[CML 015713] 京都3/16福島原発事故から1年〜チェルノブイリ被災者は語る〜サーシャ スィロタさん講演会3/17ロッシュさん

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 3月 16日 (金) 08:15:16 JST


転送・転載歓迎
重複すみません。


京都の菊池です。

今日、明日京都で下記の方のお話があります。

チラシより


福島原発事故から1年〜チェルノブイリ被災者は語る〜
サーシャ スィロタさん講演会
http://kyoto-sien.blogspot.com/2012/02/3161.html


とき:2012年3月16日(金)
18時半〜21時(開場18時)
ところ:ひとまち交流館・京都 第4会議室
定員:90名

参加協力費 500円


 2011年3月12日の福島第1原発事故から1年を迎えるこの時期に、
チェルノブイリ被災地から、平和活動家であるサーシャ・スィロタさん(プリピャチコム副代表・ チェルノブイリ被曝者互助団体「ゼムリャキ」広報)をお招きして、講演会を開きます。
福島、東京、山口でも講演が企画されています。


【主催】 平和を願う草の根グループ「えんどうまめ」(山口県宇部市)
【共催】京都講演主幹:京都から東日本大地震被災者を支援する会
【問合せ】電話090-9977-0131(滝澤)
メール kyoto.sien at gmail.com
ブログ http://kyoto-sien.blogspot.com/


 サーシャさんは9歳でチェルノブイリ事故に遭いました。その後、健康の問題を抱えながらも、「プリピャチ」という故郷の町を追われた人々のために、また、チェルノブイリから学ぼうとする人のために
『プリピャチコム』(http://pripyat.com/)というインターネットサイトを作り、チェルノブイリから、平和のメッセージを発信しています。
18歳で、チェルノブイリの証言者としてアメリカに招かれ、各地で講演をして回られた経験もお持ちです。
現在は『プリピャチコム』の副代表のかたわら、チェルノブイリ原発の見学者のためのガイドをしながら、この問題を世界に問い続けています。
 このたび、宮腰吉郎さんのご紹介により、山口県宇部市の市民グループ「えんどうまめ」の招きで来日されるサーシャさんの講演会を、京都でも開催することになりました。
福島原発事故の被災者の救済や原発事故後の社会のあり方を考える上で、大きなヒントが得られると思います。多くのみなさんの参加を心よりお待ちしています。




京都シネマ
(TEL 075-353-4723 
四条烏丸下る西側 
COCON烏丸3F)

のホームページ
http://www.kyotocinema.jp/m/index.php

http://www.kyotocinema.jp/event.php
より

アンコール上映『チェルノブイリ・ハート』ゲスト来館!

 昨年上映の際、大変好評をいただいた『チェルノブイリ・ハート』
http://www.gocinema.jp/c-heart/
http://www.kyotocinema.jp/m/index.php
のアンコール上映が決定しました。1週間限定となりますが、
(3/17土 〜 3/23金上映予定)
初日には本作にご出演のエイディ・ロッシュさんのトークも決定いたしました。
まだ観ていない方も、もう一度この機会にという方も生の声を聞いていただければと思います。(当日は通訳の方がつきます)
3/17(土)  10:20の回上映後
ゲスト:エイディ・ロッシュさん(CCPI代表)
 *チケットは当日券のみの販売です。
 *当日は、本編スタートです。
 *ゲストは事情により、キャンセルになる場合がございます。

エイディ・ロッシュプロフィール 
1957年アイルランド共和国ティペラリー州クロンメル生まれ。
1990年以来、アイルランドに本拠を置く非営利団体「チェルノブイリ子どもの国際プロジェクト」(CCPI)の代表としてベラルーシ、西ロシア、ウクライナの子どもたちを支援。
2010年には、世界児童賞の健康賞を受賞。


菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)





CML メーリングリストの案内