[CML 015728] ◆【原発崩壊】“除染”の真実…成功することはない:上杉隆。他

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 3月 16日 (金) 22:04:19 JST


nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。
 
  下記
 (転送拡散歓)
■----------------------------------------------------------------------------------■
 1◆“除染”の真実…成功することはない。----上杉隆氏(ジャーナリスト)の、
    福島からの下記現地レポート記事。(2012.03.16)
 2◆視察に参加した医療ジャーナリストの藍原寛子氏がモデル実証事業からみた、
     http://www.videonews.com/fukushima/0001_5/002291.php(映像)(34分)

   除染の現状と課題などをレポート。(2012年02月11日) 2つの記事をご紹介いたします。
   ご参考になさってみてください。
■----------------------------------------------------------------------------------■

除染の実態は、ほんとうに国民には知らされているでしょうか?
現地の作業員も、放射能の吸引への危険リスクについて知らされず、
十分認識されていないだけでなく、防御も不十分と聞くが、、、

(貼り付け開始)
************************************************************************************************
<>福島報告 (2012年02月11日) 

●除染モデル事業に同行してわかったこと(34分)動画
http://www.videonews.com/fukushima/0001_5/002291.php
 
国・内閣府が昨年、日本原子力研究開発機構(略称:JAEA)に委託、企画公募で決定した大手建設会社の共同企業体による
「除染モデル実証事業」が終盤を迎えている。これは警戒区域や計画的避難区域等で国が行う除染作業において、、、

(略)

●特に地元で議論となっているのはその高額な予算。対象の12自治体ごとに半年弱の事業で、おおよそ各6億円、総額では約100億円がざっと見積もられている。JAEAは、効果的な除染に向けた「研究事業」というが、
●地元・福島では、「実態として大企業が受注した土木事業と同じ構図」と指摘する事業者もいる。
 
●この実証実験で、仮に費用の割に効果が上がらなかったり、作業員の健康に影響があるなど、具体的なリスクや論点が明示され、「除染作業の是非」まで議論する余地が出てくるのか。それとも「どんなに予算をかけてでも、とにかく全域で除染を進める」という「実施ありき」の単なるアリバイづくりの事業で終わるのか。近く出される結果が注目される。
 
視察に参加した医療ジャーナリストの藍原寛子氏がモデル実証事業からみた除染の現状と課題などをレポートする。 
**************************************************************************

◆【原発崩壊】“除染”の真実…成功することはない     上杉隆
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120316/dms1203160848005-n1.htm

 2012.03.16

  ●福島県広野町の除染モデル地区を訪れた。東京電力福島第1原発から約20キロメートル離れた、海岸沿いの東京電力広野火力発電所の敷地横では、日本ではめったにお目にかかれないような巨大な重機が稼働している。

 「どちらさま? 許可は取っているんですか?」

 すべての樹木と土をひっくり返したような広大な作業現場に近づくと、大手ゼネコンのヘルメットをかぶった現場監督が近づいてきた。●そう、モデル地区の除染作業は東京の大資本が入っているのだ。同じ地区で働く地元の現場作業員に話を聞いた。

 ●「復興といいながら、全然、地元には金が落ちないよ。孫請け、さらにその孫孫請けとしてわずかな仕事が回ってくるばかり。全部、東京に持っていかれちまう」

 ●公共事業の現場でいつも聞かれる声をここでも聴いた。結局、除染も「利権」なのだ。●そう、政府や県が、除染作業を急ぐ意味はこのあたりにもあるのかもしれない。

 その広野町の駅近くの雑木林で測定器をかざせば、毎時2マイクロシーベルトを簡単に超えてしまう。●除染をした場所でも毎時1マイクロシーベルトは下らない。

 果たして、国や県は本気で福島県内の広大な山林や田畑を除染しようとしているのだろうか。

 ●「ウクライナやベラルーシの一部では除染をあきらめている。そもそも、完全な除染は無理であることが分かった。水で洗い流しても放射能は移動するだけで分解されるわけではないのだ」

 ●先月、欧州で開かれたオーフス会議に招待されたベラルーシの科学者は、日本で始まっている除染について忠告し、こう続けた。

 ●「私たちがチェルノブイリ事故で得た結論は、除染よりも避難することの方が合理的ということだ」

 昨年来、テレビ・新聞では「除染が成功した」というニュースを盛んに流している。●高圧洗浄水によって、モモの木の80%以上の除染に成功したと1面に掲載した朝日新聞がそのいい例だ。

 ●だが、その汚染水はどこに行くのか。根元に落ち、土に浸み、場合によっては川に流れ、海に到達する。●そして分解されないセシウムなどの各種は環境で循環を始める。

 ●日本、特に福島では、そうした当然の自然の摂理が伝えられていないのである。

*********************************************************************************************** 
 ■上杉隆(うえすぎ・たかし) メディアカンパニー「NO BORDER」代表、元ジャーナリスト。1968年、福岡県生まれ。テレビ局、衆院議員秘書、米紙東京支局記者などを経て、フリージャーナリストに。政治やメディア、震災・原発事故、ゴルフなどをテーマに活躍した。著書に「官邸崩壊」(新潮社)、共著に「報道災害【原発編】事実を伝えないメディアの大罪」(幻冬舎新書)など。社団法人自由報道協会代表。

***************************************************************************************************


CML メーリングリストの案内