[CML 015608] 3/12(月)、3/13(火)TPP関連集会・勉強会(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 3月 10日 (土) 10:44:41 JST








































紅林進です。
 
先ほど3月13日(火)に総評会館で開催されます《緊急市民国際シンポ》

「やっぱりTPPでは生きられない!─日本でも世界でも」のご案内を転載
させていただきましたが、その外にも、来週、3月12日(月)と13日(火)
には、以下のようなTPP関連の集会と勉強会が開催されますので、併せて
ご案内を転載させていただきます。
 
 TPPを考える国際シンポジウム」 
  3月12日(月)15:00〜17:25
  砂防会館別館1階「利根」
    地図http://www.sabo.or.jp/map.htm


∀合通信社・情報懇話会21/第213回例会   <時代を読む勉強会> 
  テーマ:「TPP推進論を切る」―真の国益とは何か?―
  3月12日(月) 午後6時30分〜8時30分
  港区立商工会館内第3、4会議室(東京都産業貿易会館6階)
  地図http://www.minato-shoukou.jp/access.html

《緊急市民国際シンポ》「やっぱりTPPでは生きられない!─日本でも世界でも」 
  3月13日(火) 18:30〜21:00(開場18:00)
  総評会館2階204会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
  地図http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html

 
                               
TPPを考える国際シンポジウム

街頭演説日時:3月12日(月)12:00〜12:55
街頭演説場所:有楽町イトシア前広場(その後国会請願)

シンポジウム日時:3月12日(月)15:00〜17:25

シンポジウム場所:砂防会館別館1階「利根」千代田区平河町2−7−1
            地図http://www.sabo.or.jp/map.htm

パネリスト:
ラッセル・ノーマン議員(ニュージーランド緑の党共同代表)
権永吉議員(韓国統合進歩党)
ジェーン・ケルシー氏(ニュージーランドオークランド大学法学部教授)
榊原英資氏(青山学院大学教授)
宋基昊弁護士(韓国「韓米FTAハンドブック著者」)
ロリ・ワラック氏(米国パブリックシチズン貿易担当)
ピーター・メバードック氏(米国パブリックシチズン医薬品担当)
山田正彦議員(衆議院議員)

コーディネーター:首藤信彦議員(衆議院議員) 
 
 
 
 
∀合通信社・情報懇話会21/第213回例会   <時代を読む勉強会>  (2012年)

*テーマ  「TPP推進論を切る」
      ―真の国益とは何か?―

*日 時  3月12日(月)午後6時30分〜8時30分

*講 師  鈴木 宣弘氏 (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

*会 場  港区立商工会館内第3、4会議室(東京都産業貿易会館6階)
       (東京都港区海岸1-7-8/JR浜松町駅から徒歩7分)
       地図http://www.minato-shoukou.jp/access.html


*(資料代) 1,000円


●参加へ猪突猛進する野田内閣

 野田内閣はTPPの日米事前協議をスタートさせました。多数の反対・慎重論
を無視する形でTPP参加の道をひたすら突き進んでいるように見えます。一方、
農業の問題に加え、医療や保険のあり方、食品の安全性、公共事業の参加
ルール、労働基準の緩和などなど、広く国民生活に影響のあることが明らか
になってきました。国民への情報開示を十分に行わないなかでの猪突猛進は
止めるべきでしょう。

●「TPPお化け」に騙されるな

 鈴木教授はこの間、推進派のさまざまな論拠を批判し続けてきました。「アジア
太平洋の貿易ルールに乗り遅れるな」論や「とにかく入って、いやなら脱退」論など
に対し、根拠のない脅しであり、意図的な詐欺だと指摘。こうした「TPPお化け」に
惑わされてはならないと警鐘を鳴らしています。懇話会では、未だにはびこる推進
論への批判と、農業・食料・医療をはじめ国民が守るべき真の国益とは何かを語
っていただきます。

【講師の紹介】 すずき・のぶひろ 1958年生まれ。1982年東京大学農学部
卒業とともに農林水産省入省。その後、九州大学大学院教授などを経て現職。
「TPPを考える国民会議」世話人の一人。著書は『震災復興とTPPを語る―再生
のための対案』(共著)、『日豪EPAと日本の食糧』など多数。

*主催=連合通信社 Tel 03-3454-1105 Fax 03-3454-6559 (東京都港区芝1-4-9)

【注】準備の都合から、できるだけ参加希望を事前にお知らせ下さい。

団体名(お名前)          担当者名

住 所                 TEL

FAX

E メールアドレス


★お知らせ 次回の例会は3月27日(火)、「大阪橋本市政」をテーマに実施する
 予定です。

 
 

《緊急市民国際シンポ》「やっぱりTPPでは生きられない!─日本でも世界でも」
  3月13日(火) 18:30〜21:00(開場18:00)
  総評会館2階204会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
  (地図)http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html
  地下鉄「新御茶ノ水駅」「淡路町駅」「小川町駅」B3出口前
  JR「御茶ノ水駅」聖橋口下車5分

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TPPをめぐる動きは国内でも国際的にも急ピッチで進んでい
ます。政府はTPP交渉参加に前のめりで、情報も明らかにせず、
今春にも参加を強引に決めようとしています。いま急がなけれ
ばならないのは、TPPの本質を見極め、ムラとマチ、国境を超
えた人びとの連帯で、TPP包囲網をつくることです。
 TPPに反対する何人かの国際的な活動家と、日本で論陣の
先頭に立つ東京大学の鈴木宣弘教授を招いて、TPPをめぐる状
況と問題点、各国の運動状況、これからの運動のあり方を討論
します。
 「やっぱりTPPでは生きられない!」。私たちは昨年2月と
10月に討論会、シンポを開きました。今回の緊急市民国際シ
ンポジウムにも多くの皆さんの参加を呼びかけています。
ぜひ、ご参加ください! 

【とき】
3月13日(火)18:30〜21:00(開場18:00)

【ところ】
総評会館2階204会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
(地図)http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html
地下鉄「新御茶ノ水駅」「淡路町駅」「小川町駅」B3出口前
JR「御茶ノ水駅」聖橋口下車5分

【内容】
海外ゲスト
 ●米国・パブリック・シチズン
   ローリー・ワラックさん(国際貿易担当)
   ピーター・メーバードックさん(医薬品問題担当)
 ●ニュージーランド・緑の党
   ラッセル・ノーマンさん(国会議員)
 ●韓国・弁護士
   宗 基昊さん(韓米FTAハンドブック著者)ほか(予定)

日本ゲスト:鈴木宣弘さん
  (東京大学教授・「よくわかるTPP48のまちがい」著者)

全て同時通訳があります

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【参加費】500円
【主催】
TPPに反対する人々の運動
共同代表・山下惣一、菅野芳秀、天明伸浩、山崎洋子、色平哲郎、
山浦康明

ホームページ:http://antitpp.at.webry.info/
E-mail:muramachitpp at gmail.com

【問い合わせ先】
「TPPに反対する人々の運動」事務局・上垣
電話 080-4347-8985
E-mail: muramachitpp at gmail.com

☆最新情報は下記サイトをご覧ください
http://antitpp.at.webry.info/201202/article_9.html


CML メーリングリストの案内