[CML 015509] 【報告】第321目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 3月 6日 (火) 07:09:35 JST


青柳行信です。3月6日。

本日、3月6日(火)18時30分から 
★さよなら原発! 3・11 福岡集会
       第4回実行委員会
 福岡市農民会館 4階大ホール
 福岡市中央区今泉1丁目13-19 092-761-6550
 地図:http://tinyurl.com/3ev6hm5

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第321日目報告☆
呼びかけ人(4月20日座り込みから3月5日現在総数2067名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月5日1名
          高松俊博
★さよなら原発! 3・11 福岡集会:http://0311fuk.blog.fc2.com/
★「原発なくそう!九州玄海訴訟」:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告を募集しています。(九州以外の方もO.k)

                      <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

★ 横田つとむ さんから:
青柳 様
原発再開に向けて、財界、電力会社、政府は あせっていますね。
なりふり構わぬ 手段でやってくるようです。
冷静に ビシ、バシと片付けて さよなら原発を 粛々と進めたい
ものです。
明日も また 怪しいたくらみに負けずに頑張りましょう。

あんくるトム工房
お前さん 正気かい   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1742

★ ひろば 上條さんから:
<テント報告>
朝に在特会が2人来たそうです。「さよなら、原発」の
旗を在特会の人が取っておろそうとしていたので、
はげしい攻防になったようです。

昼食時に、先日のテントの報告にあった青柳さんの
お肌ツヤツヤ話が話題になりました。食べてというよりは飲むことでそうなるよ 
うです。
国分さんが持ってきた水俣の甘夏を食べながらその話を聞きました。

雨の中、たまたまテントを見たということで男性が一人
テントの中に入ってきました。私塾で原発などをテーマとして扱っているそうです。
おやつの時間には日本科学者会議の三好さんからの差し入れのあんぱんなどを食 
べました。

3.11福岡集会の準備・打ち合わせで人々がテントを出入り
しました。3.11まで残り一週間を切って、準備などで慌ただしくなっています。

一日中雨だったのですが、テントを片付けるときには小雨になり、
本降りと比べれば楽に片づけができました。あのテントの道具を
覆うぼろぼろになってしまった水色のシートがシルバー?グレー?の
新しいシートにリニューアルしました。

★ 久保蘭馬 さんから:
今日は小学生のための放射線副読本についてのべんきょうかいにいきました。
でも、その本には、放射線のきけんせいなど、あまりかいてありませんでした。
べんきょうかいには、たくさんの人がきていて、ほとんど大人の人ばっかりで、
「ぼくになにかわかるかなぁ。」と思いながらべんきょうかいにさんかしました。
でも、元九州大学の先生、三好永作さんが、本の中身をわかりやすく、説明して 
くださり、
みんなでその本の内容の問題点について勉強しました。
なので、ぼくもけっこうその時まではわかりました。

でも、三好永作先生が、プロジェクターでせつめいをはじめたときから、
あまりいみがわからなくなってしまいました。
するとそのとき、ぼくの前にいるふくださんが「ふくしまの子どもたちからのて 
がみ」という本を、
「たいくつでしょう?」といって見せてくれました。

その本のなかには、5さいの、やっと字をおぼえたちいさい子が、
「ほうしゃのうをなくしてください。」とかいていました。
あと、「サッカーせんしゅになりたい、でもほうしゃのうがあるふくしまではぜ 
んぜんれんしゅうができない。」など、
いっぱいつらい思いをふくしまの子どもたちがかいていました。
最後らへんのページをあけると、やまもたろうさんが、「おじさんはたたかう 
ぞ。」とかいてありました。

ぼくはしょうらい、しぜんエネルギーを、げんぱつに変わるエネルギーをつくる 
はかせになりたいです。
でも、さいしょのぼくのゆめはしゃちょうになって、つりをして、あそんでくら 
すというゆめでした。
でも、げんぱつのせいでつりもできなくなって、そんなじだいじゃなくなってし 
まいました。
なので、もっともっとべんきょうして、いまのこのゆめにむかってどりょくして 
いきたいです。

★ 吉田典子 さんから:
2月末日、雪が積もった日、飯塚に行きました。
JR新飯塚駅の裏手にある麻生家が建てた大浦荘に向かう途中、かなり広い土地 
が空き地になってるの見ました。
交通の便が最高にいい空き地。
何が建つんでしょう?
山田征さんの講演会で買った、藤田祐明著『もう原発にはだまされない』 
(1500円+税)に、
新しい発電方法として、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコンバイン 
ドサイクル発電が紹介されていました。
その廃熱を利用しようとするのが、コージェネレーションシステムといって、そ 
れを取り入れたビルが、かの有名な六本木ヒルズだとも。
あの空き地に、そんなビルを建てて『電力自給率都市宣言』とか、しないかしら?
と期待してしまいました。

電信柱のない美観の高い都市造り。原発が全て廃炉になってしまえば、九州は比 
較的安心して住める場所です。
今の飯塚は、街中など歩いてみると、古い建物が目立ち、シャッターが下りてい 
る店も、多いです。
寂れてるって感じ?
でも、別の見方をすれば、再開発するには、いい土地です。
海辺から離れているから、津波の心配もなし。
以前、嘉穂劇場が浸かった大洪水後、河川が整備されて、新芳雄橋という綺麗な 
橋もかかってます。
河川沿いの建物を計画的に建設すれば、かなり美しいお洒落な街になりそう。

それに、雨が多い場所なら、雨水をうまく利用して、何か大きな事業も起こせそ 
うです。
場所としては、福岡市にも意外に近く、北九州市、日田、久留米に通じる道路網 
もあり。
福岡空港と北九州空港への距離があまり変わらず、有明佐賀空港と大分空港まで 
の距離が、同じくらい。
阿蘇くまもと空港、長崎空港にも抜けられます。
本州にも近いし、副首都として再開発するには、いい場所かもしれません。
先に、コンバインドサイクル発電とコージェネレーションシステムを取り入れた 
ビルを沢山、
建てて『電力自給都市宣言』をして、21世紀型未来都市のモデルケースにする 
には、いい所です。

東日本の被災地の小さな町工場は、そこでしか作れない物を作っている技術者 
を、沢山かかえていると、聴きます。
そういう町工場の経営者と従業員、その家族を丸抱えにして、飯塚市に移住させ 
たら?
大工場を誘致するのではなく、稀少な技術を持つ小規模工場を全国から集めたら?
除洗を待ちながら、被災地に住み続けるのは、あまりに無謀です。
麻生家は、あっちこっちに人脈があるし、その気になれば、こういう事も出来な 
いでは、ない筈。

飯塚には自衛隊の駐屯地もあるから、災害時の備えも万全に出来ます。
元が石炭で賑わった土地だから、労災者の為の脊損センターもあります。
これを発展させて、温泉もあるんだから、そこを観光地にするのではなく、
リハビリ施設付属の医療街にすれば、事故や卒中で身体障害になった人が、安心 
して養生できる場所も、出来る筈。

漫画図書館だって建物を建てずとも、駅の待合室に本棚おく所から、始めればい 
いです。
漫画は優れた啓蒙手段だから、そういう小さな場所の少し空いた時間から、沢山 
の人に多くを知って貰えばいいです。
野菜や米が採れる農地も遠賀川沿いの近場に広がってるから地産地消だって出来 
ます。
麻生太郎ちゃん、政治もいいですが、勤める場所と住む場所が一体化した街のプ 
ランニングにも、関心向けて下さい。

★ 相澤正夫 さんから:
青柳行信様
おはようございます。
お世話様です。
この度は、小社刊行の書籍『フクシマの王子さま』の
「刊行にについて」の文章をご掲載頂きまして、
誠に有難うございます。感謝申し上げます。

現在、本書は、著者のこじんまりとしたトークショウなどを通じて、
草の根販促活動をし始めているところでございます。
本書を通じて、全国の方に、福島県元知事木村守衛、東電の元会長木川田一隆氏らの
原発推進派の中心人物達の、当事者意識の全く欠落した、
「シビアな原発事故が起きた時の保身のためか」、
自身の原発履歴を見事なまでに意図的に消してきたような行為、記録の一端を
是非とも知って頂き、こんな愚劣かつ卑劣極まりない勢力に翻弄され続けてきた、
今のフクシマが作られてしまった背景を、認識して頂きたいと考えております。

年内には、あらためて、椎根和氏と荒井良二氏の共作による
フクシマをテーマにした絵本の刊行も企画しております。
引き続き宜しくお願い申し上げます。
取り急ぎ御礼まで。

★ uchitomi  さんから:
韓国、初の「脱原発新党」旗揚げ
 福島第一原発の事故からまもなく1年になるのを前に、韓国では初めて脱原発 
を目指す新党が旗揚げされました。
4日、韓国で旗揚げされた「緑の党」は、原発によらないエネルギー政策の推 
進=「脱原発」を目指しています。
福島第一原発の事故以降、韓国でもドイツの「緑の党」のような政党を求める声 
が上がっていました。
新党結成には全国5つの地域でそれぞれ1000人を超える党員が必要ですが、
すでに6600人余りが党員登録を行ったということです。
「韓国で緑の党をつくろうという試みはこれまでもありましたが、
正式な政党を旗揚げしたのは今回が初めてです」(緑の党事務局?ハ・スンス弁 
護士)

 現在21基の原発が稼働中の韓国では政府が原発推進の立場を明確にしていて、
去年12月には新たな原発建設予定地が発表されたばかりです。
「緑の党」では「原発推進政策にストップをかけたい」としていて、
来月の総選挙では2人の候補者を擁立する予定です。(05日08:02)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4969156.html

★ 河内謙策 さんから:
大飯原発 伊方原発 柏崎刈羽原発 配管破損 連動型地震 

 野田首相が、原発運転再開問題につき、自分が直接自治体の説得に乗り出すこ 
とを明らかにしました。今後、各自治体への有形無形の圧力は相当なものになる 
と予想されます。脱原発を願う人々の、自治体の首長や議員への激励・説得を一 
段と強める必要があるのではないでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120304-00000005-mai-pol

 福井県では、5日に県議会の全員協議会が開催され、そこに保安院が出席して 
説明がなされる予定です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000267-mailo-l18
   おおい町議会では、福島第一原発事故の検証を踏まえた適切な安全対策がと 
られるまでは町長が再稼動に同意しないよう求める請願が採択されました。
http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/e04245c7dc2b00a9b1735457dae2eea7

   保安院は、伊方原発のストレステスト(1次)の結果を妥当とする方針を固め 
た、と報道されています。中村愛媛県知事は、
県議会で4連動地震の影響の検証の必要性を認めています。中村知事は運転再開 
に同意する可能性が大きい、と言われていますから、運転再開に反対する運動の 
強化=九州や瀬戸内海沿岸、そして四国全体の総決起が緊急に求められていると 
思います。
四国の皆さん、頑張ってください。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E2E0E2E0E38DE2E0E2E1E0E2E3E09F9FEAE2E2E2

 現在の経産省を先頭とする運転再開の圧力は、大飯原発や伊方原発だけではあ 
りません。柏崎刈羽原発にも確実に政府の圧力が及んでいると思います。柏崎市 
長が条件付再稼動容認に転じたようです。一方、住民の運転差し止め訴訟の準備 
も進んでいます。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/32808.html
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120304ddlk15040028000c.html

 福島第一原発事故の原因については、津波によるという考え方(津波説)と地 
震・津波・ヒューマンエラーなどの総合的ファクターによるという考え方(総合 
説)が対立しているということは、すでにご存知と思います。
 地震により1号機の非常用復水器系配管が破損した可能性が大きい、というこ 
とを裏付ける決定的な証拠が、12月9日、原子力安全基盤機構から提出され、12 
月19日の美浜の会らとの交渉で、保安院もその可能性を認めました。
 まず、事態の経過については、以下のサイトにアクセスしてください。
http://rengetushin.at.webry.info/201112/article_9.html

  次に、12月9日の保安院主催の技術的知見に関する意見聴取会に提出された以 
下の資料を見てください。とくに29頁の「漏えい面積0.3平方センチメートル以 
下の場合は、原子炉圧力、原子炉水位の解析結果と実機データとに有意な差はな 
い」という文章に注目してください。つまり、0.3平方センチメートルの小さな 
穴が開いたとしてシュミレーションをすると、実際の原子炉圧力、原子炉水位の 
データと、ほぼ一致する、といっているのです。
実際のデータとほぼ一致するのだから、0.3平方センチメートルの小さな穴が開 
いたことが真実である可能性が大きい、と言えるのです。0.3平方センチメート 
ルの小さな穴と言っても、1時間に7.2トンの水があふれだす(13頁)というこ 
とにご注意ください。
http://www.nisa.meti.go.jp/shingikai/800/28/004/231209-3-2.pdf

 保安院が市民団体との交渉で、以上の論理を認めたことについては、以下のサ 
イトにアクセスしてください。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/gov_neg20111219_kakunin.pdf

 この証拠に基づけば、津波説に立つストレステストは、吹っ飛んでしまうで 
しょう。
 私たちが、このニュースを皆様にお知らせするのが、遅れたことをお詫びする 
とともに、自治体首長の説得や、訴訟での証拠としての提出など、大いに活用し 
ていただきたいと思います。
 複数の地震が連動して発生した場合に、巨大地震になる可能性があることは見 
やすい道理です。今回の東北地方太平洋沖地震は、この連動型地震と言われてい 
ます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%8B%95%E5%9E%8B%E5%9C%B0%E9%9C%87

 保安院は、3.11以降設置した、地震・津波に関する意見聴取会での審議をふま 
えて、従来は、活断層と活断層の間(距離)が5キロ以上であった場合は、連動 
型地震の可能性がない、としていたのを改めるようです。それで、各原発に連動 
型地震の可能性がないかどうかの調査を指示したようです(正確な情報はまだ入 
手していないのです。お許しください。)
 大飯原発の場合は、従来から、住民の方が連動の可能性に警告を発していまし 
た。たとえば、以下のサイトを見てください。
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/activefault_rep20120204.pdf

しかし、関西電力は、考慮する必要が無いという報告をまとめたようです。これ 
は、今後大きな議論を呼ぶことは必死です。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20120229-OYT8T01032.htm
泊原発の場合は、保安院も大いに懸念していると言われ、北海道新聞も徹底的な 
調査を求める社説を発表しています。

http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001202290005
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/354248.html

東海第二原発については、日本原子力発電と原子力研究開発機構が、活断層の連 
動の可能性を認めました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000895-yom-sci
そのほか、玄海原発、川内原発、伊方原発、志賀原発、島根原発、浜岡原発、柏 
崎刈羽原発、でも問題になっています(その外にも連動の可能性が問題になって 
いる原発もあると思いますが、私たちの調査が及んでいません)。各地の脱原発 
運動は、この問題を重視し、従来から相談にのってもらっている地震学者との連 
携を強めるとともに、各電力会社に対し保安院に提出した報告を住民にも見せる 
ことを要求し、さらに自治体等にも自治体独自の調査等必要な申し入れをする必 
要があると思います。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120301/sag12030102370000-n1.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000299-mailo-l38
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000217-mailo-l17
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000260-mailo-l32
http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/pub_release/press/3179175_6926.html
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001203010003

 最後に、うれしいニュース。浄土真宗大谷派が全原発廃炉を求めることを宗議 
会で決議しました。
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20120301/1330573228


●○●○○○●○●○●○
★ フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
3月11日(日)13:30集会開始 14:30デモ出発
ブログ:http://0311fuk.blog.fc2.com/
  集会場所: 須崎公園  福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば
    090-1324-8588(ひろば)080-6420-6211(青柳)
チラシ設置場所
http://0311fuk.blog.fc2.com/blog-category-5.html
「このお店(など)にもチラシを置きました!」という情報をお持ちの方は、
ホームページ掲載の許可をお店(など)に取っていただいた上で、
「店名/業種/住所/電話番号/HP」の情報を0311.fukuoka at gmail.com
までお寄せください。随時、更新していきます。

★原発労働者・梅田隆亮さんの裁判提訴をご支援ください!!
『原発労災給付不支給処分取消請求事件』裁判提起2月17日。
   梅田さんの第一回口頭弁論期日の日程
    5月9日(水)午前11時〜福岡地方裁判所303号法廷
      き  カンパ:  郵便振替口座 01700−1−125911
  加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
             青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内