[CML 015601] 【京都新聞】「バイバイ原発」10日、円山公園で催し 「バイバイ原発」は約300の団体や個人の賛同で開く。小出裕章京都大原子炉実験所助教のスピーチ、アイドルグループ・制服向上委員会のステージなどの後、午後2時45分から、それぞれの主張をアピールするいでたちで市内を行進する

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 3月 10日 (土) 03:25:37 JST


「バイバイ原発」10日、円山公園で催し

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20120307000103 

 東日本大震災と福島第1原発事故から1年に合わせ、京都市で原発のない社会を訴える催しが開かれる。10日午後2時からは東山区の円山公園音楽堂で「バイバイ原発3・10きょうと」、16日はチェルノブイリ原発事故被災者の講演会、17日は福島とチェルノブイリを考える講演会がある。

 「バイバイ原発」は約300の団体や個人の賛同で開く。小出裕章京都大原子炉実験所助教のスピーチ、アイドルグループ・制服向上委員会のステージなどの後、午後2時45分から、それぞれの主張をアピールするいでたちで市内を行進する。

 正午からは公園内でダンスなどのライブや露天市、バイバイ原発レンジャーショーも。いずれも入場無料。詳細はホームページ。

 16日午後6時半からは下京区のひと・まち交流館京都で、チェルノブイリ原発事故(1986年)で居住できなくなったウクライナ・プリピャチ出身の平和活動家サーシャ・スィロタさんの講演会。平和を願う草の根グループ・えんどうまめ主催。当日受け付けで500円。問い合わせは京都から東日本大地震被災者を支援する会のメールkyoto.sien@gmail.comへ。

 17日午後2時からは中京区の京都アスニーで「チェルノブイリ・フクシマ2012京都の集い」(実行委員会主催)。第1原発からの「警戒区域」になった福島県富岡町の石丸小四郎さんが「フクシマ現地から-ふるさとを失って」と題して話す。「さよなら原発1000万人署名」の京都での集約も行う。千円(高校生以下無料)。実行委の佐伯さんTEL075(465)2451。


 		 	   		  


CML メーリングリストの案内