[CML 015573] <テント日誌 3/6(火)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 3月 8日 (木) 18:08:06 JST


<テント日誌 3/6(火) ―― 経産省前テントひろば 178日目>
        暦のうえでは啓蟄であるが・・・
        「沈黙の春」か、脱原発への希望か

このところ週末や週明けはぐずついた天気になることが多い。正確に調べたわけではないがそんな印象である。先週は久しぶりの雪だった。そういえば今日は啓蟄である。 
「啓蟄や生きとし生けるものに影」(斎藤空華)。冬ごもりしていた虫たちも動き出すとされる日であるがそんな雰囲気はまだない。気候には何かの異変すら感じさせる。大震災や原発震災は生きとし生けるものにどんな影響を与えたのか。

 テントの前に座り込んでいる女性は熊本《水俣近辺》から上京され、福島に行く途中であるという。暮れなずむ霞ヶ関の光景を見ながらの話は弾んだ。彼女は九州でも自然に異変を感じていると話していた。例えば昨年は小鳥などの好物の赤い実《アオキの実など》がいつもはなくなるのに今年は残ったという。また、毎年見られるムクドリの群れの姿を見なかったとも。
 放射能汚染が人間と自然の代謝関係(循環関係)を破壊することそれが自然の異変となって現象することは程度の問題はあれ予測される。人間の内部被曝と同じように被曝した自然も影響を免れないのである。自然と一体である動植物においては小鳥や小動物にそれはもっとも敏感に現れるのだろう。チエルノブイリでのその異変は報告されているが果たして福島はどうなのであろうか。あるいは日本列島はどうなのであろうか。
 春は季節の中でももっとも華やかなものだ。「3・11」からの復興の時を告げる春になるのか、それとも「沈黙の春」になるのか。伝えられる自然の異変については正確なデーターなどの開示が望まれるが僕らは敏感に反応する身体でそれを受けとめて行くしかないのである。生活の場での反応するもの《見聞するもの、知るもの》が根源になる。それを交換し合いながら対応を考える必要があるのだと思う。
 テントではFさんが韓国の新聞の取材を受けていた。韓国では「緑の党」も結成され、脱原発の運動も活発化してきていると聞くが、果たして中国ではどうであろうか。原発事故は国境を超えて行くしその影響はアジア地域の全域に渡るわけだからアジア規模の脱原発の運動が必要である。僕らは日本での脱原発を実現するしかないが、アジアのことはいつも念頭においておくべきことだ。
 夕方からはロフトプラスワンでのトークに出るために新宿に向かった。ロフトプラスワンの「トークライブ」に出るのは久しぶりであるが、3・11を前にして1年間を振り返る、またどうたち振舞うかのトークである。第一部は写真家の桃井和馬さん記録の映写であったが、大震災をあらためて想起した。
 第二部のトークは多士済々で面白かったが、若い人たちの話が面白かった。僕の方は経産省前テントのことや再稼働をめぐる動きを話した。
 テントでこうした企画もあっていいのだろうと思った。脱原発の運動はこれからだし、希望があるというのがみんなの結論だがぜひそれに向かって進んで行きたい。テントの中ではどうやら厳冬は過ぎたようだ。寝袋にもぐりこんでも寒いということはなくなった。これからも寒い日があるだろうがやがては「三寒四温」ということになるのであろう。思い切った春らしい活動に向かって行きたいものだ。
深夜のテントでの不寝番で起きているメンバーでもそのことが話しあわれる。「3・11」を体制や権力が一つの節目として新たな動きを開始することは予測されるが、我々もそれに対応する動きを準備したい。

★『ひろばー全国・全世界から 〜思い・交流・討論・共感〜』
◎こんにちは  先日は(2月25日夜)時間の無いときに立ち寄り、挨拶もそこそこに帰ってしまい 失礼しました。子供たちのために立ち上がり、厳しい寒い冬にテントを守られた皆さんをに頭が下がります。
  このごろ海外からの取材が多くてその対応が手薄になるときもあると聞いております。私は英国在住で現在里帰り中、英日日英翻訳通訳の経験が少しあります。
 今週の木曜日と金曜日はもし必要なら、私でよければコミュニケーションのお手伝いいたしますのでお知らせください。特に予定が無くても念のためただテントにいるということもできます。土曜日夜も7時以降なら大丈夫です。日曜日は14時より大行進、鎖、に参加しますがその前後、あるいは最中でもそのイベントの場にいられるのなら対応できます。  では、寒暖激しい中、ご自愛ください。



CML メーリングリストの案内