[CML 015649] 3/15(木)エネシフジャパン第19回「ニュージーランドのエネルギー・気候変動政策」のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 13日 (火) 05:57:09 JST


































































紅林進です。
 
エネシフジャパンの第19回勉強会のご案内を転載させていただきます。
 
 原発に頼らないエネルギー政策を進めてきたニュージーランドは、
国内電力供給のなんと73%を再生可能エネルギーが占め(2009年実績)、
政府は2025年までに90%まで引き上げることを目標にしています(!)との
ことです。そのニュージーランドのエネルギー・環境政策の現状について
お話しを伺いますとのことです。

(以下転載) 
 
転送大歓迎!
HP(http://www.sustena.org/eneshif/)よりお申込ください。
__________________________________

原発にも、石油石炭天然ガスにも頼らない日本を創ろう。

エネシフジャパン第19回

タイトル:「ニュージーランドのエネルギー・気候変動政策」
原発に頼らないエネルギー政策を進めてきたニュージーランド。国内電力供給
の73%を再生可能エネルギーが占め(2009年実績)、政府は2025年までに90%
まで引き上げることを目標にしています。ニュージーランドのエネルギー・環境
政策の現状についてお話しを伺います。

ゲスト:ラッセル ノーマン氏
ニュージーランド国会議員・緑の党共同党首
プロフィール
1967年、オーストラリア生まれ。政治学博士。関心分野は経済、環境、気候変動。
1997年にニュージーランドに移住後、緑の党に参加。2006年に同党共同党首に
就任し、2008年6月から国会議員。緑の党は昨年の総選挙で14議席を獲得した
議会第3党(一院制。議席総数122議席)。


日時:2012年3月15日木曜日 午後5時〜7時
 (午後5時までにお越しください。)

場所:衆議院第二議員会館 多目的会議室(1階)

お申し込み:http://sustena.org/eneshif


※定員を越えた際には立ち見となることがございますので、ご了承ください。

※5月15日(火)のエネシフのゲストは金子勝氏を予定しています。


CML メーリングリストの案内