Re: [CML 015738] 『検事失格』と不見当

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2012年 3月 17日 (土) 18:06:01 JST


図書館に予約、はやく読みたいなー。

2012年3月17日16:52 hayariki.net <info at hayariki.net>:

>
> 市川寛『検事失格』は冤罪事件・佐賀市農協融資事件で冤罪被害者を取り調べ中に「ぶっ殺すぞ!」と脅迫した元検事によるノンフィクションである。取り調べ中の暴言発覚で厳重注意処分を受けて2005年に辞職し、弁護士になっている。小沢一郎氏の陸山会事件に国策捜査・不当裁判との批判が出ている中でタイムリーな出版である。
>
>
> 冤罪加害者・暴言検事が弁護士にスライドし、正義の告発者としてもてはやされることには違和感を禁じ得ない。書籍の内容も検察庁の内部・教育体制を暴くことが主眼で、本人の反省という点では弁解や言い訳が目につく。冤罪事件・布川事件の冤罪被害者支援者は厳重注意処分を受けた市川氏に対して「まるで反省している様子もなく、『蛙のツラに小便』程の効果もなかったように見受けられました」と語っている。このような人々の声も大事にしたい。
>
>
> 一方で刑事裁判有罪率が99%という人権が保障された先進国として異常な状況に制度の問題があることも事実である。たとえば「不見当」という裁判用語がある。主に刑事裁判で弁護人側の証拠開示要求に対して検察側の回答で使われる。これは提出を要求された書類や証拠物が「見当たらなかった」ことを指す言葉であるが、当該物件を提出したくないときに「ない」と嘘をつかずに誤魔化すために使われる。
>
> 実例として痴漢冤罪事件を扱った映画『それでもボクはやってない』でも弁護人側の要求に検察が「不見当」と答えている。また、冤罪事件・布川事件でも弁護人側が要求する供述調書を検察側が不見当と答えた。これは2006年3月5日に放送されたテレビ朝日『ザ・スクープスペシャル』「検証!日本の刑事司法
> ~ 布川事件39年目の真実 ~」でも取り上げられた。
> http://hayariki.net/hayariki3.htm#11
>
> 「不見当」は弁護人側から「不見当でごまかさず誠実に答えるべき」「合理的な説明を求める」と批判される言葉である。「不見当」との回答で済まされてしまう裁判の仕組みに問題がある。『検事失格』が制度にメスを入れる契機になれば、大きな価値がある。
> --
> 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
> http://hayariki.net/
> http://hayariki.zero-yen.com/
>



-- 
大山千恵子
ブログ「千恵子@詠む...」毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内