月27日(火)午後6時30分から 
振り返りと今後とのとりくみ等
  ・今後の取り組み
   ―顕饑觚席犬抜攅颪らの連帯メッセージ持参して下記、
    申し入れ 九電、福岡県、福岡市、糸島市、経済産業省(福岡合同庁舎)
   ◆。儀遏〆寛譴任裡暇人集会 九電の再稼動を絶対許さない!! 
  ・ひきつづき:お疲れさん懇親会・鍋(会費おひとり・1000円)
 場所: 福岡市農民会館 4階大ホール
 福岡市中央区今泉1丁目13-19 092-761-6550
 地図:http://tinyurl.com/3ev6hm5

★原発労働者・梅田隆亮さんの裁判提訴をご支援ください!!
『原発労災給付不支給処分取消請求事件』裁判提起2月17日。
   梅田さんの第一回口頭弁論期日の日程
    5月9日(水)午前11時〜福岡地方裁判所303号法廷
        カンパ:  郵便振替口座 01700−1−125911
    加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
福岡地方裁判所
〒810-8653福岡市中央区城内1-1(地下鉄赤坂駅から徒歩5分)
Tel.092-781-3141
地図 http://bit.ly/qSdpTo

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
  原告を募集しています。(九州以外の方もO.k)

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内