[CML 015643] ●2月米朝協議の合意内容と意味

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2012年 3月 12日 (月) 22:47:34 JST


日韓ネット@渡辺です。      *BCC及びいくつかのMLに送ります。

朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)と米国の第3回高位級会談が2月23日・24日に北京で開かれ、2月29日にその合意内容が米朝双方から同時発表されました。

これについて、日本のマスメディアでは、…鮮側が核実験とミサイル発射、寧辺のウラン濃縮施設の活動の一時停止、IAEA監視要員の受入れを認め、△修慮返りに米側が栄養食品の支援をおこなうことで合意した−というだけの報道が殆どですが、朝鮮外務省スポークスマンの発表によると、「朝米関係改善のための信頼醸成措置と朝鮮半島の平和と安全保障、6カ国協議再開に関連した問題が真剣で深く論議された」、とされています。

日本のマスメディアの報道では見えないその内容と意味について日韓ネットのブログにアップしましたのでご覧ください。

http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2-758a.html

*****************************************
日韓民衆連帯全国ネットワーク
東京都文京区小石川1-1-10-105
TEL・FAX  03-5684-0194
E-mail  nikkan_net_japan at yahoo.co.jp
blog  http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/
*****************************************


CML メーリングリストの案内