[CML 015584] 【さよなら原発 3・11 関西1万人行動】 脱原発:1万人行動 11日、デモ行進や講演会−−大阪・北区 /大阪

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 3月 9日 (金) 03:34:31 JST


ようやく毎日新聞に記事が掲載されました。

脱原発:1万人行動 11日、デモ行進や講演会−−大阪・北区 /大阪

 東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故から1年に当たる11日、関西の脱原発グループが大阪市中心部で「さよなら原発 3・11 関西1万人行動」を実施する。御堂筋や関西電力の周辺をデモ行進するほか、福島県内の避難者らの講演会なども開き、原発が社会にもたらす問題点を考える。

 11日午前は10時半から大阪市北区中之島の大阪市中央公会堂で集会を開く。福島県飯舘村の酪農家、長谷川健一さんが「原発事故が奪ったもの」の題で講演。搾り取った牛乳を捨て、育てた牛を殺さざるを得なかった無念の思いについて話す。また福井県美浜町の元町議で、市民団体「森と暮らすどんぐり倶楽部」代表の松下照幸さんが、原発14基が林立する「原発銀座」福井の実態をリポートする。参加費500円。

 午後2時ごろからは、脱原発に向けたアピールをしながら大阪市の御堂筋や、同市北区の関西電力本店の周辺をデモ行進する。

 主催者団体の一つである「ストップ・ザ・もんじゅ」(枚方市)の池島芙紀子代表は「事故によって原発を巡る多くのうそがあきらかになったのに、『脱原発』に流れが向かわない。もっと関心を持って参加してほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは、府内の脱原発団体「ストップ・ザ・もんじゅ」(072・843・1904)。【日野行介】

毎日新聞 2012年3月7日 地方版

http://mainichi.jp/area/osaka/news/20120307ddlk27040378000c.html


イベント掲載サイト
http://homepage3.nifty.com/skroba/robaeven.htm


  内富 		 	   		  


CML メーリングリストの案内