[CML 015516] 【YYNews】■ 私が小沢一郎民主党元代表を支持し支援する理由!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2012年 3月 6日 (火) 13:28:53 JST


 杉並の山崎です

いつもお世話様です。
*
■ 私が小沢一郎民主党元代表を支持し支援する理由!*

私は小沢一郎民主党元代表の政策や理念や行動を支持して支援活動を行なってい
ますが、小沢氏の全てに賛成して支持・支援する、いわゆる[小沢信者]の一人だ
と誤解されている方がいるようですので、私がなぜ小沢一郎民主党元代表を支持し
支援するのか、その理由を書きたいと思います。

私は2001年ー2006年に小泉純一郎元首相と竹中金融担当大臣が強行した
米国発の[新自由主義]政治経済政策とイデオロギーを[小泉・竹中構 造改
革]の名で実行したことこそが、現在日本が抱えている様々な困難の元凶だと
思っています。

2009年8月30日の総選挙で小沢・鳩山民主党が[国民生活が第一]を掲げ
て、東京地検特捜部の強制捜査と大手マスコミによる猛烈な小沢バッシ ングに
も拘わらず、3300万票を獲得して戦後始めて[反自民][反小泉構造改革]
[反・新自由主義]の本格的な[政権交代]を実現したことを高 く評価してい
ます。

2009年3月3日の東京地検特捜部による[西松建設虚偽記載事件]の強制捜
査は明らかに小沢民主党政権の誕生を阻止するために米国支配層、自民 党清和
会、霞ヶ関官僚、大手マスコミ、経団連などの既存の[特権・利権]勢力が仕掛
けたものです。

【*該当記事】「小沢一郎事件」とは「日本の米国からの独立」を目指す政治家へ
       の戦後最大の政治弾圧!2011-08-03*

    http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/224dc49a8015d784028de7d502be0096

一連の検察による強制捜査や大手マスコミによる[小沢バッシング報道]は小沢
首相阻止を狙った[戦後最大政治弾圧]であったことは、この間の[西 松建設
裁判]や[陸山会裁判]や[小沢裁判]の過程で暴露され始めました。

この[戦後最大の政治弾圧]を仕掛けた主犯が、検察や自民党清和会の政治家や
大手マスコミだけでなく、3000人の裁判官をを実質的に支配してい る最高
裁事務総局という、今までベールに包まれてきた秘密組織が深く関与していたこ
とも暴露され始めました。

私が小沢一郎氏を支持し支援する理由は、戦後日本社会を支配してきた米国支配
層、自民党清和会、霞ヶ関官僚、大手マスコミ、経団連など既存の[特 権・利
権]勢力に対して、[国民生活が第一][対等な日米関係][官僚支配打破]
[地方分権][東アジア共同体]など真逆な政権公約に掲げて実際 に政権交代
を実現した彼の基本理念と実行力を高く評価しているからです。

もしも既存勢力による小沢政権阻止の[戦後最大の政治弾圧]がなかったなら
ば、総選挙では3300万票どころでなく、4500万票を獲得して小沢 首相
が誕生し、衆議院で2/3、参議院で1/2以上を占める強力な安定政権が今でも続い
ていたはずです。

3.11の大地震と大津波、そして福島第一原発の大災害に対して、[失われた
20年]のデフレ不況に対して、もしも小沢一郎氏が首相であったなら
ば、[国民生活が第一の]全く違った政策を迅速に実行していたはずです。多く
の命と財産と生活が救われていたはずなのです。

その意味で小沢政権阻止の政治弾圧を仕掛けた既存勢力者達の犯罪を我々は決し
て許してはいけないのです。

戦後の民主主義、議会制民主主義、日本国憲法、国民の自立と共生を一貫して主
張してきた小沢一郎氏を守らねばならないのです。

しかし私は小沢一郎氏の全てに賛成して小沢支援活動をしているわけではありま
せん。

私は小沢氏が主導して実現させた[小選挙区制]に関して、[政権交代]を実現し
た点は評価しますが、少数意見が政治に反映されない点や政党指導部に権力が
集中して党内民主主義が死滅した点では反対です。中選挙区制を復活すべきと考
えます。

私は小沢氏が理想とする米国の[2大政党制]は全然評価しません。2大政党は
一見対立して見えますが、既存の支配体制を守る点では同じですのです ぐに
[大連立]状態となり危険です。今の野田内閣がすでに自民党と[大連立状態]
であることを見ればわかります。

私は小沢氏が評価する現在の国連のままの[国連中心主義]には反対です。今の
国連は、国連安全保障理事会で拒否権を持つ5つの国が実質的に支配し ています。
5ヶ国の拒否権を廃止して各国1票で国連総会での採決を最終決定とすべきであ
り、そうすれば国連は民主化され[国連中心主義]が可能となると思い ます。

小沢一郎氏は[原発は国民経済や産業に十分供給可能な再生エネルギーができる
までの過渡的なエネルギーである]と明言されています。私は小沢一郎 氏が
[脱原発]をはっきり明言したほうが良いと思います。

私は[首相公選]と[原発国民投票]に関しては時期尚早だと考えます。国民が
大手マスコミの偏向報道や[大本営発表報道]による洗脳などから解放されて、
自分の頭で考え判断できる[賢明な国民]が人口の過半数を超えるまで、少なくとも
有権者の10%の1000万人になるまではやめたほうが良いでしょう。

今[首相公選]をすれば、東京都の石原知事や大阪市の橋下市長のような[独裁者]が
首相となり[ファシスト国家]となる危険が大です。

(終わり)

-- 








-- 








CML メーリングリストの案内