[CML 015565] 【ご案内】 3月28日「知花昌一が語る 沖縄の心」 平和憲法の会・京都 例会特別企画

藤井 悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2012年 3月 8日 (木) 11:44:50 JST


平和憲法の会・京都事務局の藤井悦子です。
3月28日(水)の夜、例会特別企画として、
知花昌一さんのお話を伺います。
是非ご参加ください。どなたでも参加できます。

転送・転載、大歓迎!
□――――――――――――――――――――――――――――――――――――□
    
           平和憲法の会・京都 例会特別企画
             「知花昌一が語る 沖縄の心」

□――――――――――――――――――――――――――――――――――――□

☆ お話 知花昌一さん
      (浄土真宗大谷派僧侶・元読谷村議会議員)
☆ 2012年3月28日(水)18:30~
☆ ひと・まち交流館 京都 第4会議室 
   アクセス: 河原町正面 http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
☆ 参加費 500円
☆ 主催:平和憲法の会・京都 http://www.geocities.jp/heiwa_kenpou_kyouto/
   問い合わせ先: 事務局 藤井悦子peace at tc4.so-net.ne.jp 
(集会後、みこうあん(寺町四条下がる)にて交流会) 

 今年は沖縄の「日本復帰」40年に当たります。しかし、沖縄に米軍基地が集中
する現状は変わらないままです。名護市辺野古への新基地建設が住民の反対で
すすまないとみると、日米政府は世界一危険な普天間基地を補修して使うなどと
固定化をほのめかしています。また北部の東村高江には危険なオスプレイのヘリ
パッド建設工事を強行してきています。
 知花昌一さんは、沖縄国体で掲揚された「日の丸」を焼き捨て、また自らの所有
地に建てられた米軍通信施設「象のオリ」に関して、土地提供の再契約を拒否す
る闘いなどを続けてこられました。知花さんのお話を伺いながら、日本が米国と一
体になって、憲法違反の在日米軍基地を沖縄に押し付け続けてきた問題について、
考える機会を持ちたいと思います。ぜひご参加ください。
□――――――――――――――――――――――――――――――――――――□
ここまで 


CML メーリングリストの案内