[CML 015510] 原発国民投票について

Sato Keyko j-y-k-s at mx3.nns.ne.jp
2012年 3月 6日 (火) 09:55:59 JST


河内謙策さま


佐藤けい子です。私は初めのころ原発国民投票について、疑問を投げかけましたが

河内さんが国民投票を提唱されることに、的確な反対の理由を言いませんでした。

私は、原発を続けることは人道・道徳の道に反するから国民投票の結果いかんにかかわらず

止めさせなくてはいけないと、感じたからだと思います。


そのあと、萩谷さんの意見を聞いていろいろ考えさせられたことはあります。


外国の人や、識者(?)の間では、日本には民主主義は無いと言われています。

自分の頭で考えて意見を言うのではなく、上司や権威のある人の意見に従ったりするところ

を指して言っているのかもしれません。

ただ私が疑問に思うのは、このMLで、萩谷さんがされる質問をあなたが無視されているのを見て、

やはり日本には民主主義は無いなーと思います。


民主主義(けんけんがくがく議論をすること)が必要な国民投票を呼び掛けている人が 


民主主義を無視していて、はたして国民だけに民主主義を求めることができるのだらうか?

という初歩的な疑問です。


確かに日本の議会を見ていると、外国と比較したわけではありませんが、議会での物事の決め方も、

議員自らが、発言制限を決めたりとか、一つの重要な案件にいろんな意見の人がさまざまな

角度から自由に発言をして内容を豊かなものにしていく、というふうにしているようには見えません。

とにかく学校現場には自由が無い(教職員会議で議決をすることができなくてよくやっていけるな?)など。


自由に討論が許されているMLにおいても自由に討論ができないくらいの(私も含めてですが)

レベルであることを認識する必要があるのではないでしょうか?


    



CML メーリングリストの案内